« タマネギ島 | トップページ | S.A.S.H »

さようなら姫路市立水族館

さようならとは書きましたが11月1日を持って山の上の水族館として地元では愛されてきた姫路市立水族館が休館となりました。
昭和41年に建設され42年の長きに渡り我々を楽しませてくれたのですが、老朽化が進み地震等があった場合に来館者の安全が確保できないために已む無く休館となったようです。

昭和41年と言えば私の生まれた翌年ですし、母親の実家が水族館のある手柄にあったため小さな頃は良く連れて行ってもらいなじみも深く、社会人となってからは当時の職員と知り合いだったために頼まれて展示用の魚を釣ったり、水生昆虫を捕獲して持っていったりしたこともありました。
子供が生まれ小さかった頃には良く行ったものでした。
なんと言っても入館料が安い!!
大人が200円で子供が30円です。
弁当を持っていけば家族で1000円もあれば一日中遊ぶことができる。そんな施設は少ないですからね。
アクアフレンド(1口1000円)に入会すれば入館無料といった制度もありました。(もちろん私も入っています(^^

この辺りでは水族館といえば須磨海浜水族園や少し足を延ばして天保山の海遊館に城崎マリンワールドが有名ですが、この水族館は展示意図がはっきりとしていて9割が日本の身近な魚を展示されていました。
また、ウミガメやオオサンショウウオの飼育では全国でも有名でした。

現在のところは休館となっていますが、動物取扱業の次回の更新期限が平成23年5月31日となっているので、その頃にはどうなるかはっきりするとは思いますが、なんとか立て替えて存続して欲しいものです。

|

« タマネギ島 | トップページ | S.A.S.H »

鮎・友釣り」カテゴリの記事

コメント

全国的に「普通の水族館」は廃館方向にあるのかも
しれませんね。
今はテーマパークの時代。水族館にしても、何かしら
変わった趣向を凝らさないといけないのかも知れませんね。

しかし、須磨水族園もそうですが、鮎なんかを見ると
よく分りますが、果たして今見てる魚たちが自然の状態で
居る状態なのかどうかは懐疑的ですね。もう少し自然に
近い状態で観察できるように工夫できた水族園であったら
私も見に行きたいと思いますが・・・。

投稿: サルモサラー | 2008年11月 4日 (火) 20:23

 姫路水族館、私も好きでした。
 初めの子が小さい時に何度か行きました。
 その子の成長にしたがって、エンターテイメント性のある水族館に足が向くようになりましたが、セキレイ的には外国の色鮮やかな珍しい魚を見るより、身近な魚を見るほうが性にあっていましたね。
 
 渓人さんから「研究員さんの専門分野」とお聞きした、カメがいっぱいいました。
 また、ウナギやオオサンショウウオなど、日本の自然の水棲生物の展示に力を入れていたような印象があります。
 似たようなコンセプトで運営されている水族館は、嫁の実家近く(過疎地の「近く」は都会の「遠い」ですが…)の出雲にもあります。
 「ゴビウス」(http://www.gobius.jp/top.htm)という水族館なのですが、宍道湖で生息している生き物を中心に展示しております。
 2kgを越えるオバケウナギや、釣りキチ三平に怪魚として出てきそうな巨ゴイ、あとアユカケやゴギなどの希少生物などもいて結構楽しめます。

 亀嵩の扇屋(←奥出雲のローカル有名蕎麦屋)まで行ったことのある渓人さんも、ここも「あ、知ってるし行った事ある~。」なんてことはないですよね…

投稿: セキレイ | 2008年11月 4日 (火) 20:42

>サルモサラーさん

>全国的に「普通の水族館」は廃館方向にあるのかも
しれませんね。
>今はテーマパークの時代。水族館にしても、何かしら変わった趣向を凝らさないといけないのかも知れませんね。

>しかし、須磨水族園もそうですが、鮎なんかを見るとよく分りますが、果たして今見てる魚たちが自然の状態で居る状態なのかどうかは懐疑的ですね。もう少し自然に近い状態で観察できるように工夫できた水族園であったら私も見に行きたいと思いますが・・・。

確かにおっしゃる通りの印象を私も持っています。
ゲソゲソに痩せた鮎に鰭がぼろぼろで充血したチヌ。。。
比較的我々は自分で釣った魚を子供たちに見せる機会が多いので、本来の姿を知っているでしょうが、あれを見た子供たちには違った魚であるかのように記憶してしまいそうですね。
その点でいえばSea zooの渓流魚の水槽はアクアリュウムのようで綺麗ではないですか?

