« オークション詐欺 | トップページ | スギ花粉 »

1・17

早いもので神戸淡路大震災が起こってから13年も経ちました。
災害後の事業や工事で幾度となく足も運び、最近の神戸を見るだけでは地震があったのを忘れてしまいそうになるほど復興しましたが、一歩路地を入ると個人宅ではまだまだ面影も残っていますし、半壊の家では当時のクラック(壁のひび割れ)も生々しく残っています。
建物や道路は直っても心の傷はなかなか癒えることはないでしょう。
私は妹夫婦が神戸にいたのと、数名の友人、知人をあの地震で失ってしまいました。
あの日は我が家でも震度4強で古い木造家屋なので大きな揺れだったので、慌てて子供たちに覆い被さったことを今でもリアルに覚えています。

以前にも触れたことがあったかと思いますが、有事の際に備えて我が家では非常持ち出し袋を常備しています。
当然食品や飲料品には賞味期限があるわけですから、毎年1月17日に古い物と新しい物の入れ替え作業を行うようにしています。
乾パン、レトルト食品、缶詰各種に飲料水。チョコレート、キャラメルは子供たちに任せるとして、後は乾電池とガスボンベの入れ替えをして完了です。
いつまでも使用することなく、毎年入れ替えだけをするだけで済んでくれることを祈って倉庫にしまっておきました。

皆さんも非常持ち出し袋の常備を検討されてみてはいかがでしょうか?

非常持ち出し品チェックリスト(PDF)
この中にも書いてありますが、サバイバルシートは渓人的に絶対お勧めです。
試しに使ってみたことがあるのですが、薄っぺらいアルミホイルのようなシートですけど暖かいです。
値段も400~800円前後なので家族の人数分あると結構使えますよ。

|

« オークション詐欺 | トップページ | スギ花粉 »

その他」カテゴリの記事

コメント

震災から13年、本当に早いですねー。
私は土木系の勉強をしていたため、日本の建造物が倒れるなんて理解できず、テレビを見て「これは夢やわ」と思ったことを思い出します。
この経験を忘れず、当時の気持ちに立ち戻り、再点検をしたいですね。

投稿: nori | 2008年1月17日 (木) 21:36

震災当時、長田に住んでいたにもかかわらず
日々、その恐怖や教訓を忘れていってるように
思います。一年に一度、当時の状況を思い出させ
てくれるこの日は一生忘れませんが・・。

ただ、部屋や建物のどこにいても、ふと今の状況
で安全な場所はどこだ、そのときにはどうやって
子供達を助けよう・・、などと一瞬頭をよぎるのは
あの地震に遭ったからです・・・。

投稿: サルモサラー | 2008年1月17日 (木) 22:04

>noriさん
本当に早いですね。
当時生後三ヶ月だった三女も今は中一で身長も私とほとんど変わらなくなってきました(^^;
三ヶ月というとちょうど今のnoriさんちのニューフェイス君と同じですよww

>サルモサラーさん
常に危機感をもってあの時を忘れないのが大切だと思います。
数年前に自宅を改築した際には、納戸を別に設け子供部屋や寝室にはタンスを置かないようにしました。

投稿: 渓人 | 2008年1月17日 (木) 22:47

渓人様

お世話になっています。
真龍です。

震災直後は「非常持ち出し袋」を購入しましたが、今は何処へ行ったやら?

我が家は最近オール電化(台所はIH、風呂は電気温水器、暖房は蓄熱式&エアコン)にしました。普段は快適そのものですが、もしもの時は完全にアウトですネ。

渓人さんの情報を参考に何が必要なのか確認します。


投稿: 真龍 | 2008年1月18日 (金) 00:34

13年ですか、早いものですね。
高校を卒業して神戸の学校へ進み、そのまま神戸の東灘区で一人生活を送りながら大阪の会社で勤めていたのが、震災の数日前まででした。

投稿: やおめ | 2008年1月18日 (金) 10:18

>真龍さん
最近はオール電化が流行っていますからね。
それでなくても現代人は便利が当たり前のように思っていますから,事が起こった時にはどうなることやら。。。
まぁ,オール電化でなくてもライフラインが途絶えたらどれでも同じことなのですが,電気が一番早く復旧するのは間違いの無いことです。ただ,市街地では電線の埋設工事が進んでいますので,そうなってくると事情は変わってきますよね。

>やおめさん
本当に早いですね。
歳のせいか最近は特にそう感じます(爆

直前まで神戸に住まわれていたってことでしょうか?

投稿: 渓人 | 2008年1月18日 (金) 18:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オークション詐欺 | トップページ | スギ花粉 »