« 無数の鮎 | トップページ | ジャパンカップ中部A »

ジャパンカップ揖保川予選

書くのも腹立たしい予選落ち
来年度からは地元の出場は止めじゃ~!!!!!

シマノの役員さんには事分けを話し、決勝戦も見ず、閉会式をもまたず山陽道をぶっ飛ばします。
2時過ぎには板取川へ着いてました(^o^;)
そう、明日はジャパンカップ中部A大会なんです。
揖保川で決めていれば来なくても良かったのですが…
早速、橋の上から土手から川見をします。
所々で川焼けはしていますが、今年はまだ病気は出ていないようで鮎はまともな場所に居ました。然し、数は少ないかも?
ここと思う場所は3ヶ所だけ、それも誰もが入りそうな場所です。
何となくパターンは分かったので、明日は広く構えて川見をしながら釣り歩いてみます。
千代川には行かないで済ませたいものです。

試合を抜け出した私が言うのもなんですが、大会は閉会式までいて初めて参加と言えるのではないでしょうか?
負けたからと言って帰るのは如何なものでしょう?
主催者側としては参加者全員が最後までいて盛り上げて欲しいのです。ですから抽選会は苦肉の策なんですよね。

これは私がトーナメントに参加し始めてすぐに、立岩名人に懇々と聞かされました。それ以来はなるほどと思い最後まて残るようになりました。

携帯からですので誤字脱字はご容赦ください。

最後になりましたが
岩手宮城内陸地震の被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます。

|

« 無数の鮎 | トップページ | ジャパンカップ中部A »

トーナメント」カテゴリの記事

コメント

今日の報知も最後は寂しかったですね。
お楽しみ抽選会もないしw
みんな板取に飛んで行ったり、大会エリア外で釣りをしてました。
予選2時間で負けちゃったら不完全燃焼だから致し方ないのかな?
せめて3時間だと、もう少しは違うんでしょうけどね。

私も予選落ちしてもできるだけ最後まで残るようにしています。
人の釣りを見ながら、自分ならどうするか考えたりするのが勉強になるんですよね。

主催者側の気持ちまでは考えてなかったですがw

投稿: 豊川巴 | 2008年6月14日 (土) 23:29

揖保川大会はお疲れ様でした!帰りに「俺は板取じゃ~」って言ってられた意味がまさかこの記事。。。
あれから直ぐに行かれたんですか(爆)
トーナメンター!いや、渓人さんはフットワーク軽いな~
ぱたは2回戦は坊主にて撃沈しちゃいました。
板取、ガンバレ~(^o^)丿

投稿: ぱた | 2008年6月15日 (日) 08:04

お疲れ様でした。
定員3名のところに6人も行かれたようですけど、きっちり潰されましたね。
本気で上を狙うトーナメンターの邪魔をしたらあきませんな(・ω・)

投稿: かじ | 2008年6月15日 (日) 13:12

お疲れ様です。
大会前の予想が本当になっちゃいましたね。
無事に板取で復活されることを願ってます。

投稿: サルモサラー | 2008年6月15日 (日) 14:23

 お疲れさまでした。
 長くトーナメントに出ていれば、渓人さんのような方でも1回戦落ちがあるのですね。
 ジャパンカップ、板取と千代にも参加されるとは、なんというフットワーク…。
 次、頑張って下さい。
 
 記事の中で「川焼け」という言葉がありますが、どのような状態を指すでしょうか。
 色々考えましたが、、、想像つきません。。。

投稿: セキレイ | 2008年6月15日 (日) 21:08

>豊川 巴さん

>今日の報知も最後は寂しかったですね。
>お楽しみ抽選会もないしw
>みんな板取に飛んで行ったり、大会エリア外で釣りをしてました。
>予選2時間で負けちゃったら不完全燃焼だから致し方ないのかな?
>せめて3時間だと、もう少しは違うんでしょうけどね。

>私も予選落ちしてもできるだけ最後まで残るようにしています。
>人の釣りを見ながら、自分ならどうするか考えたりするのが勉強になるんですよね。

>主催者側の気持ちまでは考えてなかったですがw

近くで連続して試合があればそうなってしまいますよね。
人の釣りを見て研究するのは大切なことだと思います。
本気で上を目指すトーナメンたーはほとんど残ってらっしゃいますね。
板取川では中橋の上で観戦しているメンツが決勝戦のようでしたww

投稿: 渓人 | 2008年6月17日 (火) 07:01

>ぱたさん

>揖保川大会はお疲れ様でした!帰りに「俺は板取じゃ~」って言ってられた意味がまさかこの記事。。。
>あれから直ぐに行かれたんですか(爆)
>トーナメンター!いや、渓人さんはフットワーク軽いな~
>ぱたは2回戦は坊主にて撃沈しちゃいました。
>板取、ガンバレ~(^o^)丿

揖保川→板取川って選手は私の他にも数名いましたよ。
決勝ではU君に着いて行ったとか?
彼はあの辺りを知りませんよww


投稿: 渓人 | 2008年6月17日 (火) 07:06

>かじさん

>お疲れ様でした。
>定員3名のところに6人も行かれたようですけど、きっちり潰されましたね。
>本気で上を狙うトーナメンターの邪魔をしたらあきませんな(・ω・)

邪魔をされたとはいいませんが、ちょっと厳しかったですね。
着いてきた選手はあの場所を知っていないので、当然あの人数では釣れないことも知っていなかったでしょう。
そんな状況であっても上がらんとあかんのですけどね(^^;

投稿: 渓人 | 2008年6月17日 (火) 07:09

>サルモサラーさん

>お疲れ様です。
>大会前の予想が本当になっちゃいましたね。
>無事に板取で復活されることを願ってます。

スタート順が早かったので、ギリギリまで悩んだ結果上を選択してしまいました。
予想外だったのは着いてきた選手が多かったのと、橋の上での釣果が凄まじかったことです。

投稿: 渓人 | 2008年6月17日 (火) 07:14

>セキレイさん

>お疲れさまでした。
>長くトーナメントに出ていれば、渓人さんのような方でも1回戦落ちがあるのですね。
>ジャパンカップ、板取と千代にも参加されるとは、なんというフットワーク…。
>次、頑張って下さい。
 
>記事の中で「川焼け」という言葉がありますが、どのような状態を指すでしょうか。
>色々考えましたが、、、想像つきません。。。

多くのトーナメンターそうやってますよ。
中部の〇澤君などもそうです。今回は北越の大会と重なっていたので来なかったようですが。。。

「川焼け」とはこちらで言う垢腐れのことです。
水がキレイで水温が低い川はまるで、石が焼けたように赤褐色になります。

投稿: | 2008年6月17日 (火) 07:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無数の鮎 | トップページ | ジャパンカップ中部A »