投稿: 渓人 | 2008年11月 4日 (火) 21:07

>セキレイさん

>亀嵩の扇屋(←奥出雲のローカル有名蕎麦屋)まで行ったことのある渓人さんも、ここも「あ、知ってるし行った事ある~。」なんてことはないですよね…

ははは。。。
ゴビウスもアクアスも行きましたよww
地方に行った際には水族館と書店には行くのが常でして時間が許す限り行くようにしています。
特にゴビウスのようなローカルな水族館は魅力ですですね。脂鰭フリークの私としてはゴギは外せませんしねww
近場で言えば滋賀県立琵琶湖博物館は琵琶湖の淡水魚には特化してますし、「長良川のアクア・トトぎふ」や「栃木のなかがわ水遊園」はほとんどが淡水魚の展示なので地味ですが楽しめます。

それと、書店に立ち寄るには地元の釣り情報雑誌やローカルな出版物を探すためです。渓魚や鮎などに付いてのご当地書物?は割りと多いものですよ。

投稿: 渓人 | 2008年11月 4日 (火) 21:24

すっかりご無沙汰ですみません・・

広島の宮島水族館も今年末で休館となりました。
こちらは一応 建てかえるらしいんですが
厳しい財政でだいじょうぶなんだろうかと・・
下関の海峡館やアクアスに挟まれて厳しい状況は
変わらないし・・
水族館好きとしては寂しいです。

水族館の魚って自然に戻せないらしいですね。
希少種はともかくもらい手のない魚の行く末が心配です。

投稿: やまもも | 2008年11月 4日 (火) 21:55

この前お話しされていた水族館ですね。
この頃は水族館だけでなく小さな市の動物園なんかも閉鎖や倒産の話を良く聞きます。
こういった施設ほど料金も安いし地元の者としては身近で有り難いんでしょうが人件費や施設の運営などを考えると今の世の中では厳しい現実なんだと感じますわ。
大阪の知事の話も???って感じる事が多々ありますから。。。

投稿: ぱた | 2008年11月 4日 (火) 22:16

>やまももさん

>すっかりご無沙汰ですみません・・

>広島の宮島水族館も今年末で休館となりました。
>こちらは一応 建てかえるらしいんですが厳しい財政でだいじょうぶなんだろうかと・・
>下関の海峡館やアクアスに挟まれて厳しい状況は変わらないし・・
水族館好きとしては寂しいです。

>水族館の魚って自然に戻せないらしいですね。
>希少種はともかくもらい手のない魚の行く末が心配です。

こちらこそご無沙汰しています。
宮島水族館の休館はニュースで知っていました。確かに海峡館やアクアスの規模には勝てないですからね。
小さな規模の水族館には地元密着的な良さがあるのですが、特に水族館は設備の光熱費や維持管理に費用がかかり過ぎるのがネックなのでしょうね。それでも存続できるだけ羨ましいです。

投稿: 渓人 | 2008年11月 4日 (火) 22:29

 アクアスは有名ですが、ゴビウスまで行かれたことがあったとは…まさに「どこでも地元」ですね。。。。

 (;゚Д゚)

投稿: セキレイ | 2008年11月 4日 (火) 22:29

>ぱたさん

>この前お話しされていた水族館ですね。
>この頃は水族館だけでなく小さな市の動物園なんかも閉鎖や倒産の話を良く聞きます。
>こういった施設ほど料金も安いし地元の者としては身近で有り難いんでしょうが人件費や施設の運営などを考えると今の世の中では厳しい現実なんだと感じますわ。
>大阪の知事の話も???って感じる事が多々ありますから。。。

どこへいっても金がかかりすぎる昨今にこのような定額料金の施設があるのはありがたかったのですが。。。
この規模の展示施設は時代が要求しないのでしょうかね?

投稿: 渓人 | 2008年11月 4日 (火) 22:32

>セキレイさん

>アクアスは有名ですが、ゴビウスまで行かれたことがあったとは…まさに「どこでも地元」ですね。。。。

 (;゚Д゚)

アクアスのほうが一般受けするでしょうが、山陰のゴギや宍道湖のシジミとなればゴビウスの展示のほうが、淡水系が多く汽水域の展示には特化していますから面白いですね。

投稿: 渓人 | 2008年11月 5日 (水) 10:12

こんにちは。
10月末で休館予定だった水族館も3日まで延長されたようですね。
私も毎年数回子供達と訪れる場所でした。
水族館と手柄山遊園にコンビニで弁当を買ってが定番でしたよ。

2年ほど前に福井県に旅行に行った際、姫路水族館と変わらぬほど
小さな水族館がありましたが、夜遅くまで開館されてて、
「夜の魚」をテーマに、いろんな催し物をされてましたね。

どうなるのか分かりませんが、
新しく生まれ変わるといいですね。

投稿: やおめ | 2008年11月13日 (木) 10:59

やっほ~。そんな所があったのは、初耳です。どこの町でも、水族館に限らずいろんな施設が休園やら閉園においやられていますよね、これも時代の流れと言ってしまえばそれまでだけど、寂しいですな。同じ年に生まれた私たちも時代の波に流されないようのしないとね。
ところで、元気にやってる?元気ならそれでいいんだけど・・・。
じゃーまたな。

投稿: ぴろぴろ | 2008年11月24日 (月) 19:13

>やおめさん
大変遅くなり失礼しました。
地方の水族館は派手さはないですが、地元密着だったり地方特有、在来種に特化した展示も多いのでコアな部分で楽しめますね。

姫路の水族館に対してはやおめさん同様なんとか存続して欲しいと願っています。

投稿: 渓人 | 2008年11月27日 (木) 03:16

>ぴろぴろさん

元気してますよ。
仕事はめっちゃ忙しいですが、この時期に頑張っておかないと夏に遊べませんからね(^^;
私は考えが古い人間だと自分では思っていますが、最新のものにも食い付きが良いですww
しかし、流されるようなことはないとは思っていますが。。。?

投稿: 渓人 | 2008年11月27日 (木) 03:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タマネギ島 | トップページ | S.A.S.H »