« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月の6件の投稿

8本イカリ

0_004_r800

比較的、鮎師の読者が多いブログですから、なんだ?って感じではないでしょうかww
時期が早いのか釣り具屋になかったので自作してみました。
それがコレ

0_005_r800

で、これ

0_016_r800


アオリの虐待ではないですよ。
ジンドウイカですww
昨夜は太刀魚に怯えて全ヤル気なしって感じでした。

| | コメント (12)

尺鮎

朝晩、めっきり涼しくなりました。
川や田んぼの土手には彼岸花も咲き、鮎も終宴を迎えようとしています。

0918_034_r800

明日からシルバーウィークで5連休の方も多いのではないでしょうか?
8月の多水で揖保川の鮎もずいぶんと減った感がありますが、少ないながらも良型が出始めています。
そこで、連休に揖保川へお越しの皆さんへ耳寄り?な情報です。

数はさておき良型の鮎、それも尺が出そうなポイントを紹介します。

先ず山崎の蛇岩ですが、ここはちょっと自信がありません。
増水前も目立って釣れていませんでしたし、本来であれば8月の後半から掛かりかけるのですが、増水で状況が変わったようです。
しかし、橋の上から尺近い鮎を確認しましたので居るのは間違いないです。

0902_063_r800

続いて中国道下流
ここは先週に29cmが出ています。
国道より下流は色が悪そうでしたが、深淵から差し上がって来るのではないかと思います。

0918_001_r800

マテ岩
こんな大石はありましたっけ?
川相がずいぶんと変わったようですが、ここも可能性があります。

0918_033_r800

この上の大トロも気になるところですが。。。

0918_031_r800

盗人
本日、32cmクラスの鮎を目撃しました。
それに近い鮎も数本泳いでいたのですが。。。

0918_015_r800

0918_017_r800


丸石
良い色をしてしてました。
岩盤の溝に潜んでいそうな感じがします。

0918_027_r800

藪下
釣り人は居ないですが鳥が多くいるので鮎がいるのは間違いないでしょう。

0918_006_r800

消防署前
ここも増水前の8月頭に29.5cmが出ていました。
28cmクラスはコンスタントに釣れています。

0918_024_r800

住宅前
つい最近も尺鮎が出たようです。

0918_025_r800


ざっと可能性のあるポイントはこんな感じですが、釣果を保証するものではありません。
他にもピンポイントで釣れる場所も何カ所かありますし、増水で拡散された分どこで釣れるか予想が難しい部分もあります。
大鮎に負けないタックルで揖保川の尺鮎と勝負してみてください。

| | コメント (26)

3本イカリ

私は日頃から友釣りで使用する針は4本イカリのみで、形状はストレートタイプや早掛けタイプを好んで使います。
それが今年の鮎はストレート系よりもシワリタイプの針が良かったのです。
この針の形状や号数、ハリスの長さや硬さといったものはその年によって傾向がありす。そしてその中でも自分の釣りに合った組み合わせもありますね。同じ銘柄の違った号数ではダメなのです。
これは極端な話かもしれませんが、針の形状、号数の違いで1~2割ほどの釣果の差が出てきます。
それにいち早く対応できないとその年の釣果は伸び悩んでしまいます。

さて、何故タイトルの3本イカリかです。
先週の土曜日に正月の甘露煮用の鮎を大量に釣ろうとブラックメンバーと行ってきました。
訳あって河川名は伏せますが、ちっちゃな鮎が大量にいる河川です。
小規模河川で渇水のために流れはチョロチョロ

これは以前に撮影したものなので、当日はこれより15cmほど水が少なかったです。

0807_003_r

縄張り鮎は少なくほとんどが遊び鮎なんです。その追わないビリ鮎を如何に掛けるかが今回の課題でした。
そんなことから前日に巻いた針はマイクロ5.5号、0.33mmと細くオーナーのシワリ系ではもっとも小さな針です。
これを普段は巻かない3本イカリで巻いてみました。
理由は軽さと追わない鮎のためにアタリが弱く、刺さり重視に考えました。これをザイト 鮎トップハリス フロロ0.8号の長ハリス髭付きで巻きます。

これは縄張り鮎ですがサイズはこれと同じ10~13cmです。

0905_005_r800

0905_016_r800

当日は思ったよりも渇水でカワシオクサの繁茂もいたる所に見受けられます。鮎も前回よりははるかに少なくなっています。しかし、一目で500や600匹の鮎は見えますし少しは大きくなっているようでした。
瀬には藻が繁茂しているために鮎は入っていないと判断。堰堤下の溜りから岩盤の瀬肩にかけてのポイントに入りました。流れはありますが、流れと言えるものなのかどうか。。。?
この河川は基本的に岩盤底でそこに小石が所々に入っているといった川相です。河原には頭大の石も多く転がってはいますが、水の中にはそれらはありません。

