« ゴルァ!! | トップページ | ピンポイント »

なつ~!!!

P1130126_r


 少しエントリーが遅れましたが、17日に梅雨明けが発表されました。
いよいよ暑い夏の始まりですが、今年の梅雨の雨量は予想に反して多かったです。
過去の統計と比べてみても上半期の雨量は平均値を大きく上回るものでした。

 この雨が我々友釣り師にもたらせたものは?

増水の為に遅れに遅れていた揖保川の2次放流が明日から始まります。
ここ1カ月ほど揖保川では釣り人を見ることは少なくなりました。本流に関しては解禁からほとんど見かけません。
無理やり?大会で使った本流でも釣れないことをアピールするが如くの釣果に終わっています。
私自身も年々揖保川への釣行回数が減っていますし、大会が無ければ更に減ることは間違いないです。
あれほど栄華を誇った揖保川はどこへ行ってしまったのか。
冷水病・河川環境の悪化等のマイナス要素を差し引いたにしてもこれほど釣れない原因はどこにあるのだろうか?
ほとんど冷水病が出ない夢前川ですら今年は出てしまいまった。
他所の河川で病気が出ても然程気にはならないが、地元で出てしまうと非常につらいものがある。
それを思えれば揖保川の理事や組合員はどう考えているのだろうか?
病気に強い鮎を研究し放流しても毎年同じことの繰り返しであることは誰に聞いても同じだと思う。
もちろん、海産鮎の事をおろそかにしてはいけないのは頭においておかなければならないのだが、どうせ死んだり、釣れないのであれば湖産種苗を放流すれば良いとさえ思い始める。
その前にアユが棲める河川であるのかどうかが大きな問題なのだが。。。

ともかく、鮎シーズンも中盤になり梅雨明けとともに水温も上昇します。
各河川では多様の変化が見られるでしょうが、最終的にはどの河川が釣れることになるのか楽しみですね。

|

« ゴルァ!! | トップページ | ピンポイント »

鮎・友釣り」カテゴリの記事

コメント

今年の放流河川は軒並み好調でしたが、結局尻すぼみになってますね。
こちらでは付知しかり、振草しかり・・・・・・・

後期放流のタイミングでこれからまた楽しめるかもしれませんが・・・・・・・・
それをしなくてもそこそこ楽しめる程度に釣れるようになるといいんですが。

投稿: 豊川巴 | 2010年7月19日 (月) 18:58

昨日、揖保に行ってみて再認識しました。(..;)

まあ鮎の居ないこと居ないこと。

揖保川だけの原因ではないでしょうが、これじゃあ新規に
鮎釣りを覚えよう・・・という人間が居なくなるのもわかる
気がしますね。釣れない鮎釣りほどおもしろくないものは
ないですもんね。

もう少し、真剣に鮎をとりまく状況を考える必要がありますね。

投稿: サルモサラー | 2010年7月19日 (月) 19:07

>豊川巴さん

初期が好調だったのは安定して水温が低かったからではないかと思うのですが、どうしても気象条件に左右されてしまうようになってしまったのが問題なのでしょうね。

投稿: 渓人 | 2010年7月19日 (月) 20:40

>サルモサラーさん

よく、揖保なんかに行かれましたね(^^;
う~ん。。。
真剣に考えても行きつくところは同じで、なかなか解決しない問題でもありますね。

投稿: 渓人 | 2010年7月19日 (月) 20:43

馬瀬川上流、復活元年!・・・になることを祈っていますf^_^;

投稿: もも | 2010年7月19日 (月) 21:22

>ももさん

馬瀬川嫌いの私にも釣れるようになってくれればと祈ってますww

投稿: 渓人 | 2010年7月20日 (火) 00:59

長い梅雨が明けたら一気に猛暑ですね。。。
それにしても暑いこと^^;

本日から2次放流が行われるんですね!
8月以降は楽しい揖保の鮎釣りができそうですなぁ。。。

京都の川は相変わらず厳しいですわ
釣る方は釣っておられますけど(汗)

投稿: ぱた | 2010年7月20日 (火) 06:29

>ぱたさん

さて、8月1日に間に合ってくれるかが問題なんでしょ?

投稿: 渓人 | 2010年7月20日 (火) 06:53

本当に難しい問題ですね。

美山川の場合は観光産業と直結しており、旅館などが成魚放流を許してくれないので初期の稚魚放流のみ一発勝負しかできません。
美山ブランドに多くの人の生活がかかっているので必死で出来る事を探してやってますが、自然相手で何が正解なのかわかりませんね。

苗鮎による差は釣ってきて池に放してある鮎を見ていても極端にあります。池の中でも縄張りを持って追いまくっているのは湖産と日高川の初期に大きかった顔が細い鮎の2種類だけです。一応ハリに掛かってきた鮎ばかりですが、他は中層を泳いでいます。

釣れる年も釣れない年も、漁協関係者は同じように頑張っています。毎年苦労が報われるといいんですが・・・。

投稿: Woowa | 2010年7月20日 (火) 08:40

人工産・湖産から海産の掛かる割合が増えていく様が好きだったな~。さぁ、中盤以降はどこの川に照準を合わせていこうか思案中です。それが、また楽しいのですが、いつも通りやったりして?(笑)

投稿: きゃぷてん♪ | 2010年7月20日 (火) 09:27

1日?
もちろんですけど10日間でどう変わるのかがねぇ~^^;
初期放流された鮎も今回の放流で顔を出すでしょうしサイズが読めませんわ
場所によりデカイのも釣れているようですし。。。

投稿: ぱた | 2010年7月20日 (火) 10:24

私は古き良き時代の揖保川で鮎釣りを覚え、現在に至っています。揖保川が好きです。根本的な対策を望む・・・

投稿: とんちんかん | 2010年7月20日 (火) 10:57

ご無沙汰です。
先日、釣具店に止っている渓人の車を見ましたよ。
その後は河川敷きに移動されたようですね。しばらく拝見していました。
私の家の裏も、釣り客はみませんね。

投稿: やおめ | 2010年7月21日 (水) 10:55

>Woowaさん

美山川と揖保川の体制は大きく違うでしょうね。
一漁協が管轄するには流程も水質環境も違いが大きすぎます。たとえ券が2枚必要になったとしても上流漁協と下流漁協に分ければ少しは改善されるかもしれません。
それでも鮎達の環境は改善されないでしょうけどね。

投稿: 渓人 | 2010年7月21日 (水) 20:49

>きゃぷてん♪さん

さて、私もどこへ行こうかな?
今年は初期から日本海側が賑わっていたようなので期待薄かも知れません。
やっぱり滋賀でしょ(爆爆

投稿: 渓人 | 2010年7月21日 (水) 20:50

>ぱたさん

15か25じゃないですか(爆爆

投稿: 渓人 | 2010年7月21日 (水) 20:51

>とんちんかんさん

根本的な対策ってなんでしょう?

投稿: 渓人 | 2010年7月21日 (水) 20:52

>やおめさん

お久しぶりです。
解禁してから川筋の釣具屋には行っていないので人違いではないでしょうか?
やおめさんの家の前はちょいちょい通ってますがww

投稿: 渓人 | 2010年7月21日 (水) 20:55

後ろに貼られた「渓人」のステッカーを見て、てっきり!と
その車は年に1,2度見かけるのですが、別の方なのですね。
申し訳ないです。

投稿: やおめ | 2010年7月23日 (金) 13:10

>やおめさん

そうなんですね。
ネット上には読み方こそ違いますが渓人さんが多くいらっしゃいますが、兵庫県内でステッカーを貼った車は見たことがないですね。
まぁ、渓流をする者であれば考えつく名前ですからね。

投稿: 渓人 | 2010年7月23日 (金) 17:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴルァ!! | トップページ | ピンポイント »