« シリーズ「新生 揖保川」part1 | トップページ | シリーズ「新生 揖保川」part2 »

踏むほどの鮎

0903_033_r800

ねつ造ではありませんww

渇水になると鮎が走り回るので、たまたま足の裏に突っ込んできたといった感じです。

もちろん踏んではいますが踏むほどは残っていません。

自身二度目の鮎を踏みました。

前回は本当に踏むほどいた庄川でしたが、まさかここで踏むとは(;´▽`A``

|

« シリーズ「新生 揖保川」part1 | トップページ | シリーズ「新生 揖保川」part2 »

鮎・友釣り」カテゴリの記事

コメント

流石に踏む程いても、本当に踏んだ経験は無いですわw

カレイなら小学生の頃、近所の海に飛び込んだ際にケツの下に敷いてしまい、そのまま捕獲した事があります。

あ、そういえば俺の従兄弟はシーバス釣りに行って、ウェーディングしたらエイ踏んで病院送りになったことが(爆)

投稿: 豊川巴 | 2009年9月 3日 (木) 21:00

o(*^▽^*)o本当に踏むほど鮎が・・・
安曇川で一面の鮎を見ましたが、踏みはしませんでした。(笑)
私も踏んでみたいです。(爆

投稿: オレンジ隊員 | 2009年9月 3日 (木) 21:01

>豊川巴さん

十数年前に岐阜のどこだったかは忘れましたが、大きなオオサンショウウオを踏んだことがあります。
あれにはめっちゃビックリしました(^^;

投稿: 渓人 | 2009年9月 4日 (金) 10:01

>オレンジ隊員さん

たしかに安曇川も踏めそうですねww
ヘチにオトリ缶を浸ける時には鮎を追い払わないと浸けることが出来ませんから。。。(爆

投稿: 渓人 | 2009年9月 4日 (金) 10:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シリーズ「新生 揖保川」part1 | トップページ | シリーズ「新生 揖保川」part2 »