« 和歌山遠征Ⅱ | トップページ | 好物 »

天然最高!!

 以前からあちこちと出かける機会が多いので、天然遡上の鮎が面白いのは知っていたわけですが、前回の和歌山以来すっかり天然の鮎の虜ですわww
病気の心配はないし、難しいと言えど掛かり始めるとジャカジャカだしね(^^

今回は長野の友人が急遽来ることになって、日本海側の河川へ行くこととなりました。
春先に大ヤマメが釣れるって事で雑誌の取材をしようかといって、彼と二人で張り切っていたのですが関東の雑誌だったためにボツとなり、彼としては来たかったらしいのです。
そんなわけで今なら渓流と鮎の両方ができるだろうと案内する運びになりました。

 前日に走りちょっと川の様子を見ましたが、渇水のために鮎は釣れそうでもヤマメは難しそうでした。
その日は温泉にゆっくり浸かって久々に会った事もあり遅くまで話し込んでしまいました。
 翌日は4時起床
とりあえず渓流をやってみますが、ビリヤマメが盛んに食ってきますが、思ったよりも水温が高く良型はまったく釣れませんでした。
それでも、20cm近い綺麗なヤマメが数本釣れたので半分満足し、鮎を釣るべく下流へ走ります。
走るといっても10分ほどでポイントへ到着。
時計は10時半、上と下に別れ釣り開始。
0711_005_640
今回は嬉しい事にこの友人が竿を届けてくれました。
私のライトバージョンです(^^
これで同じライトバージョンが4本目となるのですが、当然のように旧モデルなので新品はないわけで、中古を探してもらっていたのです。今回のものは程度も最高で2回ほどしか使っていないそうでした。
これでまた自分の釣りができますわ。
今の竿の方が軽くパワーもあるのですが、私はこれで無いとだめなんですよね~(^^;

オトリが替わると何とかなるとは思うのですが、最初の1匹がなかなか掛りません。。。
一旦、下流を諦め友人の釣っている上流へ向かいます。
友人はぽろぽろ掛けている様で「オトリはあるよ」と言ってはくれたのですが、そこはプライドが許しません(^^;
瀬肩の波立ちにオトリを送り出すと目印が吹っ飛びます。
ようやく一匹目。。。
これがまた真っ黄々です(^^
 
天然を入手したらこっちのもので、入れ掛りモード突入です。
活性が上がってきたのも手伝って、40分弱で16匹でお昼にしました。
0710_015_640午後からは朝の場所に戻り始めます。
全体にぽろぽろと釣れ、時には入れ掛りし良いペースで釣れました。
友人も同じようなペースで釣っています。
最終的に私が52匹友人が46匹と、まぁまぁの釣果でした。
「まぁまぁ」と言うのも解禁当初から良く釣れており、水が出た後などは三桁は余裕だったそうです。

この日はこれで帰ったのですが、どうしても気になっていたポイントがあったので今日も一人で行ってきました。
8時に到着しましたが、ポイントには誰もいません。
大体のパターンが分かったので朝は瀬を選択。
昨夕はここに釣り人が居なかったので差し上がって来た鮎が残っているはずです。
 瀬肩でオトリを交換し、釣り下ると良いペースで掛かってきました。
昼前には久しぶりに掛かり鮎を引船に入れる際に口から飛び出すほど釣れていましたww
昼からはトロ瀬で泳がせです。
面白いように目印が吹っ飛びます(^^
0710_005_640_2
昨日と同じようなサイズですが最大でこの21cmくらいです。
この河川は放流もされているのですが、3種類?の鮎が釣れました。
人工産の中にはちょっといただけない物もいましたが、それはほんの僅かな数でその他は全て真っ黄々で穂先を引ったくり、目印が吹っ飛ぶ鮎ばかりで大満足でした。
0711_007_640今日は5時の時点で丁度100匹
船から逃げたりタモから飛んで出たもの、ツルッと手から滑ったものを入れるともう10匹はいたかな?
近くで釣っていた方にシャッターを押していただきました。

人工鮎の放流河川をホームグラウンドとしているので、それを否定はしませんが、揖保川も海と繋がっています。
なんとか皆の手で天然遡上の鮎が多く上ってくる河川に戻したいものですね。


|

« 和歌山遠征Ⅱ | トップページ | 好物 »

鮎・友釣り」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。
読んでるだけで、気持ちいいですよね。
やっぱり鮎釣りは目印飛ばんと・・。
それが百回続くんでしょ!!
アドレナリンばっしばしですねぇ・・・。

投稿: サルモサラー | 2008年7月11日 (金) 19:53

 三桁かぁ…。
 私にはないなぁ、そんな腕。。。。

 こんな時に渓人さんと自分自身の普段の姿勢の違いが思い知らされますね。
 楽な釣行ばかり選んで技術向上をおなざりにしていなければ…
 私ももう少し渓人さんの釣果に近づけたかも…

投稿: セキレイ | 2008年7月11日 (金) 20:27

>サルモサラーさん

>お疲れ様でした。
>読んでるだけで、気持ちいいですよね。
>やっぱり鮎釣りは目印飛ばんと・・。
>それが百回続くんでしょ!!
>アドレナリンばっしばしですねぇ・・・。

ほんま心地良いですわ。
群れ鮎ではないですからね。
掛かりっ放しって訳でもないのですが、3回ほどイッちゃいましたww

投稿: 渓人 | 2008年7月11日 (金) 20:44

>セキレイさん

>三桁かぁ…。
>私にはないなぁ、そんな腕。。。。

>こんな時に渓人さんと自分自身の普段の姿勢の違いが思い知らされますね。
>楽な釣行ばかり選んで技術向上をおなざりにしていなければ…
>私ももう少し渓人さんの釣果に近づけたかも…


揖保川で3日間で123も釣った人が、よ~仰いますわ(^^;
場所とは言えそれも大変な技術だと思いますよ。

この河川こそ場所で釣れているもので、私なんか暑くて川の中で正座して釣ってますww
丁寧に泳がせれば、ひと座り10匹で少し移動して。。。って感じです。
スピードコントロールは必要ですが、尻尾の内に入れた針が腹掛かりになってしまうほど追ってくるんです(^^;

投稿: 渓人 | 2008年7月11日 (金) 20:51

楽しそうな釣りですね~
天然河川の魅力満載です!やはり日本海に行くしかないいぞ~
束釣りやってみて~

投稿: ぱた | 2008年7月11日 (金) 22:03

>ぱたさん

>楽しそうな釣りですね~
>天然河川の魅力満載です!やはり日本海に行くしかないいぞ~
>束釣りやってみて~

楽しいですよ~!!
水に浸かれないからめっちゃ暑いですが。。。
安曇川か野洲川なら三桁も可能でしょ?

投稿: 渓人 | 2008年7月11日 (金) 22:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 和歌山遠征Ⅱ | トップページ | 好物 »