« オーラだって。。。 | トップページ | 和歌山遠征 »

固着防止

現在は梅雨の最中
雨の日に良く見かける光景が竿の固着です。
鮎竿などは長いので持って帰るのも一苦労で、軽自動車では載らないのではないでしょうか?

この釣り竿の固着ですが最初の手入れさえちゃんとしていれば、まず起こりえないのではないかと思います。
私は竿を購入すると、ばらして込み口にロウを塗ります。
Ca340010塗るといってもロウソクを擦り付ける感じなのですが、まんべんなく塗り終わったら乾いたウエスで磨きます。
この時に摩擦熱で薄くきれいに塗布できます。
作業はこれだけなのですが、竿を伸ばす際にはまっすぐに出すのではなく、ねじるように出すと、より固着しにくくなります。
これを行うようになってからは、竿の固着は皆無となりましたので実行してみてください。


序に固着した場合の外し方を何点か紹介します。

・固着した竿をまっすぐに立てて、コンコンと床(地面)に落とす。
 この時には必ずかまぼこの板等を床に置いてください。

・上記で外れることはほとんどないと思います。
 今度は同じ要領で固着した竿より太い部分をスライドガイドとして使用します。(二番手大きいパーツ)
 そうすることによって竿のブレを防げますし、より力を入れて落とすことができます。

・輪ゴムを固着した竿の最も太い部分に括り付け、ヤスを発射する要領で壁にぶつけます。

・持ち帰ることができるのであれば、完全に乾かした後に込み口にCRC(潤滑油)を塗布し、同じように行います。

どの方法も必ず竿をまっすぐにしておくことが大切です。
あくまでも方法としての紹介ですから、実行には自己責任で行ってください。

もっと確実な方法もあるのですが、過激?なので紹介は避けておきます。
自信のない方はなんとか持ち帰ってから、釣り具屋に持ち込んでください。
釣り具屋でもダメな場合はメーカーに送ることになりますが、工賃自体は驚くほど安価ですよ。

|

« オーラだって。。。 | トップページ | 和歌山遠征 »

仕掛け・道具」カテゴリの記事

コメント

鮎竿はまだ、固着させたためしがないですよん。
だって、固着させるほど行ってないもんね。((爆)爆)爆)爆)

固着防止・・・というより、抜け防止のために良く蝋を
塗ります。勿論ルアーやフライ等の継竿の場合ですが。

昔はオリムの竿にも固着防止のディンプル加工なんか
よくされてましたけど、今時の竿はどうなんでしょう?
全てのメーカーの竿を知るわけではないので・・・。

脱落をあまり気にせず、必要以上に引っ張らないのが
いいのではないのでしょうかねぇ・・・・。

投稿: サルモサラー | 2008年6月30日 (月) 13:54

>サルモサラーさん

>鮎竿はまだ、固着させたためしがないですよん。
だって、固着させるほど行ってないもんね。((爆)爆)爆)爆)

>固着防止・・・というより、抜け防止のために良く蝋を
塗ります。勿論ルアーやフライ等の継竿の場合ですが。

>昔はオリムの竿にも固着防止のディンプル加工なんか
よくされてましたけど、今時の竿はどうなんでしょう?
全てのメーカーの竿を知るわけではないので・・・。

>脱落をあまり気にせず、必要以上に引っ張らないのが
いいのではないのでしょうかねぇ・・・・。

仕事してください(爆

今でもシマノはディンプルじゃなかったでしたっけ?
溝が切ってあるものや、色々とあるようですが何れも高機能モデルですね。
固着しやすいのは安いタイプに多いようです。
本当は購入時に紙ヤスリで擦り合わせ作業が必要なんですけどね・・・
中落ちは竿が痛みますから注意が必要ですね。
蝋を塗ると思いっきり出しても大丈夫です。
逆に塗った後では今までと同じ力加減で出すと中落ちしますから、捻ってギュっと出せば問題ないです。

投稿: 渓人 | 2008年6月30日 (月) 14:14

 むかし、ボナンザを竿の表と言わず裏と言わず、しっかりと塗っていた時は固着どころか、しょっちゅうスコスコと落ちていました。
 
 塗装に悪影響が出ないように、接合部だけにうすぅぅくボナンザ塗るのも良いかも知れませんね。。。。

投稿: セキレイ | 2008年6月30日 (月) 18:41

この間、藁科川で1回戦が終わり竿を仕舞おうとしたら・・・・・・

うおっ縮まらん~~~~~~

長いままスタート地点に戻り、検量終わってからゴムで捻って緩めました。
セダンなので、固着したままだと持ち帰ることすら不可能になっちゃいますからね。
へし折ってでも仕舞わないとw

投稿: 豊川巴 | 2008年6月30日 (月) 19:01

ご無沙汰してます。
愛用のリミが固着して、竿入院中の新ちゃんです。

普段から気を付けているのですが、雨の時に限って、思わぬ所で固着します。
今回はたたむ最中に仕掛けが噛みそうになり、あわてて”サッ”と竿を出し戻しました。途端に固着です。

メーカーに出しついでで「固着防止」というか、込み口のリペアをお願いしました。
戻ってきたら、早速「ロウ塗り」します。

う~ん。。やっぱり渓人s'ブログは正義の味方だ!(^ε^)
ありがとうございます!(なんか、勝手に盛り上がってます!)

投稿: 太ハリスの新ちゃん | 2008年6月30日 (月) 19:16

ロウ塗りはさっそくやります!へたしたらコレで竿が折れるケースもあるでしょうしね。
流石は物知り博士ですな(笑)

投稿: ぱた | 2008年6月30日 (月) 20:26

>セキレイさん

>むかし、ボナンザを竿の表と言わず裏と言わず、しっかりと塗っていた時は固着どころか、しょっちゅうスコスコと落ちていました。
 
>塗装に悪影響が出ないように、接合部だけにうすぅぅくボナンザ塗るのも良いかも知れませんね。。。。

ボナンザってどうなんだろ?
最近の竿の塗料とは相性が悪いようで、各メーカーとも専用のコート剤を出しているようですよ。
込み口にボナンザを塗るくらいなら蝋で十分ですわ。

投稿: 渓人 | 2008年6月30日 (月) 20:29

>豊川巴さん

>この間、藁科川で1回戦が終わり竿を仕舞おうとしたら・・・・・・

うおっ縮まらん~~~~~~

>長いままスタート地点に戻り、検量終わってからゴムで捻って緩めました。
>セダンなので、固着したままだと持ち帰ることすら不可能になっちゃいますからね。
へし折ってでも仕舞わないとw

え~~~~!!
ちゃんと手入れをしてくださいよ。
豊川さんならお教えしますが、最悪の場合は車のジャッキですよ。
補助が2名いりますが確実です。

投稿: 渓人 | 2008年6月30日 (月) 20:33

>太ハリスの新ちゃん

>ご無沙汰してます。
愛用のリミが固着して、竿入院中の新ちゃんです。

>普段から気を付けているのですが、雨の時に限って、思わぬ所で固着します。
>今回はたたむ最中に仕掛けが噛みそうになり、あわてて”サッ”と竿を出し戻しました。途端に固着です。

>メーカーに出しついでで「固着防止」というか、込み口のリペアをお願いしました。
戻ってきたら、早速「ロウ塗り」します。

>う~ん。。やっぱり渓人s'ブログは正義の味方だ!(^ε^)
ありがとうございます!(なんか、勝手に盛り上がってます!)

皆さんご存知だと思ってエントリーはしていなかったのですが。。。
こんなことならシーズン前に書いておけばよかったですねww

蝋を塗った後は、竿を伸ばすときにニュルっと変な感触がありますが、何度か伸ばして感覚をつかんでくださいね。
緩いと中落ちしますから注意してください。

投稿: 渓人 | 2008年6月30日 (月) 20:39

>ぱたさん

>ロウ塗りはさっそくやります!へたしたらコレで竿が折れるケースもあるでしょうしね。
>流石は物知り博士ですな(笑)

ちょいちょい。。。
ぱたさんもご存知なかったのですか?
渓人の小ネタ集でもUPせんとあきませんな~(爆

投稿: 渓人 | 2008年6月30日 (月) 20:43

あはははw
帰って早速洗いましたw

ダイワの競技はボナンザNGだし、ロウは逆に並継ぎのルアーロッドで抜けなくなった経験があり敬遠してましたw

車のワックスもいいと聞きますね。
ワックス=ロウですから。
カルナバロウ100%のシュアラスターとかじゃないとダメでしょうが。
間違ってソフト99のコンパウンド入り使っちゃったら・・・・・・
ガクブルですw

投稿: 豊川巴 | 2008年6月30日 (月) 20:58

・・・もーーーーーっと昔に聞いておきたかったです(自爆)C(o_ _)o・・・・・・・
オラ、固着でやっつけた(笑)竿は3本かな・・・
今のテンカラ竿にロウ・・・ぬってみまーーーす(嬉)
ありがとうです~

投稿: ゆんぼ | 2008年6月30日 (月) 21:29

>豊川巴さん

>あはははw
帰って早速洗いましたw

>ダイワの競技はボナンザNGだし、ロウは逆に並継ぎのルアーロッドで抜けなくなった経験があり敬遠してましたw

>車のワックスもいいと聞きますね。
ワックス=ロウですから。
カルナバロウ100%のシュアラスターとかじゃないとダメでしょうが。
間違ってソフト99のコンパウンド入り使っちゃったら・・・・・・
ガクブルですw

並継ぎで抜けなくなるのは塗りすぎですわww
ワックスは使ったことがないです。
多分融点が違うので私の思うところの用途とは違うような気がします。

投稿: 渓人 | 2008年6月30日 (月) 22:19

>ゆんぼさん

>・・・もーーーーーっと昔に聞いておきたかったです(自爆)C(o_ _)o・・・・・・・
>オラ、固着でやっつけた(笑)竿は3本かな・・・
>今のテンカラ竿にロウ・・・ぬってみまーーーす(嬉)
ありがとうです~

え~~!!
ゆんぼさんもですか(^^;
テンカラ竿は特に振り倒すので注意が必要ですね。

投稿: 渓人 | 2008年6月30日 (月) 22:20

固着防止にロウを塗る。知りませんでした。
前回の「一角ライト&長ハリス」でも新しいことを教わり、感謝です。

早速やってみます。

投稿: 真龍 | 2008年6月30日 (月) 23:45

>真龍さん
固着防止にロウを塗る。知りませんでした。
前回の「一角ライト&長ハリス」でも新しいことを教わり、感謝です。

>早速やってみます。

本当に皆さんはご存じなかったのですね。

私の知識の多くは年配の方から教わったことばかりです。
季節の移り変わりでの鮎の変化は勿論のこと、うなぎ、すっぽん・・・
川で捕れる全てのものについて学ぶことができます。
技術は別として経験に勝るものはないですね。

投稿: 渓人 | 2008年7月 1日 (火) 17:12

おつかれです。
BBとBBF 来週帰ってくるときには処置しといてください。
どうも これで梅雨明けのようですね。太平洋高気圧も張り出してきましたし、さあ、腐った川もちとましになるかもですね??

投稿: おさかな | 2008年7月 4日 (金) 18:26

渓人さん、ご無沙汰しています。
携帯の番号変わってますね。

さて、下野のロッドについて教えてください。
短竿の購入を検討中ですが、デザインでは下野 BSB 2WAY鮎 ディザイア支流 70-75MS についてアドバイスをいただけませんか?

投稿: こんちゃん | 2008年7月 7日 (月) 23:41

雨で竿が濡れた後はよく固着します。
私の解決方法は、根元をタイヤに当て、竿の上にタオルを厚めに当て、石か、かなづちで軽くたたきます、簡単に取れますよ。軽くたたくのがコツです、川原で何度もはづしています。まだ竿を割った事は一度もありません。
勇気を出してゆっくりたたいてください。思ったより簡単にはずれますよ。

投稿: オーさん | 2008年7月 8日 (火) 03:19

2019/03/08 ROLEX 2019年新作情報! 1922年に創業されたAVA Design(ナヴァデザイン)は、腕時計ブランドではなく印刷会社です。
PIAGET(ピアジェ)は1943年に創業されたスイスの古豪時計メーカーです。
こういった団体に参加できるのは企業として信頼できる会社で、リアルタイムな相場観があるといえるだろう。
では、上記を踏まえた上で、大学生から社会人まで、そして20代、30代、40代、50代まで、万人に愛されるオシャレな人気メンズ腕時計ブランドTOP100をご紹介します。
20代の大学生から、20代、30代、40代、50代、60代の社会人まで。
ですので、大学生の所持する・購入する腕時計の平均予算/相場はおおよそ10,000円〜50,000円と言われています。
また、傷取り(新品仕上げ)に関してもメーカー同様の機材を導入しているため、あらゆる修理に対応させていただくことができます。
時計メーカーと同様の機材を導入しているため、ベル&ロスの独特な形状のケースもしっかりと磨くことができます。
20代からの貯金もあり、会社からのボーナス含めた給与も増えると購入できるブランド腕時計も多岐にわたるでしょう。
【関連記事】20代メンズ人気腕時計ランキングTOP10! 【女性腕時計ならコチラ】彼女や妻に!腕時計も然り。
中には、貯金に注力して本当に高級な腕時計を買う方もいるはずです。
大学生の場合、自分でお金を貯めて買える腕時計でも、本当に高級なものは買えないのが現実でしょう。
当店のベル&ロス専任技術者が豊富な経験でお時計に起こっているどんな小さな不具合も見落とさずに状態を診断いたします。
この機会に是非ご来店くださいませ。
今回は、社会人にオススメの高額なハイブランドの腕時計から、大学生など若い人にも人気なリーズナブルでカジュアルな腕時計ブランドまで、センスの良い人気のメンズ腕時計ランキングTOP100を紹介します! そんな30代,40代,50代の社会人の平均予算・相場は、おおよそ80,000円〜250,000円と言われています。
そのため、20代前半あたりの社会人がブランド腕時計に費やす予算の平均相場はおおよそ30,000円〜150,000円と言われています。

誕生日 https://www.cocotu009.com/ems/detail-52.html

投稿: 誕生日 | 2020年6月24日 (水) 03:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オーラだって。。。 | トップページ | 和歌山遠征 »