« 川遊び | トップページ | おっ!!これは!! »

ムカムカ!!!

今期初?
試合でもなく漁師でもないプライベート釣行です。
これが完全な消化不良になってしまいました。
釣れるのは釣れるのですがトラブル連発というか課題が山盛りというか。。。

サルモサラーさんが盆休みに爆ったとの情報で行くことにしました。
とんちんかんさんとパオパオで待ち合わせし、わき道に逸れて大屋川の正垣電気(オトリ店)へ。
釣り場に着いたのが8時過ぎ。早々に着替えて河原へでる。

P1130198_r


オトリ屋の水と川の水温差が大きく水合わせに時間がかかる。
竿はSPECIAL GRANDEL90
糸はメタル0.05
サルさんが一角が良かったってことで6号から始める。
瀬の中ほどから始めるなり秒殺で1匹目( ̄ー ̄)ニヤリ
顔掛かりで出目金となるが泳ぐのでそれを送り出して。。。

。。。

。。。

。。。

掛りませんが?

10分後に待望の2匹目が。。。

ロケット発射!!

5分後

テポドン発射!!

7分後

ノドン発射!!

当然のようにここまでに鈎の種類は交換しています。
身切れが止まりません。
平瀬なので掛った魚も止まりません。
たまに追いのキツイ鮎もいるのか鈎が折れるしハリスは飛ぶし。。。
3本錨へ交換しなんとかロケットは減りましたが、依然として4匹に1回くらいはあります。口掛かりも多くどうやら縄張り意識が薄いようです。釣れるポイントを探し求めて瀬尻まで下がり日陰の入れ掛かりポイントを見つけるが流木に絡んで3どんぶり(ノд・。)
この川はいつも濁っているので水深が1mもあれば沈んでいるものがあっても見えません。

 午前中までに19匹と掛けているのは掛けていますが数がぜんぜん増えません。
場所替えも考えましたが、鮎はいますし納得がいかないのでこのまま続けます。
どうやら水温が高すぎて縄張りを持っていないのであろうとの結論と、メタルでダメだったのでナイロン0.175号での止め泳がせに変更しました。これが功を奏したか朝に始めた場所で5連発しかし相変わらず身切れです。
ここでプロトの7.5号3本を投入!!身切れはなんとか止まりましたが、たまに釣れるチビだと即根掛かりです。
この時水温は29℃
完全に石を離れたようで川底は見る見る曇ってきます。唯一掛るのは深トロからの瀬肩のみです。
少しは水温が低いのでしょうか?水温計で計ってみると底と表層は2度も違います。
瀬肩だけは曇っていないので粘りますが、追ってはこないので掛りは悪いです。

掛る×トラブル×掛る×トラブル。。。
流石に頭も体も疲れたので4時半でギブアップしました。
13~23cmでアベレージは19~22cmを48匹と釣果的には悪くはないのですが、水温が下がったら必ずリベンジしてやる~!!!

こんな感じでもたまに掛る背掛かりの鮎の引きの強いこと!!
平瀬なので止める場所もなく一旦下がるとどこまでも下がらなければなりません(^^;

P1130204_r


つんととがった鼻に精悍な顔立ちモデルのようなプロポーションにピンと尖って深く切れ込んだ尾びれ。。。
姿形も釣り味も天然遡上鮎は最高ですね。

あっ!!最終的に合った鈎はプロト7.5号3本と一角ハイパー7号3本でした。
得意のイニシアブロンズ6.75号はこの瀬では少し軽かったようでした。

|

« 川遊び | トップページ | おっ!!これは!! »

鮎・友釣り」カテゴリの記事

コメント

こりゃまた珍しいくらいのトラブルデーですねぇ^^;
それで48匹?
ちなみにちゃんと掛けた鮎を取り込んでいたら何匹残ってたのやら(笑)

まっ、これからある大きい大会の前に厄落としが出来たのでは?
しかしトラブルがこれだけあっても楽しそうに感じるのはオイラだけでしょうか(爆)

投稿: ぱた | 2010年8月18日 (水) 22:50

トラブルは消化不良になりますよね。
自分が原因のトラブルでも、不運なトラブルでもテンションが下がります。
で、集中力も散漫になり、トラブルがトラブルを呼ぶ悪循環にはまっちゃいますね。

高水温は避けては通れませんが、辛いものがありますよね。
変な話、プライベートなら水温の低い川に行きゃ済む話なんですが、試合だとそう言う訳にもいきません。
今度の豊川の試合も高水温との闘いになるのは確実なので、川見がいつも以上に重要になってきます。
豊川は特に最初の1本を失敗するとリカバリーは難しく、過去にも私を含め多くの選手がオトリ2匹とも死亡で終了の憂き目を見ていますわ。

投稿: 豊川巴 | 2010年8月18日 (水) 23:30

お疲れ様でした。(^^)

私んときは、今にも雨が降りそうな曇り空でしたから
状況が少しは良かったのでしょうか。ハメ掛かりが幾度となく
ありましたから。サイズはさほどでもないですが、ポイント
形状と鮎の素性もあって良く引いて楽しいですね。

あと半月ほど後の方がいいのでしょうね。(^^)

投稿: サルモサラー | 2010年8月18日 (水) 23:38

こちらで水温を気にするのは低水温で活性が悪いなんてときくらいだけですね。
(病の危険水温は今年初めて気にしましたが。)
高水温でも活性が下がるのですね、鮎も熱中症ですかねf^_^;

投稿: もも | 2010年8月19日 (木) 00:05

人の何とかは蜜の味!
バレですか?( ̄ー ̄)ニヤリ

7.5でも太軸ならもっとバレが減っていたかも、、
でも止まらないでしょね、10号太軸なら止まりますよ( ̄ー ̄)

結局はようさん釣ったはるので参りますわm(_ _)m

投稿: 大阪のまな | 2010年8月19日 (木) 04:27

>ぱたさん

たらればはいけませんが、トラブルなしだと+27匹です。
自分でもトラブルと書いてはいますが、原因が分かっていて対処しきれなかったことで消化不良なんですよね。
でも、パワーのある天然アユと早瀬でやり合うのは面白いですね。

最終のBカップをここでやりますか?

投稿: 渓人 | 2010年8月19日 (木) 09:34

>豊川巴さん

結果として身切れはトラブルなのかもしれませんが、昨日の状況の鮎に対して対処できなかったのが悔しいですね。

ここ数年は釣行してませんが、この時期の揖保川の下流部もこのような水温です。
トロ場で釣ってればもう少しトラブルも少なかったかと思いますが、辛気臭いのでトロでの釣りはしませんねww

投稿: 渓人 | 2010年8月19日 (木) 09:38

>サルモサラーさん

曇り空とお盆の台風での気圧変化で良く追ったのでしょうね。
こんな変化を目の当たりにすると、やはり自然の力を感じます。

淵にはどっさり居そうなので条件が整ったらリベンジしてきます。

投稿: 渓人 | 2010年8月19日 (木) 09:41

>ももさん

そちらでこの水温はありえませんね。
河川にもよりますが28℃前後でなわばり行動をしなくなります。
32℃を超えると鮎は死ぬと言われますがこれが本当なのかどうなのか?
大体からして30℃を超えるにはド渇水ですから酸欠の場合も考えられますね。
夢前川でも31℃を超えて鮎が酸欠で目を回し川中で拾いまわったことがあります。

投稿: 渓人 | 2010年8月19日 (木) 09:45

>大阪のまなさん

楽しそうですね。。。
釣っていてまなさんのブログが一番に頭に浮かびました(爆爆

投稿: 渓人 | 2010年8月19日 (木) 09:46

(ρ_-)o
渓人さんでも負の連鎖する時ってあるんですねぇ
対象しきれなかったのは持ち合わせがなかったからですか?

お盆に実家で半日づつすぐ裏のポイントに入りましたが17ー8ー9と日に日に貧果
(ρ_-)o
大量バラシでも
半束ですか…流石ですねぇ~
(*^ー^)ノ
天然遡上のある河川が羨ましいです

投稿: 組員T | 2010年8月19日 (木) 12:25

オトリ殺しのとんちんかんです(爆)昨日はありがとうございました。 さて!?次回はいつ出撃しますか・・・? 九頭竜鳴鹿堰堤上流用タックルでリベンジやぁー!!引きまくってオトリ殺しまくりますよ・・・平水以上の水位なら恐ろしいことになりそうですね。9月になれば27cmクラスが出そう・・・・・

投稿: とんちんかん | 2010年8月19日 (木) 13:28

>組員Tさん

これは原因が分かっているので負の連鎖ではないと思うのですが?
どんな鈎を使ってもそんなに変わらなかったのではないかと思います。

投稿: 渓人 | 2010年8月20日 (金) 22:43

>とんちんかんさん

これはこれは、オトリ殺しのとんちんかんさん(爆爆
しかし、漁師には向いていませんな~(^^;
急瀬の竿で玉を常着で引きたくったら面白いかもしれませんね。

投稿: 渓人 | 2010年8月20日 (金) 22:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 川遊び | トップページ | おっ!!これは!! »