« AP-42 | トップページ | 香住ブラック »

鮎解禁!!

解禁とはいっても今年の場合は少し内容が違うものとなった。
今回は有田川アユ資源有効利用特別採捕の調査員としての友釣り解禁です。

本来「特別採捕」「試し釣り」と呼ばれるものの多くは、地元組合員で行われるのが通例です。
各漁協とも鮎の状態は好調でも解禁直後に冷水病で釣れなくなってしまう事態に悩まされています。
そんなことなら冷水病が発病する以前に解禁を向かえ一般の釣り人に楽しんでもらえないものだろうか?
それにはその時期に鮎がどのくらいのサイズに育って、またどのような場所、どのような掛かり方をするのか。といったことが分からなくては実施することもできない。
それには調査をし、多くのデータを集めて検討する必要があるってことで今回の一般公募での「特別採捕」となった訳です。
途中経過は聞いていましたし、普段から多くの漁協の関係者の方とお話をさせていただく機会が多いので、今回のこれを実施するには大変な準備とご苦労があった事だと思います。


今回参加された釣り人の中には例年よりも早く友釣りができるから。とか、単に友釣りがしたいからといった方もいたかと思います。
私は上記のような考えの取組に賛同し参加させてもらったのですが、こういった取り組みをして今後の河川環境、友釣りの未来を考えてくれる健全な漁協に対しては大いに頑張って欲しいものと考えます。
また、今年から向こう三年間は網も簗も休漁とし、親を残して天然遡上を再び蘇らそうといった試みにも取り組まれています。

さて、前置きが長くなりました。
今年は計5日間に置いて調査がされるわけですが、今回はそれの初日に当たります。
日高川でも同じようなことが行われていますが、その釣り人も含め全国で一番早く友釣りができるメンバーの中に入れた喜びは一入でした。
この背中を向けた方も例外ではありません。
0502_001

この日は50名弱の調査員で3か所に分かれて実釣が行われました。
私とメンバーは吉備橋~田殿橋周辺
最初に指定された場所は田殿橋下流の瀬で、玉石の浅い瀬となっていた。
見るなり掛からんだろ~なとは思ったものの、そこは調査、仕方ありません。
メンバーと、この筋しかないだろうと並び釣りを始めました。始めるなり皆、底バレ、ケラレの連発!!
針や仕掛け腕の問題ではありません。
天然遡上でまだまだ縄張りも持っていないビリ鮎が犯人なのですから。。。
一見してポイントには放流物が着きそうな場所はなく、少しでも遡上物のサイズアップを狙って試行錯誤しますが今回の短い調査時間の多くを費やしても10cmちょっとの鮎が2匹だけ。もちろん引き味も、鮎本来の香りなど有ろうはずもありません。
上流に瀬に向かったメンバーも戻ってきたところで、調査区域内を車で大きく移動し吉備橋の上流へ向かいました。
ここは頭大の石tも流れの変化もあるので期待がもてます。
下流の釣果が悪かった順にポイントを選択し。おのおの釣りを開始。
良さげなポイントには他の者が入ったので、瀬肩のシワから始めましたが、最初のパターンと同じでビリ鮎の反応しかありません。
吉備橋付近で良さそうな場所があるのですが、オトリが変わらないことには何ともならないと分かりつつもそこへ移動。15cmくらいの鮎が盛んにキラキラと食んでいるのですが、オトリを誘導しても無反応。
時間だけが過ぎて行くばかり。。。
再度上流へ戻りもう一度瀬肩で始めると、腹掛かりだが15cmが釣れた。
それをオトリに徐々に瀬落ちへと移動し、ビリを1匹追加。
メンバーが移動したので強い瀬の小さな場所の竿抜けにオトリを放り込むと目印がぶっとんだ。。。
16cmの黄色い鮎!!
ようやくスイカの香りのする鮎に出合えた。
時間も残り僅かなので余韻に浸っている暇もなく、同じポイントを探って同サイズを5連発!!
前半の苦労が報われたような気持で今回の調査を終了。

どこに当たるか分らない調査だが、良い場所に当たった人は50匹近く。
平均釣果は二桁に届いたと聞いています。
この時期は水温や日照が重要なポイントになるので、決して良いコンディションではなかったものの、全体的には良かったのではなかったかと感じました。
なによりも天然遡上アユの多さに関心し、その鮎達がかかり始める初夏を迎える頃が楽しみです。
ってことで今年の有田川は注目ですよ!!

|

« AP-42 | トップページ | 香住ブラック »

鮎・友釣り」カテゴリの記事

コメント

調査お疲れ様でした。
矢作川でも試し釣りが行われ、予想通り最上流の小渡が一番よく、下流に行くにつれダメだったようです。

まあ、私が行く下流部は天然がいい調子で上っているんで、試し釣りがダメでも全く心配してませんがw
8月からですw

投稿: 豊川巴 | 2009年5月 4日 (月) 20:26

調査お疲れ様でした^^
遡上は順調なのですね!揖保川も多いようですし、今年は全国的に遅れ気味ながら数は期待していいのでしょうか?
私もこの連休が終われば鮎モードに、、、、、、、

投稿: 吉良 | 2009年5月 4日 (月) 22:21

お疲れさまでした。
やはり未来のことを考えての取り組みは大切ですね!
しかし、短い時間ながら流石の分析ですね。非常に勉強になります。実は僕も申し込んだのですが、抽選漏れだったみたいで、この調査に参加出来なくて残念です。しかし、来週には地元の根尾川が解禁するので、地元で不満を爆発させます(笑)
ちなみに中部地区のいくつかの河川で昨年をしのぐ遡上情報が入ってきてます!!機会があれば是非こちらにもお越しください!

投稿: 金蔵 | 2009年5月 5日 (火) 01:50

ふーむ、
ホゲを期待してたんですけど、
流石に、ちゃんと釣ってこられたんですね(^o^)
私ならホゲ確定でしょうね(^o^;

投稿: 大阪のまな | 2009年5月 5日 (火) 02:46

>豊川巴さん
やはりどこの河川も初期は上流ですね。
天然遡上が良いようで羨ましいです。
当方もここ数年よりは少しマシといった程度ですが、無いよりは良いかなと思っています。
今年の終盤はそちらに行きたいと思っているので、その際はよろしくお願いします。

投稿: 渓人 | 2009年5月 6日 (水) 00:04

>吉良さん
大体は昨年に遡上が良かった河川は今年も良いようですよ。
若干遅れたかたちにはなりましたが、10日ほど前からあちこちで良い話が聞かれるようになりました。
例の県境の川も良く上っているそうで、その近隣の小規模河川も良いようです。
今年も北陸行脚しないといけませんなぁ(爆爆

投稿: 渓人 | 2009年5月 6日 (水) 00:07

>金蔵さん
抽選漏れでしたか。。。
残念でしたね。
最初は定員割れのような感じですが、後半に申し込みが殺到して倍近くの申し込みがあったようです。

川は見れば大方の察しが付きますが、瀬の中で良い色をしている場所などは鮎は見えないので、竿を出してみないと分りませんからね。

中部も良いと聞いてはいますが、日本海側も良く上っているようですよ。
楽しみですね(^^

投稿: 渓人 | 2009年5月 6日 (水) 00:17

>大阪のまなさん
ここで○を書くようでは、このサイトも閉じて友釣りも辞めますわ(爆爆
とは言うものの大した釣果ではありませんでしたけどね(^^;
ポイントを自由に選択できる解禁日などでは釣れることは間違いないと確信しましたよ。

投稿: 渓人 | 2009年5月 6日 (水) 00:20

そですか、○を書くようでは辞めます。って、いったい私は何回、辞めなければ、、、(撃沈;;

投稿: 大阪のまな | 2009年5月 6日 (水) 03:12

 有田の天然遡上大量、、、、何年か前に各名手が連日束釣り連発をされていた年がありましたね。
 今年もあれの再来になるのかな。

 さて、予定になかった釣りモノがポコポコ増えてしまった今季、未だ鮎の準備も取り掛かっておりません。
 鮎釣りを始めてからそんなことなかったのですが、それでも実際鮎釣りの記事を拝見すると鮎モードになりますね。
 まずは自己解禁の最初の週末に向けて針巻きを…

投稿: セキレイ | 2009年5月 7日 (木) 00:57

お疲れ様でした!

私も応募したのですが、希望日は落選してしまい、ゴールデンウイーク中は空きがあるとの事でしたが、行けませんでした…。。

それと…お誕生日おめでとうございます!

今年度も御活躍を願っております!

…そろそろ私は1回戦ボーイを卒業しなければ!!

投稿: 田舎の釣り師 | 2009年5月 7日 (木) 12:47

>大阪のまなさん

私がってことで。。。(^^ゞ

投稿: 渓人 | 2009年5月 7日 (木) 18:38

>セキレイさん
あの年ほどではないですね。
ただ、来年さ来年とは期待できるのではないでしょうか?

今回は珍しく何の用意もしないで丸々昨年の仕掛けでの釣行となりました。
私もそろそろ本気で仕掛けを作らないと。。。

投稿: 渓人 | 2009年5月 7日 (木) 18:40

>田舎の釣り師さん
希望日に漏れたのですか。。。
10日と17日は応募が多かったようですからね。

ありがとうございます。
年々おっさんになっていきますww

私が活躍するよりも、若い子の時代ですよ。
田舎の釣り師さんこそ頑張ってください。

投稿: 渓人 | 2009年5月 7日 (木) 18:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« AP-42 | トップページ | 香住ブラック »