« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月の6件の投稿

焦ってきた

あちこちの河川で鮎の放流情報、遡上情報が入り始めましたね。
例年であれば既に数百本の針は巻いているはずなのですが、今年はメバリングなんかを始めてしまったので野菜庫から出してもいませんでした。
先日ネットを徘徊していると、嬉しい情報をみつけたので本格始動となりました。

「有田川・アユ資源有効利用 調査員募集」
これなのです。
抽選ですから、行けるかどうかも分かりませんが取りあえず40日もないので今日から仕掛け作りのスタートです。

Imgp0012今年は鮎も大きそうなのでこの辺りから巻き始めようかと思います。
イニシアブロンズ6.75が切れていたので購入してこないと。。。

| | コメント (8)

密漁者

一時は絶滅に瀕しつつあった川鵜ですが、ここ数年は急激に増えて食害が問題になっています。
もちろん揖保川も例外ではありません。
揖保川筋には川鵜のコロニーが3か所あって早朝から上流へ向けて大群で飛び立っていきます。
最近の数は見ていませんが多い時では500羽以上。
その川鵜が入漁料も払わずに毎日毎日密漁をしているのです。
一羽の川鵜は一日に500gの魚を食うらしいので、ざっと250Kgで鮎に換算すると5000~8000匹です。
数日前に某○田名人がアマゴ釣りに来てあまりの鵜の多さに「盗人に金庫番をさせているようなもの」と言われていた様ですが、まさにその通りです。

一昨年から狩猟対象となり鉄砲で撃つことも可能になりましたが、揖保川では住宅が近いということもあって撃てる場所がほとんどありません。
私は、増え過ぎて害があるからといって駆除するといった事にはどうかと思いますが、こうなってはそうも言ってられない所まできています。
漁協もペットボトルを沈めてオドシとしているようですが、効果はないように見えます。
他の河川に行くと川にテグスやロープを張って川鵜の飛来を防止しているのをよく見かけます。これが一番有効だと聞きますが、揖保川は川幅も広く一級河川なのでロープひとつ張るのも色々と問題があるようです。
ならば、爆音機、案山子、コロニーからの追い出しと色々と方法はあるのではないでしょうか?
川鵜がエサ場とする場所は分かっているはずですから、シバや笹を沈めて魚が逃げ込むことができる場所を人工的に作るのも良いかも知れません。
駆除ができないのであれば、産卵後に卵をすり替える(孵化するまで次の繁殖は行わないらしい)これは難しいかも知れませんが、卵に石鹸水を散布すれば孵化しないそうです。
これは希望的意見ですが、本流にアマゴを放流してくれれば釣り人も増えて追い払いに貢献できるのではないでしょうか?是非検討してみてください。

まもなく鮎の放流が始ります。
揖保川は人工鮎ですから川鵜にとっては天然の鮎よりも捕まえ易く絶好のエサとなるでしょう。
放流されて解禁までにひと月半もありますから、我々が釣ろうと思った時には鮎は半減しているかも知れません。
ですから、皆さんも声を大きくして訴えてください。
今年は理事の選挙だそうですが、本当に川を知り友釣りをする人が何人いるかご存知ですか?
選挙でつまらん画策をしていないで、本気でこれからの揖保川や、減少していく友釣り人口の事を考えてください。
ここで書いても見ている関係者は少ないとは思いますが。。。

最後になりましたが、本来川鵜は河口付近で採餌し繁殖する鳥です。
彼らもまた河口付近の環境の悪化によりエサとなる魚が減り上流まで餌を求めて飛んで行っているのに過ぎないのです。

| | コメント (6)

予想通り

サムライJapanやってくれましたね~(^O^)
外出中だったので途切れ途切れのワンセグで観てましたが、9回にダルビッシュが打たれ同点になった途端、辛抱たまらず彼女とテレビのある店へ飛び込んで観てましたww
しかし、あの場面でイチローに回ってくるのはスーパースターたる所以なのでしょうね。今回は調子が悪かっただけに観てる方も感動しました。

さて、タイトルにもあるように今日は映画「釣りキチ三平」を観てきました。
明石に居たのでワーナーマイカルへ行ったのですが、上映はしてなくて姫路駅前の大劇まで行ってきました。
なにが驚いたって、500席あって観客は…
ぽつーん…
なんと、私一人だけだったんです(-o-;)
どないやねん!!
内容もどないやねん!!
観る予定の人のために内容までは書きませんが、思いっきり突っ込めます(爆

ただ魚神さんのサングラスはサイトマスターだったって事は言っておきますww

| | コメント (16)

春のアシオト

今日は息子の卒業式でした。
長女から数えて13年間小学校の色んな行事に参加してきましたが、それも今日で終わりです。
その長女も先週に運転免許を取ってきてました。時の経つのは早いものですね。
年をとるはずですわ(^^;

さて、先週はめっちゃ暖かったのですが、今日は寒い寒い(><)
090315その先週ですが、揖保川に行った際に一宮周辺の土手では土筆がぼーぼー(爆爆
私は山菜好きですが、これはあまり旨いと思わないのですよね~。
それに掃除が面倒で。。。(^^;

Imgp0027
そして19日には今年もこいつが来ていました。
よくもまぁ毎年毎年決まった時期に来るものだと感心します。
近所の桜も昨日から咲き始めましたが、冷え込んだので今年も長く楽しめそうですね。

海や川の釣りものもいよいよ本格化しそうな雰囲気ですよ。

| | コメント (15)

新製品

今回の雨は良く降りましたね~(^^;
来月から鮎の放流が始まるので、腐った垢や藻を洗い流すには今回の雨は恵みの雨だったのではないでしょうか?
私的にはもう少し増えて欲しかったですが。。。
渓流も釣り荒れの感があったので、リセットされたことだと思います。

さて、今年は栃木県であった大橋漁具の釣展へ行くことができませんでした。
なんたって片道10時間ですからね(^^;
ってことで、本日カタログを送っていただいたので、私のお勧めを紹介します。

004003

今回モデルチェンジしたのは、ブラックバージョンとヴィクトリーバージョンです。
ブラックは前機種よりパワーアップした感があり、より引きやすくなったそうです。
想定開発サイズが18cm~26cmと揖保川で使うには丁度良い感じですね。
ヴィクトリーは自重こそ210gですが、バランスと張りを持たせ持ち重り感をなくした仕上がりになっています。
このモデルは揖保川で使うことはほとんどないですが、昨年の安曇川や日本海側の天然鮎には持ってこいなので、私もなんとか頑張って購入したいと思います。

ヴィクトリーバージョン
90cw/\240.000/9.0m/210g/141cm/8本/1.3と1.4/25.4mm
ブラックバージョン
90cw/\220.000/9.0m/250g/141cm/8本/1.71.9/25.5mm
95cw/\235.000/9.5m/285g/141cm/9本/1.71.9/25.8mm

また、今年から全機種にオプションでソリッド穂先が¥8.500で発売されています。
いろんな太さが出ているので、旧モデルでも合わす事は可能だと思います。

002私の今年の一押しはこの「テクノメッシュ」です。
いままでに無かった機械編みのタモなのですが、結び目や目落しの結びがありません。
従来のモノフィラではなくポリエステルなので、形崩れしにくく張りがあります。
昨年にちょこっと使ってみたのですが、触ってみると妙に肌触りが良く、ツルツルなので鮎を傷めることがなさそうに感じました。
ただ、唯一の欠点としては張りがありすぎるために、オトリ交換時に鮎が飛んで逃げることがしばしばあったので注意してくださいね。
兎に角、一度釣具店で触ってみて下さい。

この辺りで下野製品の取り扱いがあるのは、エイト玉津、フィッシングカンパイ、かしま釣具です。
但しカンパイとかしま釣具は客注扱いですので在庫は無いと思います。

001そして、今年からSHIMOTSUKE CAP AYUが開催されます。
近畿は上桂川、中部は益田川、関東は鬼怒川です。
詳細は画像を見てください。

現在は製作中のようですが、もう少ししたら完成すると思いますので大橋漁具株式会社HPを参考にしてください。


| | コメント (10)

独り言。。。

今年は海も川も様子が変。。。

渓流も解禁はしたものの、支流や枝沢では良い釣果も聞くが本流筋では皆目釣れないらしい。
南部の人は今年は暖かいと言うけれど、ここや北部は最低気温は例年と変わらず最高気温が異常に高い。
昼と夜の気温差が大きすぎるのです。
006今日の昼間に川を見に行ってきた際に、蜉蝣が大量に羽化してながれていました。
しばらくそれを眺めていたけど、終ぞライズを見ることはなかった。
暖かいようでもまだまだ水面は意識していないようだ。

海のイカナゴも不漁のようで、好きなくぎ煮もまだ食えていない始末。
昨年の年末から始めたメバリングにもイカナゴパターンなるものがあると聞くが、今年は期待ができそうにもない。
心なしか最近に釣ったメバルは痩せているような。。。

決定的なことは分からないけど、昨年の晩秋に雨が少なかったことが大きくかかわっているような気がする。
秋から渇水だったせいか、アマゴも例年と違った場所にいるようだ。。。
海は海で水が出なかったせいで養分不足でプランクトンの発生が少なく、イカナゴの成長に影響している。そうなると天然アユも同じような状況にあるのかもしれない。

結局のところ天候次第、自然次第ってところ。
地球温暖化と叫ばれて久しいけれど、その自然の中で遊んでいる。いや遊ばせてもらっている釣り人はちょっとしたことでも良いから「環境派的優等生」にならなければならない。
今年も自室では暖房なしで乗り切った渓人ですが、現在そとは氷点下1度、室内温度5度です。
小さい頃から不便さ不自由さに慣れた田舎者だから可能なのか、皆さんなら辛抱できますか?

| | コメント (6)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »