« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月の12件の投稿

AP-42

今年はあちこちで会う釣友に「あれは使いやすくてえ~な」「便利やな」「出来が良い」なんて聞くけど実際は使ったこともなかったし、フィッシングショーでちらっと見ただけでした。
入手はしてたけどまだ使わないので仕舞ったまんま(^^;
あまりにも好評なので今回はこのベスト回転仕掛巻を徹底解剖です。
使いやすくても問題があれば改造もしないといけないでしょうし、慣れておかないといざ使う時になってトラブっても困りますからね。

0427_006

これなんですが、後からの発売だけあって細かいところにも配慮がされています。

0427_003

フックに鼻カンを掛けてケースに入れて巻いて行くわけですが、テンションさえかけていれば特に問題はなさそうです。
問題はフックリリアンを使用している場合ですが、今までの仕掛け巻きでも巻き方を工夫してはいたのですが、旨い具合に糸止めの所にくれば良いですが、そうもいかないので難儀するときもありました。前後の糸が余ればトラブルのもとですからね。
これは一旦ケースから出してフックリリアンを収納し、再度天井糸を巻きこめば何の問題もなかったです。
それに糸の出し入れできる場所は4か所で改造すればもう少し増やすことも可能だと感じました。

0427_005

確かにトラブルもなく使いやすいですが、蓋の開閉が面倒ですね。
ってことでこれです。
これは自作の回らんリリアンですが、これだとリリアン部分はそのまま巻きこめますよね。
作り方ですが、アイ付きのフライフックをアイから5mm位のところで切ります。
切った部分に抜け止めとしてマニキュアを盛ります。

0427_007

乾いたらリリアンに差し込んで根巻き糸で止めます。
トックリ2回で絞めた後に軽くアロンを付けてマニキュアで仕上げ、リリアンを適当な長さに切り、先端をライターで焼きます。

0427_008

これが、解れ止めと滑り止めになります。
私が使った感じでは釣り具屋のリリアンより100均で売っているほうが柔らかくて使いやすかったです。

| | コメント (9)

うぇっ!!

タイトルと画像だけで本文を読まなくても全てが分かりそうですけど。。。
これですわ!!
0427_001

確か2年ほど前の夏に発売されて、新し者好きで好奇心旺盛な私なのに、その時は何故か買わずに終わってしまっていました。発売中止になったのかそれから見かけることもなかったのですが、先日に買い物に行った際に見つけてしまいました。
これは逝っとかなあかんでしょ?
見つけたのは怪しげな店だったのですが、賞味期限はぎりぎり。。。アウト
アウトかいな~!!
でも10日ほどだったので購入し、先ほど飲んでみました。

。。。。見つけても買わないように(爆爆

自販機でも新しいドリンクを見つけると必ず買ってしまうので、こんなことも度々ありますけど久々の大ハズレでしたww


| | コメント (7)

HOOK STOCK鮎・渓流ベスト90

今年の私の鮎用品の一番のお気に入りはこれ!!
オーナーばりから発売された鮎ベストです。

090422_001

なんといってもロングタイプの貼りケースが前面に入るってことです。
数年前から小針長ハリスの針を使っている私は、この針ケースを入れるポケットに困っていました。
昨年までのタイプでも入ったのですが、逆にポケットが大きすぎたために中で小物が踊ってしまい不便だったのです。
見ていただいても分かるように、このように収納できるようになっています。

090422_005


内部にも7つのポケットがあり、非常に便利です。

090422_002


小物を入れた状態で着てみた感じも重くなく、小物も安定していて良さげです。
ポケットが斜めになっているので重量が分散されるのでしょうか?
これならトーナメントシーンで走っても大丈夫です(^^)v
着心地もソフト感があって肩がこるといったこともなさそうです。

090422_004

私は小さいのでMサイズですが、LやLLだともう少しポケット間もスッキリしているかも知れませんね。
既に店頭には並んでいるでしょうから見比べてください。


| | コメント (15)

気になる新製品

6月にauから「ソーラーパネル採用防水携帯」が発売されます。
詳細な仕様、名称はまだのようですが、シャープ製のCDMA 1X WIN端末になるらしい?

見た目は背面が観音開きになって開くとボディーの倍のパネルが出てきます。これで、太陽光で10分充電すると待ち受け状態で2時間、通話が1分だそうです。
今までにもソーラー充電器のみの商品はありましたけど、本体に付いてエコで防水ということなんで注目です。
しかし、高い違約金を払ってまで機種交換もできないしな。。。

| | コメント (8)

異常ナシ(`^´)ゞ

今夜も親烏賊異常ありませんでした~(爆爆

前回食べ損ねたラーメン屋も今日は開いていたので楽しみにしていましたが、一シャクリして20時に行ってみると既に閉店(´ω`。)グスン
営業時間は23時までって書いてあるのに~!!!
○○ブラック食いて~!!!
近々必ずエントリーします。

漁火は綺麗だったってことでww

090418_002


| | コメント (8)

セリ

今日は久々に子供と一緒に部屋の掃除と衣替えで衣料の入れ替えをしてました。
普段は部活で忙しい次女も家にいたので片付けが終わったら、散歩に行こうと言いだしたので、一緒に行ってきました。

私の目的はこれ
090418_001
そう、セリなんです。
こいつなら街中の水辺にも生えてると思います。
このセリですがスーパーで売っている栽培物はクセも少なく食べやすいですが、地生物はなかなかクセが強くて子供は食べませんね。
私も小さかった頃は菊菜、にセリ、ウドを食べている大人が理解できませんでした。
それが、最近はバクバク食べれるのはなぜなんでしょうね?

この料理と言えばおひたしや鍋がメジャーなんでしょうかね。
私も葉先の柔らかい部分はおひたしにして、真ん中のじくはチーズと一緒に豚バラに巻いてフライパンで焼きポン酢で食べたりしています。

今回紹介するのは画像の紫がかった部分を使用します。
本来なら硬いしクセも強いので捨ててしまう部分なのですが、調理次第で抜群に旨くなります。
そんな大そうな料理ではないですが、実は芹のきんぴらなんです。

セリ    適量
酒     小さじ2
砂糖    大さじ1 
醤油    大さじ1
ごま油  小さじ2
タカノツメ 2本

フライパンを熱し、ごま油をひいてセリを炒めます。
そこへ酒、砂糖、醤油、刻んだタカノツメを入れて水分がなくなるまで炒り煮します。
簡単でしょ?
本当は根っこの部分でやれば良いのですが、今回は掘れる場所でとってないのでジクを使います。

| | コメント (8)

エコポイント

またまたあの濁声と共に経済対策と環境対策の普及に乗り出したようです。
ところで、このエコポイントってなんだ?

Star_label_2

ポイントの対象となるのは、省エネ性能を証明する「省エネラベル」で四つ星以上のグリーン家電(エアコン、冷蔵庫、地デジ対応テレビ)を買った場合は5%、さらに地デジ対応テレビなら先着1500万台まで5%が上乗せされるらしい。
そして、その時に古いテレビから地デジ対応テレビに買い替えた場合はリサイクルポイントとして3%
だから地デジ対応テレビを買った場合は最大で13ポイントとなるようだ。

これの他にハイブリッド車に買い替えた場合のポイントや、その税金の割引に太陽光発電システム購入時の割引など色々あけど、情報が先行してはっきりとしたことは未だに分らない。

ただ、どのようにポイントを還元するか、ポイントを使える商品を限定するか、1世帯当たり何台までといった制限を設けるかなどは未定で、商品券を発行する案、カード会社と連携してポイントを付ける案などが検討されているようだ。
ただ、昨年から環境省で行われているエコ・アクション・ポイントのように告知不足などにならないようにして欲しい。

環境とエコにリンクしたことは、良いことだと思うけど、定額給付金をばら撒くのに800億の経費を使たようにならなければ良いのだが。。。

| | コメント (6)

先駆け

関西の友釣りファンにはご存じの方も多くあるとは思いますが、本年度から有田川と日高川で「アユ資源有効利用 調査」として一般から調査員を募集しています。

有田川・アユ資源有効利用 調査員募集

日高川・アユ資源有効利用 調査員募集

本来、特別採捕と言うのは組合員によって成長具合や病気の調査などが行われます。
今回は一般から募集してより多くのデータを集めようとの事だとは思うのですが、一番の目的はこの時期に鮎が釣れるか?どのくらいの釣れ方をするか?に尽きるのではないでしょうか。
通常の解禁前後にどうしても冷水病が出やすい水温となり、釣果が落ちてしまい各漁協とも頭を悩ませています。
向こう3年間は調査が行われるようなので、結果如何では解禁が早まるようなこともあるやも知れませんね。

私が驚いたのは上記の話題よりも、今年から有田川で網漁と簗漁が休漁になったことです。
組合員の中には鮎を捕りたいばかりの人が多い中で、よく実行ができたものだと尋ねたところ、言いだしたのはその網や簗漁をしている組合員から出た話らしいのです。
これは本当に画期的なことです。
川をよく知っておられる方から見れば、深刻なのが身にしみて感じておられるのだと思います。
天然アユが大量に遡ってくれば放流の非ではないですから、本当に羨ましい限りです。

人工鮎を放流すれば良いと言った考えではなく、産卵の親を残し天然アユ鮎を増やそうと組合あげての取り組みです。このような試みが是非とも全国に広がって欲しいところです。
その為にも3年間で良い結果がでるように祈りたいと思います。

今年の有田川は今のところ順調に天然遡上があるようですよ。

| | コメント (8)

Feed2JS

今日は良く降りましたね。
休みでも釣りにも行けず、やることがないので以前から参加していたEGINGチームのTEAM BLACKがセカンドステージ
として遊びの枠を広げたのでサイトのリニューアルをしてみました。
Black_logo

広げたと言っても遊びを増やしたわけでなくエギングの縛りを取っ払って鮎、渓流、メバリング、山菜、キノコ。。。と紹介していきます。

で、以前参加していたSASHのHPを管理していたときには大黒屋本舗さんのjsRSS++ v3.15を導入したのですが、スクリプトの修正や細かい設定があってスキルのない私には難儀しました。
それでもこれだけ便利な物があるのに使わない手はないと、再度噴気して今回は小粋空間さんのところで紹介してあった、Feed2JSを導入することに決めました。
Feed2JSとはrssフィードをJavaScriptに変換して(x)htmlに表示できるようにしてくれるフリーのツールです。
サービス版もあるようですが動作が重いらしく、今回はサーバーにアップロードして使うことにしました。

その前にRss Feedってなんだ?って方の為に
「Webサイトが更新情報などをRSS(RDF Site Summary/Rich Site Summary)形式のデータを提供すること。また、提供されたRSSデータ。
 RSSはXMLベースのデータ形式の一種で、サイト内の新着記事の一覧や個々の記事の更新日や本文の要約などが含まれる。RSSリーダーと呼ばれるクライアントソフトを使って受信する。RSSリーダーのみで複数のサイトの更新状況がわかるため、すばやく情報収集することができる。
 ブログでは標準でRSSフィードに対応しており、ブログの普及とともに一般のWebサイトでもフィードを提供するところが増えている。」
ってことです。

作業にもどしますが、そのサイトからファイルをDownloadし、サーバーにアップロードします。
(細かい所は各サイトで丁寧に説明してあるのでここではしません)
各フォルダとファイルのパーミッションを自分のサーバーに合わせて変更します。
ここで、Feed2JS の動作確認を行いうと一発で成功!! 
( ̄ー ̄)ニヤリ

後はbuild.phpを開くとこんなページが表示されるので項目を設定するだけです。
なんですが、ここで文字コードが固定だったためにスクリプトをちょこっと変更しました。

引数を渡すだけでUTF-8、Shift_JIS、EUC-JPの文字コードを切り替えられるように改造をしてみました。

まず、feed2js.phpの136行目あたりにある

$rss = @fetch_rss( $src );

を探します。

その下に、

$enc = $_GET['enc'];
if($enc == "euc"){
mb_convert_variables("EUC-JP","UTF-8",$rss);
} elseif($enc == "sjis"){
mb_convert_variables("SJIS","UTF-8",$rss);
}

を追加します。

これで、$encにeucを渡すとEUC-JPに、$sjisを渡せばShift_JISにコンバートされます。
渡し方は、生成されたコードに&enc=xxxと引数を加えるだけ。
これで文字化け無しでOKでした。(v^ー゜)ヤッタネ!!

以上で、メンバーのブログや自分のブログのフィードを読込むことができました。
出来上がったのがブラックのトップページにあります。
右端にあるのがそうなのですが、一番上はブラックの更新履歴になっています。
そうなんです、RSSフィードも配信するようにしました。
近いうちに本家でもRSSフィードを配信しようかと考えています。
あっ!!既に揖保川情報では配信してましたね(^^;

まだまだ色んな使い道のありそうなRSSですがもっと勉強しないとダメですね(^^;
しっかし、便利だわww

| | コメント (8)

特権

釣り人の特権と言えば出所がはっきりとした新鮮な魚を食べることができるってことではないでしょうか(o^-^o)
もちろん自分が釣ったわけですから産地偽装なんて心配はないわけです。

私は普段の食事では料理をすることはほとんどないですが、自分が釣ったり採取してきた物はほとんど自分で料理をします。
折角新鮮な物があるわけだし、命を奪うといった行為に対して生き物に失礼のないよう、旨く食ってやるのが礼儀と考えているからです。

で、昨日は潮干狩りとその帰りに手長エビを捕ってきたのでその料理の紹介です。
採取風景は「TEAM BLACK SS」のブログでどうぞ。
レシピとしては初めてですが、これからも機会があれば書いていきたいと思います。

「マテ貝の甘辛煮」
・マテ貝
・酒 1カップ
・砂糖 大さじ1
・みりん 大さじ1
・醤油 大さじ2.5
・生姜適量

マテ貝は砂をかんでいないので砂出しの必要はありません。
良く洗って貝が開く程度まで茹でます。(この時は半生でも問題ありません)
0412_003_2

ここからが手間なんです。ι(´Д`υ)アセアセ
今回は大きいものはバター焼きにしようと思ったので小さなものを使ったため今回は200ほど。。。
その殻を外すのが大変でした。
酒、みりん、砂糖を入れた鍋にマテ貝の身をいれて炊きます。
一煮立ちしてから醤油を入れ落とし蓋をして弱火で煮汁がなくなるまで煮詰めると出来上がりです。

0412_004_2


日持ちがするので大量に捕れたときにはお勧めです。


もう一品は「マテ貝と手長エビのパスタバター風味」

フライパンでマテ貝と手長エビをバターで炒めます。
火が通ったらいちど取り出して玉ねぎを炒めます。その時にエビの尖った部分を外しておきます。
全てをフライパンに戻し、茹であがったパスタを加えて軽く和えるだけ。
味付けはパスタを湯がいた時の塩味だけです。
おそらく皆さんはパスタを湯がくときの塩が少ないと思いますが、私は3~4%(海水の辛さ)で湯がきますのでこれで十分なんです。

0412_006

本当ならクリームソースとかが合いそうですが、私は生クリーム系の料理が苦手なんで。。。(爆爆

| | コメント (9)

ありえない

昨日はサルモサラーさんと今季初渓流の予定をしていたところ、メンバーのぱたさんも休めるってことでブラックのアラ4の3名で渓流釣りに行ってきました。
当初は揖保川釣行の予定だったのですが、解禁日に撃沈を食らったぱたさんの希望で目的地を変更。
まぁ、私は釣りが出来るのならどこでも良いですし、サルモサラーさんも快諾。
この時期には行ったことはないですが、日本海側の例の河川への釣行となりました。

04030010403002左のサルモサラーさんは誰が見てもフライマンですが、ぱたさんはルアーマンです。どう見ても鮎師なんですが。。。(爆爆
サルモサラーさんとは何度も一緒に行っているのですが、ぱたさんとは初めて(^^
面白いのは二人のフライ、ルアー、そして私が餌とテンカラで三人三様のスタイルなんです。
結果から言うとサルモサラーさんと私は撃沈(><)
時期的にフライでは難しいのは分るけど、餌釣りで釣れないのはあり得ないと思うのですが。。。
ルアーで釣れているってことは何か要因があるのでは?

さて、ここからは私の推測なのですが、この時期にこの河川へ行ったのは初めてで釣果的なデータはないですけど、釣れない、魚がいないと言ったことは考えにくいです。
ではルアーで釣れて何故餌釣りで釣れなかったのか?
気になたのは川鵜の存在です。
いままで何度も来ている河川ですが川鵜を見たのは初めてです。
それも上流の方でも潜って漁をしていました。
そうなると川鵜の黒い影に魚たちが怯えているのではないかってことなんです。それだから釣り人が近づくと魚達が隠れてしまうのではないのか?それで釣れないのでは。。。
そこで問題なのがルアーで釣れるってこと。
私が感じたのは魚に対してのアプローチが遠いってことです。それもありますが、ぱたさんの釣りはルアーマンでありながら渓流師の如くアプローチに気を配ってはりました。
最近の私は釣れる場所や一等地のピンポイントしか釣っていないので初歩的なことを意識しない内に忘れてしまっているのかも知れないと再認識しました。

推測と言いながら川鵜のせいにしてしまいましたが、釣り方によって釣れる釣れないがあるのでなんらかの要因があることは間違いのない事実ですね。

| | コメント (10)

遡上始まる

浜田井堰を見てきました。
090401
今年は大型に育ちそうですので仕掛けには注意してください。


2009.4月1日

| | コメント (13)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »