« 普通救命講習 | トップページ | 2009鮎 総括 »

竿の手入れ

早くエントリーしないとと思いつつ今日になってしまいました。
と、言いますのも私自身が納竿したのに竿を仕舞ってなかっからにほかなりませんww

さて、一年間お世話になった竿ですが普段の釣行では帰ってからバラして干しているだけです。
シーズン終了にはシーズン中の汚れを綺麗に洗ってなおしておきます。
手入れの仕方ですが、表面は一般の食器用洗剤を使って洗います。内部は傷がつくといけないので水を通すだけで十分です。
よくすすいだのちに余分な水分を拭き取り、倒れないように立てかけるなどして4~5日自然乾燥します。


R800001

そして組み上げて来シーズンまで仕舞っておきます。
よく、ワックスをかけてから仕舞う人がいますが、ワックスはシーズン開幕時にかけたほうが良いです。

そのワックスですが釣り具メーカーなどから色々と発売されていますが、私はカーワックスを使っています。
一口にカーワックスといっても色々とありますね。
勿論、研磨剤が入っていないのもを選んでください。
本来ワックスというものは油脂成分でできているものを言います。カルナバロウなんて言葉を聞いたことがあると思いますがあれはパラフィン(ロウ)なんです。
私がいうワックスはポリマーコーティングのことで高分子ポリマーとは「ロウ」などの油脂成分に依存することなく100%化学物質の高分子(ポリマー)を塗装表面に被膜形成または結合させるものです。
ですので、今の竿の塗料には相性が良いようです。
そのポリマーの中でもフッ素、珪素、テフロン樹脂などがありますが、珪素(シリコン)が良いらしいです。
最近は無塗装の竿もありますが同じようにシリコン系のワックスを使っています。

最近はそうそう竿も買えないので大切に使いたいですね。

|

« 普通救命講習 | トップページ | 2009鮎 総括 »

仕掛け・道具」カテゴリの記事

コメント

すごい数の竿ですねぇ(^^;)

竿のワックス掛けといえば、ジョイント部分はどうされていますか?

私は、ジョイント部分だけ掛けずに残していましたが、雨天使用での固着が頻繁に発生するD社鮎竿を愛用してますので、逆転の発想から固着してもハズしやすいようにワックスを掛ける様になりました。

固着防止剤なるものがあるのを最近発見しましたが、どのようなものかわからず、鮎竿に使えるようなものかどうか?

いまさら、こんなコトで悩んでるの私だけですか?? 

投稿: Woowa | 2009年11月 1日 (日) 15:31

同上・・・ 何本あるんすか!!(゚ロ゚屮)屮

僕はボナンザを使っているんですが、ジョイント部は外して使っています。ジョイント部に塗るとすっぽ抜けると聞きましたもんで・・・

投稿: もも | 2009年11月 1日 (日) 16:06

私が使用している竿は、アンサンドフィニシュですので1番,2番と元竿はシーズン前にボナンザ処理・・・
回転重宝には、ボナコート・・・
ラインには、Lコートと、ハイテクLコートを使用・・・!!

ボナンザの手先ではございませんww

投稿: とんちんかん | 2009年11月 1日 (日) 18:03

私は継ぎ目のみ通常の亀山ロウソクですw
銀影競技はボナンザとは相性が悪い(塗装が痛む)ようなので、他のワックス剤も控えて水洗いのみにしています。
一応フッ素樹脂塗装のようなのでそれでOKでしょうね。

投稿: 豊川巴 | 2009年11月 1日 (日) 18:40

>Woowaさん

バラしてあるから本数があるように見えるだけですよww
もちろん込みの部分には塗りません。
http://kaito-net.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_7f12.html
でエントリーしたようにロウを塗っています。
私も固着防止剤は手にとってみたことはないですが、やはりパラフィン系なんでしょうか?

なんでも疑問に持つことはよいと思いますよ。
私も初歩的なことで疑問に感じることはあります。でも、そのような時は必ず調べて解決するようにしています(*^-^)

投稿: 渓人 | 2009年11月 1日 (日) 21:32

>ももさん

これの他に使わなく(使えなく?)なった竿も多数ありますww

本数がある時にボナンザは乾くのが早い?ので拭き取りに難儀します。
ですので量の割には安いカーワックスを使っています。
成分は同じでも釣り具用品は何故こんなに高いのでしょうね(^^;

ロウを塗っても同じように中落ちし易くなります。
伸ばす時にちょっとしたコツがいりますね。

投稿: 渓人 | 2009年11月 1日 (日) 21:38

>とんちんかんさん

いや、まわし者に違いない!!(爆爆

投稿: 渓人 | 2009年11月 1日 (日) 21:40

>豊川巴さん

致命傷になるようなことはないでしょうが、やはりノンワックスでは持ち運び時に起こる目に見えないような小傷が気になりますね。
D社専用のワックスはパラフィン系のようですね。

