« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月の5件の投稿

君子豹変

ちょっと調べものをしていてこんな文章を見つけましたので紹介します。
一時期これがこの文章がネットで一世を風靡したとありましたが、私は知りませんでした。


自分の考えに気をつけよう。それは言葉になる。
自分の言葉に気をつけよう。それは行動になる。 
自分の行動に気をつけよう。それは習慣になる。
自分の習慣に気をつけよう。それは人格になる。
自分の人格に気をつけよう。それは運命になる。

「フランク・アウトロー」

ガ━━Σ(゚Д゚|||)━━ン!!  頭をバットで殴られたような衝撃をうけました。自分はどうなんだろうと考えると、う~ん。。。気をつけんといかん!!


ってことでタイトルの「君子豹変」です。
意味は「立派な人は、自分(の非)を改める事に、実に速やかである。」そして「時節や周囲に応じて、自己を変革する。」と言うものとあります。
私は立派ではないので下のほうに当てはまるかと思いますが、頑張って実行できるように心がけたいと思った今日この頃です。

ヾ(・∀・´+)エイ(`・Д・´+)o"エイ(+`・o・)ノ"オー!!

| | コメント (18)

大阪フィッシングショー2009

タイトルで飛んでこられた方は申し訳ないですが、詳細なレポートはありませんww

0207_001ってことでブラックのメンバーのぱたさんや岐阜の天野塾メンバーの数名が土曜日に行くってことで私も土曜に行ってきました。
私の見て回る方法としては、事前にカタログを入手して気になるものに見てみたいものをチェック。
それを重点に回る方式にしています。
更に詳細を知りたいものに関しては、その商品の開発者もしくは担当のテスター聞くようにしています。人によっては開発秘話や裏話などを聞かせてくれる人も。。。
後は片っぱしからカタログを貰ってくるんです。
最近は釣り具屋に行っても詳細を知っている店員はほとんどいませし、逆に聞かれるくらいですから自力で見てくるしかないですね。

ってことでほとんどは、ぱ~さんとそのご友人と回ったのですが、昼食をとりに行く途中に二人はお楽しみ抽選会へ行くとのこと、私はマイバックを持って行っていたので抽選券はナシ。
それでは寂しいので500円を払って券だけ購入。
3人で抽選会場へ。。。
特賞は37型の液晶テレビ、他は20型テレビに、Wii、DSi、折りたたみ自転車。。。
並ぶ前に、
「基本は角やで」
「パチンコやと同じやね」
「やっぱり目立つ真ん中ですわ」
などなど。。。
結局、角になる真ん中に3人で並び
テレビが良いだ、荷物になるからゲーム機が良いだと当たったつもりでワイワイとww
来始めた当初はクレラップばかりだった私もここ3年はパイプ椅子、磯ダモセット、磯竿と連続で当たってるという運の持ち主で密かに期待をしてました。
三人の先頭にいた私の番でクジを引くとなんと鐘がなりましたww
41xqwtjzvl_sl160_aa160_何等かは知りませんがティファールのスチームクッカーが当たりました(^0^)/
帰って調べると上代は\13000ちょっととなかなかのものでした。
早速、娘が温野菜サラダを作るとか言って使ってます。
二人は。。。お約束のクレラップ(爆爆

レストランに行く道中でOWNERの開発担当者とバッタリ出会い、新製品の詳細を聞きました。
詳細はカタログが届き次第UPしたいと思います。
そんな中で新製品の現物を持っておられたので、その仕掛け巻きの紹介です。
0207_0020207_003同じような物は他社からも出ていますが、これは目印が引っ掛かって巻きにくいトラブルを解消し、本体もドッキングできるようになって使いやすくなっていました。
実際に仕掛けは巻いていませんけど、使い勝手は良さそうでしたよ。

三人は昼食をとりしばし笑談の後、人混みの大嫌いな田舎者の私は会場に戻る意欲もなく次の目標である、前回自力の日本海ROCKデビューに失敗したぱたさんに「ぱ~さんにメバルを釣らせよう大作戦!!」に向けて会場を後にしました(爆爆
詳細はぱたの釣り日記TEAM-BLACKのブログで近日中にアップされると思うので、そちらへふっておいて手抜きしときま~っす(大爆


 

| | コメント (8)

鮎始動

始動とは言っても解禁はまだ先ですが。。。
本日から放ったらかしにしていたサイトの方も、’09揖保川情報をスタートしました。
まだまだ情報とはいっても予想や推測の域を出ませんが、少しでもお役にたてれば幸いです。
今シーズンもよろしくお願いします。


099こうやってカタログを眺めていると気分的に盛り上がってきますね。
今日は大阪フィッシングショーに出かけて更にカタログを持って帰ってきますww

| | コメント (6)

バイブル

Sanpei私と同じ年代の釣り師のバイブルと言えばこれではないでしょうか?
ここを訪れていただいてる皆さんはほとんど釣りをされるので、全巻は読んでなくても目にされたことはあると思います。
私がこの「釣りキチ三平」に出合ったのは小学4年の時だったでしょうか?
病気で入院することとなり、あまりにも退屈だったので母が買ってきてくれたのが第3巻の左膳岩魚だったのです。
深い意味はなかったようですが、チビの頃から釣りが好きだった私の為にたまたま見つけて決めたそうです。
この時まで岩魚という魚の存在は知らなかった私は矢口ワールドの虜になってしまいました。小学生だったので当時は小遣いももらってなかったので、このコミックスが出る限りは買ってもらう約束を母として入院中に1・2巻も買ってもらって読みふけっていました。
最終的には60巻を超えるとは母も私も予想はしてもいませんでしたが。。。(爆爆

この作品を通して、魚への知識、釣りの知識が養われ今の自分があることは間違いないです。
父親が会社で釣りクラブに入っていたのもあって年に数回は海釣りに連れて行ってもらっていましたし、雑魚やフナは自宅の近くで幾らでも釣れましたが、一番のあこがれは渓魚に対してでした。
社会人になって一番に始めた釣りが渓流つりだったので、それを物語っています。
その他にも氏の作品で、「バチヘビ」「マタギ列伝」「釣りバカ達」。。。全て購入しました(^^;

なんで、このエントリーかと言うと。。。
Cont_0これですわ。
実写版ですww
あまりにもイメージが違ったのでアニメすら見ませんでしたので、今回も劇場まで行って観ることはないと思います。
それにしても、キャストがね~。
一平じいさんは渡瀬恒彦?私的には大滝秀治さんだろ!!ww
魚神さんは塚本高史。。。誰?
短いムービーですが、魚神さんのフライキャスティングはサルモサラーさんに突っ込んでもらいましょう。
まぁ、釣りバカ日誌もそうでしたが、この手の映画は我々釣り人からみればツッコミ所満載なので、違った意味で楽しみですね。

| | コメント (14)

新製品

今週末は大阪フィッシングショーなのですが、今年は奇数年なので日頃からお世話になっているOWNERさんの出店はありません。
ってことで、昨年の年末に発売された渓流針「カッパマタギ」の紹介です。
ご存じの通り「マタギ」とは東北地方で言うところの猟師なんですが、メインテスターの師匠のイメージからきてものなんでしょうか?師匠は渓流や鮎では有名ですが、冬場は毎日鉄砲を持って山に出かける猟師なんです。

Matagiいままで、本流の幅広ヤマメやアマゴ対応の針がなかった訳ではないですが、軸の細さにちょっと不安を感じていました。
だからと言って関西の河川でスーパーヤマメの針では大きすぎるし。。。
本流で良型の渓魚とやり取りすることのできる待望の針です。
線型は太めでありながら、軸が短いので川虫を刺すことも十分可能なようになっています。

0930_043_640実は昨年のエントリーであった幅広ヤマメは全てこれで釣ったものですし、禁漁前日に釣った尺アマゴもこれで釣ったものですから実証済みです。
その後でハリスの回り込み防止、ズレ止め防止加工がされたようなので、より使いやすくなっているはずです。

細かく言うとヤマメよりはアマゴ向きの針かとは思います。
それでは使えないかといえば、そんなことはありません。ヤマメは流しきった時以外のアタリに対しては抜くようにアワセた方がバレが少ないように思います。
昨年のテストでは良型のほとんどがヤマメの河川だったのですが、そのアワセを行っていたのでバレはまったくありませんでした。
メインのテスターは師匠ですから、私がとやかく言うまでもないでしょうww
なにしろ実釣テストでは50cmオーバーのアメマスやニジマスを釣りあげていたようですから(^^;

後は鮎ベストが大きく変わり、より使いやすくなって発売されるとか?
これは詳細が分かり次第報告します。

| | コメント (14)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »