« デジデジデジ | トップページ | 狩人 »

真夏の鮎釣り

今夜はこんな事を庭先でやりながら書いています。
旨そうでしょ(^^
鮎は炭火で焼くのが一番ですね。

0510dsc_0027

今日も有田川の調査員としてブラックのメンバーぱたさんと特採に行っていました。前回は場所と水温、鮎のサイズに泣きましたが、さて今回は。。。
場所は駅裏で、3日の調査の日に50匹近く釣れた場所なのです。
天候は晴れ、9時半のスタート時の水温は18.5度と絶好のコンディションです。\(^0^)/

瀬の中段に入りオトリを送るなり目印がぶっ飛ぶアタリ!!
良型の鮎が竿を曲げてくれますが、ぜんぜん浮いてきません。あれ?あれ?巨大ウグイ?あまご?
10mは付いて下がった所でゴミに絡んでプツン(><)
でかかったですわ。。。

気を取り直して2匹目の養殖を送り出して、速攻でオトリ交換に成功!!
入れ掛かりとは行かないまでも時速10匹ペースで掛かってきます。一通り釣ると口掛かりが多く、ハリスの長さを調節したり、針の種類を交換したり。。。
それ以上に悩まされたのは浮き石に流れて絡んだ藻でした。長い物では2m近く、それも一番良さそうなポイントに絡んでいます。釣れてはそれに根掛かり、釣れては掛かり。。。
その度に川へ入るので場所が荒れてしまう。
少し移動して瀬尻の平瀬を仕掛けを交換して泳がすとぽんぽんと掛かります。
前回と違って今日は14~17cmと私の好きなサイズの連発で、魚もすべてがマッ黄々です。
0510p1030025

ぽろぽろと掛かりはしますが、今回別で来た大阪の友人が直ぐ下流で私の3倍のペースで入れ掛かり中。
0510p1030009

この時期には釣れないであろう場所です。
これはヤバいと彼の探った後ですが、彼とは違った仕掛けを貼り釣り始めるとほぼ同じようなペースで釣れます。
それも瀬肩のチャラ瀬でです。
ヘチでは鮎がギンギンギラギラやってるのがまる見えで、オトリを泳がせていくと海産特有のアタリが出ます。
昼前辺りからは風が出来て釣り辛くなりましたが、この時期に自分の好きなパターンで釣りができたのとキレイな鮎に巡り合えたことに感謝。
0510p1030036

天候と水温の違いでこうも違うものかと、分かってはいても再認識した今日の釣りでした。

|

« デジデジデジ | トップページ | 狩人 »

鮎・友釣り」カテゴリの記事

コメント

ええなぁええなぁ・・・。^^;

しかし、これだけ釣れる可能性があるなら解禁を
早めては・・・という声も聞こえてきそうですね。

投稿: サルモサラー | 2009年5月11日 (月) 08:06

お疲れさんでした。
それにしても釣れる鮎は追い星のまっ黄色の鮎ばかろでしたね~。5日間空いてた事も天気も全て条件が揃っていたからこそでしょうね(^^♪
今回はポイント選択や仕掛けでもかなり勉強になりましたがまさかこの時期に真夏のパターンがハマるとは(驚)
いや~、えがった!えがった!!

投稿: ぱた | 2009年5月11日 (月) 09:22

かなり美味しそうですね!!

やっぱり塩焼きは炭火でじっくりが一番ですね☆
しかも、マッキキの鮎を見るとさらにウズウズしてきます(>_<)

今年は、密かにモテるためではなく鮎のために肉体改造を頑張っています(笑)

投稿: 田舎の釣り師 | 2009年5月11日 (月) 12:25

美味しそうーーeye
匂いが漂ってきそうです・・鮎はまだ手を出してないんですが
食べるのは大好きです!
鮎の透明感のある写真いいですねー
夏が来るっ!て感じがします・・まだ5月だけどねー

投稿: やまもも | 2009年5月11日 (月) 18:54

数もサイズも結構良い感じですね。
完全に魚が出来上がってるじゃないですか。
ただ、解禁後しばらくして黄色い鮎が抜かれた後がどうなるかの方が気になりますけどね。

本日の矢作川の解禁は、帰りに釣具店で聞いたところ高水白川状態でパッとしなかったようです。
初期の高水は水温も下がるし、正直打つ手なしです・・・・・・・・
タルミを狙うくらいかなぁ・・・・・・・・

とはいえ、試合でそういう条件もあるんで、何とか克服しないと行けないとは思うんですけどね。

投稿: 豊川巴 | 2009年5月11日 (月) 20:04

 とても解禁2週間目の鮎とは思えないような姿ですね。
 冷水病が出ずこれが順調に成長していくのが、一昔前の姿だったんでしょうねぇ。
 言っても詮無いことですが、土地の古老(?)が「昔は鮎が簡単に釣れた」というのが羨ましくてなりません。

 今年も冷水病予防、釣り人のマナーと考えて地道に行います。

投稿: セキレイ | 2009年5月11日 (月) 20:42

何ですのん?
昨年の写真でっか?(^o^)

早くも二回目ですね、みんなの妬み祟りまっせ(爆
うーん、(´;ω;`)ウウ・・・ラ・・山・・C

投稿: 大阪のまな | 2009年5月11日 (月) 21:13

>サルモサラーさん
やっぱり天気ですね。
3日に我々が入った場所(後半)も良く釣れたみたいですよ。

年波にもよりますが、今後の調査では早い目の解禁も有りなのではないでしょうかね?

投稿: 渓人 | 2009年5月12日 (火) 07:19

>ぱたさん
情報と釣った感じを分析するとあのサイズの鮎はあそこから動かないようですね。
小さめの天然遡上は移動中のようですが、今回釣れたサイズは天候によって瀬に入ったり瀬肩に出てきたりしているような感じがしました。

しかし、真夏パターンの釣りができるとは思いませんでしたね(^^

投稿: 渓人 | 2009年5月12日 (火) 07:23

>田舎の釣り師さん
旨かったですよ~。
やっぱり水分が無くなる寸前までカリカリに焼くと甘みが増して最高ですね。
これで、約1時間かかってます。
でも今回は生きたままの糞だしが出来ていなかったのでめっちゃ苦かったですわww

投稿: 渓人 | 2009年5月12日 (火) 07:28

>やまももさん
是非、友釣りも始めてみてください。
センスがおありなんで直ぐに上達されると思いますよ。

ほんと、この時期にこんな良い目をすると感が狂ってしまいますわ(^^;

投稿: 渓人 | 2009年5月12日 (火) 07:30

>豊川巴さん
この海産がいつの生まれなのかが気になるところですが、本当に見た目は出来上がっているといった感じの鮎です。
掛かり方は、追っては来ていますが縄張りを形成しての追いではなかったですね。
釣られた鮎のすぐ傍には同じサイズの鮎がいっぱい見えていたので、翌日でも同じような条件でも損傷なく釣れそうに思いましたよ。

投稿: 渓人 | 2009年5月12日 (火) 07:35

>セキレイさん
解禁二週前ですね(^^;

そう、私も年配の方には良く聞く話です。
私が友釣りを始めた頃でさえ湖産鮎を放流してある河川はボコボコでしたからね。
あ~!!懐かしい。。。

投稿: 渓人 | 2009年5月12日 (火) 07:41

>大阪のまなさん
キレイな鮎でしょ(^0^
出掛けんといけませんわww
やっぱり機動力ですね。

投稿: 渓人 | 2009年5月12日 (火) 07:43

めちゃくちゃ釣れてるじゃないですか!!
羨ましい・・・・(⌒_⌒;
岐阜は散々です(笑)
やはり釣れる場所行かないといけませんね?反省です

投稿: 金蔵 | 2009年5月12日 (火) 20:53

>金蔵さん
根尾川はダメでしたか。。。
長良の下流も解禁でしたよね?

数は50匹ですが実釣時間は短いので、良く釣れたと思います。
地元の河川が釣れてくれるのに越したことはないですが、釣れる河川に行くのが正解なんでしょうね?

投稿: 渓人 | 2009年5月13日 (水) 05:33

コメントなどで関わるのは初めてでしょうか?若輩者ではありますがコメントさせてくださいね。京都のメタボさん!?のところでいつも拝見させて頂いております。
すばらしい鮎が掛かってますね。どうも腰が重く動きが鈍かったんですが、それを見るとさすがに自然と体が準備にかかってしまいます♪有田川も飛躍的に復活できることを毎年願っていますので、喜ばしいことですね。海産のアタリ、待ち遠しいです^^

投稿: よっちき | 2009年5月16日 (土) 22:31

>よっきちさん
いらっしゃいませ。
私も予想外の釣果で喜んでおります。
数的なものではなく全てが真っ黄な鮎だったことなのですが、多くの方がこの画像を見て真っ黄になったようですww
鮎に限らず色々と書いていますので、またコメントを残してくださいね。

投稿: 渓人 | 2009年5月17日 (日) 00:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デジデジデジ | トップページ | 狩人 »