投稿: 渓人 | 2009年11月 1日 (日) 21:43

まだしてない~
やっと落ち着いたので来週あたりにでも掃除しますわ
竿の固着ですがいまだに経験が無いのですけど^^;」

投稿: ぱた | 2009年11月 1日 (日) 22:53

 同じくまだしてない~
 道具は大事に使わないと…

投稿: セキレイ | 2009年11月 1日 (日) 23:52

一時、カーワックスには凝ったことがありますが、
車の輝きを出すにはやっぱカルナバロウですね。
アメリカのシュアラスターが(それも一番高いヤツね)が
最高です。ただし、日持ちは全くしませんが。^^;

が、竿に輝きはあまり必要ないですから機能重視
(撥水、滑り)でいうと化学系の商品になりますよね。

なかなかコンパウンドを含まないものを探すのも一苦労
しますが、ロッドに使うだけじゃ殆ど減りませんから、
自分の車と兼用に・・・と、思って買いますが・・・。^^;

しかし、いくらコンパウンドを含んでいなくとも、溶剤系
(石油系)の溶液となってるので、竿の塗装を侵さない
か少し気になったことはあります・・・。^^;

投稿: サルモサラー | 2009年11月 2日 (月) 11:48

私もまだ玄関に置いたままです(^o^;
鮎缶・引き舟に至っては玄関の軒先に置いたままです(>o<)

投稿: 大阪のまな | 2009年11月 2日 (月) 22:27

参考になりました。

スキー用のが沢山あるので、成分見ながら色々試してみます。(^^)/

矢作川で2箇所固着して、チョ~長いままの竿と雨の中格闘した経験を持つ私は、固着に縁が無いヒトがうらやましいです。(^^;)


投稿: Woowa | 2009年11月 3日 (火) 18:05

>サルモサラーさん

銘柄はなんだっけかな?
どこかに転がってはいると思うのですが。。。(^^;
最近は気合を入れて洗車するような車に乗っていないので竿だけにしか使いませんわ。
確かに量は多いですが、ボナンザ等なら全然足らないのですww

投稿: 渓人 | 2009年11月 3日 (火) 21:58

>セキレイさん
>大阪のまなさん

話題的に遅かったかと思いましたが、皆さんまだ仕舞われてなかったようですねww
竿は普通の方であれば数年使えますので、きちんと手入れしておいてくださいね。

投稿: 渓人 | 2009年11月 3日 (火) 22:01

>Woowaさん

やっぱりBRIKOでしょww
スキーワックスも試したことはあるのですが、あまり良くなかったような印象しか残っていません。
逆にワックスについては知識があったために、オールスノー用でも+20℃の表示であるがためにそれ以上の温度になる夏場はどうなんだ?って話です。
それに、最近のワックス(特にスタートWAX)にはフッ素やらなにやらが配合されているのでその辺りの影響が判りません。
使うのであればベースWAXが良いかと思いますが、やはり普通のロウソクが無難なような気がします。

投稿: 渓人 | 2009年11月 3日 (火) 22:16

やっぱ、カメヤマ工場のがイイんですね。(^_^)


じゃあ、渓人さんの過去ログ参考に実行してみます。(^^)/

投稿: Woowa | 2009年11月 5日 (木) 14:03

元気?ようやくかたずけたようやな。こっちは、とうに終わってたから、でも長良川でまだ魚が残っているみたいで、網で取った魚をおとつい、取りに行ったよ・・・。まあ元気そうで何よりです。

投稿: ぴろぴろ | 2009年11月10日 (火) 17:37

日本的な人気と信頼を得ています。
安心、安全にお届けします
価格、品質、自信のある商品を取り揃えておりますので、
当店の主要な経営のブランド:ヴィトン シャネル ロレックスなど.
当店は主に経営する商品:かばん.バッグ .財布 .キーケース. .腕時計など.
日本には無い商品,日本では高価な商品,弊社のない商品,取引先を代理して製造会社を連絡することができる.
弊社長年の豊富な経験と実績があり.輸入手続も一切は弊社におまかせできます.ご希望の商品を責任を持ってお届けします.
当店の商品は特恵を与える。興味あれば、是非ご覧下さい
財布、腕時計、バッグ一品市場
正規品と同等品質のコピー品 https://www.watcher00.com/

投稿: 正規品と同等品質のコピー品 | 2020年7月 5日 (日) 06:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 普通救命講習 | トップページ | 2009鮎 総括 »