鮎を観察すると見える縄張り鮎は全体の5%ほどでしょうか?
とりあえずオトリを泳がせて針の状態をチェックします。さすがに5.5号の3本では根掛かりも少なそうですが、針が浮いている感じでもありません。
群れの中に入ると間もなく掛かりました。
それからは飽きない程度にぽろぽろと掛ります。午前中は3時間半で40匹
この時点でベストなハリスの長さは尾びれから5cmでした。


午後からは別の場所を見に行きましたが良くなかったので30分ほどで午前中のポイントへ戻って釣りました。
メンバーにポイントを譲っていたので群れが出てくる一カ所だけを譲ってもらい針の研究。
流れがあれば一角ライトの4本のパターンを多用するのですが、先に言ったように今年はシワリ系が有効なんで試してみたのは
マイクロ5.5号3本
マイクロ5.5号4本
一角ライト5号4本
普段は流れのある鮎が見えない場所での釣りをするのが殆どですし、釣ってしまえば状況が変わります。
ここのように釣っても釣っても状況はほとんど変わらず、鮎のサイズも同じです。
何よりも激浅、流れもほとんどなしってことと間近で鮎を見ることができるのでこれ以上の条件はありません。
ただ、魚が小さいので普段使いの針のデータ収集は不可能。。。ってか使うことが出来ませんね。

結果から言うとやはりマイクロ5.5号の3本に圧倒的な歩がありました。
4本だとバレる以前にケラレの連発です。
追いがなく交通事故的に針に触れるだけです。とんどの場合4本イカリは2本の針が触れるので刺さり込まずに野鮎が違和感を感じ体をくねらせただけで外れます。
他の鮎はこの異変には気が付きませんし、オトリへのダメージもありませんので、そのまま泳がせていると10分ほどで7回もケラれました。
このような中でようやく掛かっても抜く際に空中バレです。
今度は同じ場所を3本イカリで釣るとほぼ出し掛かり状態。

このような状況を目の当たりにすると、追いの弱い時や群れアユが多いような場所では3本イカリのパターンも考えないと駄目ですね。
昨日は残った針で安曇川でもこの針を通して試してみましたが、やはり掛かりは良かったです。
 今回は小針でのテストなので、小針だと4本で組んだ場合は針先の間隔が非常に近いです。
これが号数を上げた時に針先の距離が広がった場合は違った結果が出るかも知れませんね。
違いを再認識しましたので残るシーズンで色々と試してみることとしました。

小さい鮎を釣って面白いか?といったご意見もあるでしょうが、これで成魚ですし良型が同一条件下で釣れる場所などありませんからね。
何より私はつくづくビリ鮎釣りが好きなんだと再認識しました。

0905_041_r800

最終的に私が朝と昼を合わせて釣った場所は7mほどしか移動をしていません。
その移動もほとんどが掛かり鮎を引き船に入れるための移動でしたww
メンバーは
18・20・20で昼から参加のセキレイさんは20匹で、このセキレイさんには私の針を使ってもらいました。
確かに技術的な差はあるかも知れませんが、他のメンバーが僅差なのに対してトリプルスコアになってしまうのは、針も含めて何かが違うのでしょうね。


| | コメント (25)

シリーズ「新生 揖保川」part2

今回は清姫橋(清野橋)より下流のレポートをしてみたいと思います。
災害時にレポートをしたようにここ清姫橋を挟んで上下の崩壊した国道では急ピッチで復旧作業が行われています。

清姫橋上流
近年枯れていた左岸の分流が復活しました。それによって瀬肩が広くなり釣り難くなったように思えます。
流れ的には大きく変わった様子はありません。

0902_151_r800

清姫橋下流
増水以前は橋上の瀬落ちで釣り場は終わっていましたが、大きな石が流されてきたことにより瀬が出現し60mほどポイントが増えました。
トロ場とトロ場に挟まれた瀬なんてヨダレものですね。

0902_150_r800

オアシス前上部
国道側のちょろちょろ流れが復活し、川が広くなりました。
しかし、堰堤が崩壊しているので直してしまえば流れが変わりそうです。

0902_211_r800

オアシス前下部
流れが三筋になっています。
私的にはこのような変化の追い流れが好きなんですけどね。
もともとここ数年はあまり釣れなくなっていた場所なので、期待したいところです。

0902_210_r800

ナガサワ裏上部
上部の中州が広くなって左岸の流れが細くなったようです。
右岸分流の頭にあったテトラ群が中段まで団体で流されてきてます。
ここの上も道路が大きく崩壊しているので、オフシーズンに復旧作業が始まるとまた変わるかも知れません。

0902_145_r800


ナガサワ裏中部
右岸の岩盤の瀬が細くなり左岸の流れが太くなったように感じます。
しかし、左岸の流れは岩盤がむき出しとなってしまった個所もあります。

0902_146_r800

ナガサワ裏下部
ナガサワの岩盤の瀬落ちから洞門までは、埋まって詰まって平坦な流れとなってなってしまいました。

0902_116_r800

0902_115_r800

与位の洞門
同門の瀬落ちはとんでもなく掘れて底が分かりません。
釣り場としては完全に死んでしまいました。

0902_101_r800

0902_102_r800

井ヶ瀬橋下流
ここも洞門より掘れた個所が続いています。
そっと釣れば良い釣り場だっただけに残念です。
掘れれば埋まった個所もあるので、今回は見に行けてませんがお茶尻の瀬が良くなっているかも?

0902_111_r800

法華上部
流れが細くなりました。
その分、深く掘れています。

0902_091_r800

法華下部
大きな変化はありませんが少し流れがほ細くなったでしょうか?

0902_081_r800

今回のレポート個所は本流では危害が大きく、川も変わったポイントが多かったです。
どちらかと言うと釣り場が減ったように感じました。


| | コメント (2)

踏むほどの鮎

0903_033_r800

ねつ造ではありませんww

渇水になると鮎が走り回るので、たまたま足の裏に突っ込んできたといった感じです。

もちろん踏んではいますが踏むほどは残っていません。

自身二度目の鮎を踏みました。

前回は本当に踏むほどいた庄川でしたが、まさかここで踏むとは(;´▽`A``

| | コメント (4)

シリーズ「新生 揖保川」part1

大増水後の揖保川
上流では工事のために時間帯で濁りは入りますし、ダムが濁っているために完全には澄んでいませんが、渇水になってきたのでようやく変化した川相を見せてくれるようになりました。
今後、不定期になるとは思いますが、シリーズでお送りしたいと思います。

揖保川釣り場画像はしばらくそのままにしておきますので、アングルが違った場所もありますが、増水前と増水後を見比べてみてください。

きさか橋上流
若干川幅が広くなったようですが、変化がなくなってしまいました。
しかし、川底は大きな石でおおわれたので来年は良い漁場になるかも知れませんね。

0902_202_r800

きさか橋下流
下流側も大きな石が出てきましたが、流れの変化が少なくなり左岸の分流が死んでしまいました。
画像最奥の竹藪付近には復興の重機が川の中まで入っているので作業が終わるまでどうなるかは分かりません。

0902_203_r800

安積吐き出し
瀬落ちの深かった良い漁場は埋まってしまいました。
しかし、放水口も埋まってしまっているので今後は重機が入ると思われますので、ここもどう変化するか楽しみ?です。

0902_206_r800

安積橋下流の東西の流れは現在復興作業中なので画像は省きます。

曲里の出合いとその下流
若干トロ場が埋まって大きな石が見えます。
以前よりは良くなる可能性がありますね。

0902_190_r800

流れも川相もほとんど変化していませんが、つまった砂礫の瀬肩は浮き石となって良くなったように見えました。

0902_188_r800

イチカン裏
三方川東の合流付近の瀬肩辺りから洗屈がみられます。

0902_208_r800

潤賀橋までの間の死んでいた平瀬に大きな石が出てきたので期待が出来るかも知れません。
代わりに橋の真上は子砂利が堆積して浅くなってしまいました。

0902_209_r800

潤賀橋上流

0902_184_r800

潤賀橋下流
大きな石も見えますが砂礫が堆積しつまっているように見えます。
染河内との出合いがどうなっているかは近くに行ってみないと分かりません。
橋のすぐ下流に見える鉄の塊はブルドーザーのバケットでしょうか?

0902_186_r800

農協裏
堰堤下の良く釣れていた深みは姿を消してしまいました。
鮎の着き場が変わるか?

0902_182_r800

瀬肩の変化が少なくなり流れも左岸際が強くなってしまいました。
右岸の分流はほぼ以前のままの形と水量を保っているようですが大きな石が入って河川床は上がったように見えます。

0902_173_r800

画像にはありませんが、ゴウロの頭の瀬肩は全体に広がって深い筋がなくなり平坦な流れとなってしまいました。

名畑 板橋上流
小さな変化はあると思いますが大きくは変わっていません。

0902_166_r800

板橋下流
川幅が狭くなった気がします。
濁っているので川底の状態は不明ですが、薄っすらと見える範囲では良い石が見えました。

0902_165_r800

| | コメント (4)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »