« トーナメント開幕 | トップページ | 傾向と対策 »

上流部放浪

掲示板に時々登場のルアービルダーさんの希望で川見と釣りの同行をする。
あろう事かこのルアービルダーさんは自他とも認める雨男だそうで、先週の予報では晴れマークだったのに当然のように雨が降っている。
そう言えば昨年に同行したときも雨だったような。。。

とにかくそんな感じで雨の中、今年のこの時期では難しいのだが、下流部は田んぼの濁りが入っているのでパスをして三方川と引原川を目指す。
0602_002_6400602_005_6400602_014_640
要所、要所で車を停め川見のやり方を説明したり攻める順序を説明する。
ご覧のとおり1枚目と2枚目の安積と田ノ尻は福知の風船ダムが昨年度は取水をしていなかったため水量があったが、今年は取水を再開したため例年通り渇水である。
百千家満まで上がり水谷の峠を越えて引原川に回る。
ダムの放水が5tなので+15cmの増水といったところだろうか?私自身解禁してから引原川には来ていない。初期から水温が低かったため鮎の成長も遅れているようで、釣れる鮎も三方より一回り小さいらしい。
0602_010_6400602_011_640


一旦、原まで上がり川を見ながら下がって行く。
上から見る分にはビリ鮎は見えても竿釣り専用区に放された大き目の鮎は見えなかった。
曲里まで下がり三方に入りなおす。
三方オトリ店に立ち寄り昼食を済まそうと思ったが、たこ焼きがな~い!!そういえば月曜は休みだったっけ。。。
私はここでたこ焼きを食べながら情報収集するのが、常となっている(^^
温かいお茶を入れていただいて、コンビニで買ったおにぎりで済ます。
雨も止んだので釣りをするかと、オトリを1匹づつ購入し川見も関係なく最初から予想して決めていたポイントへ入る。
それにしても寒い。。。
気温は13時なのに14℃しかない。水温の方が16.5度と温かい(^^;
車を停め川に下りると、入れ掛かりを予感するような川底の色が目に飛び込んでくる(^0^)
Imgp3676_640Imgp3681_640

これは上がる時に撮ったものですが先に載せちゃいます。
石の地肌が見え垢がないほど食んでますやんww
決して増水後の白川ではありませんから~ww
攻めやすい右岸側に渡るときにヘチで群れ鮎を発見!!
Imgp3672_640鮎がビックリして暴れちゃったのでゴミが舞ってますがご容赦願います。
サイズは14~16cmと中間サイズの鮎なんですが、変なところにかたまってました。
夏場の湧き水なら解るのですが。。。

ってことで釣り開始
立ち位置や仕掛け、オトリの送り出し方等を説明し、先ほどの真っ白けのポイントを攻めます。
オトリを足元からそっと送り出すと、真っ直ぐにそのポイントへ。。。
鮎は鮎のいる場所を知っていますね~。
開始1分1匹目(^^
その後その場でテンポ良く30分で6匹だったかな?を釣り上げ中には18~9cmの鮎も数匹混じる。
この間、私は最初に立った場所から一歩も動いていない。

ルアービルダーさんは今日が解禁日なので竿を出すように勧める。
私は立ち位置を変え、先ほどの群れ鮎を釣る。
掛かるのが丸見えなので楽しくて仕方がない(^^
引船は最初の場所に置いたままだったので、掛かり鮎はタモの中に入れ放し。面倒なのでオトリ交換もなしで釣ってみた。
ここでも30分で7匹(^0^)v
次は対岸に渡って最初のポイントを逆から攻める。
Imgp3689_640その際に食み跡をチェックチェック。。。
16~7cmの鮎の食みだろうか?他にもこのサイズより少し小さめの食み跡が無数にある。

先ほど仕掛けが届かなかった場所で3匹追加。
おおかた掛かる鮎は掛けたと判断し下流へ釣り下る。
ここというポイントでは掛かるが思ったほど数が伸びなかった。
4時になってまた雨が降り始めたので納竿した。
最初はなんぼほど釣れるかと思ったが、掛かる場所は限られているのでそうそうは甘くなかった。
Imgp3714_640
水の奇麗なところで鮎の動きを眼で追いながら釣るのはいつもの事ながら勉強になる。
まだまだ縄張りを形成していないので群れ鮎を釣ることが釣果を伸ばす秘訣と痛感した一日だった。

|

« トーナメント開幕 | トップページ | 傾向と対策 »

鮎・友釣り」カテゴリの記事

コメント

見える鮎を釣るのは楽しいし勉強になる事ばかりですもんね!普段見えない状態でも同じ感覚ですれば釣れるんでしょうけど自信が持てないのがツネで御座います^^;

投稿: ぱた | 2008年6月 4日 (水) 10:23

 釣り始めるまでに相当ウロウロされていますね。
 河石の白い所を釣れ、とは以前から渓人さんがおっしゃられていることですが、ナカナカ聞いただけではまねできません。
 意識はしているのですが、、、、群れアユ崩しも、私は竿を握るとオトリ君は掛かる前に群れの中から外れてしまいます。
 元気なうちは群れに同化しているので、そのうちに掛けるハリスと針なんでしょうね。

投稿: セキレイ | 2008年6月 4日 (水) 19:37

>ぱたさん

>見える鮎を釣るのは楽しいし勉強になる事ばかりですもんね!普段見えない状態でも同じ感覚ですれば釣れるんでしょうけど自信が持てないのがツネで御座います^^;

潜ってみられたことはありますか?
機会があればやってみてください、自信がもてるようになりますし、新しい発見もいっぱいありますよ(^^)v

投稿: 渓人 | 2008年6月 4日 (水) 21:19

>セキレイさん

>釣り始めるまでに相当ウロウロされていますね。
>河石の白い所を釣れ、とは以前から渓人さんがおっしゃられていることですが、ナカナカ聞いただけではまねできません。
>意識はしているのですが、、、、群れアユ崩しも、私は竿を握るとオトリ君は掛かる前に群れの中から外れてしまいます。
>元気なうちは群れに同化しているので、そのうちに掛けるハリスと針なんでしょうね。

釣れる場所は把握しているのですが、解禁後に釣り人が入った後の変化を見ていなかったのと、同行者の希望でしたのでぐるっとした次第です。

群れから外れる?う~ん。。。?
後半の30分7匹は同じオトリで釣ったので、弱っていてもやり方によっては掛かるものなんです。

投稿: 渓人 | 2008年6月 4日 (水) 21:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トーナメント開幕 | トップページ | 傾向と対策 »