« 遠征 | トップページ | 第41回報知オーナーカップ »

下見

 今年の益田川は解禁より水が高く釣りに入れる日も少なかったようで情報が乏しかった。
本当ならもう少し早くから下見に入りたかったのだが、増水の為に3日前からの益田入りとなった。
益田川に到着すると水位は50cmほど高い。
予報ではずっと晴れなので本戦の頃にはマイナス水位になるはずだが、果たしてしっかりと下見が出来るのだろうか?
例年のごとく師匠と大金さんと川見に入る。
1日目は飛騨川大橋下流

P1130141_r


今年は増水で2次放流が遅れたためにまだ掛るような状態ではなく群れている様子。
瀬尻のフクロからそっとオトリを送り出すと2次放流物の入れ掛かり!!やはりこの辺りに群れているようで同じパターンの場所を釣りながらくまなくポイントを探っていく。
淵の突っ込みで良型の鮎がポロポロと掛るが大きすぎて抜けない。。。
横で見ていた師匠が「曲がりが変や竿が折れるぞ!!」そう言えばPTソリッドのままだった(^^;
午後からは穂先も交換し体育館の前に入る。運動公園の橋の下から始めるが25・6cmの鮎が入れ掛かり。穂先を変えただけで楽勝で取り込みができるww
釣れる場所は限られておりポイントを外すと非常に厳しくなりそうだった。
夕方まで釣って13~26cmを28匹とまずまずの感触。

 2日目は朝霧橋下流
左岸のホソは釣れるのは間違いなので、釣れそうもないチャマ淵付近から始めるが、一番探ってみたい場所には一般の釣り人が。。。
瀬肩のチャラにはハミ跡があるものの反応はなし。時間帯で上流の淵から出てくるのだろう。
右岸の柳付近を見ておきたいのだが一般の釣り人がそれを許してくれない。せめて色だけでも見ておきたかったのだが、仕方なく繋ぎの瀬を探ってみる。
ここで良型がくればガンガンに吸い込まれてしまいそうだが仕方ない。
手前の筋には食った痕があるものの反応はなく、ど真ん中のタナにオトリを入れると即23cmが掛り、それを持って下流に下る。
歩きながら川底を見るが釣れそうな気配は無い。
合流付近まで下がると下見やら一般の釣り人で竿を出すスペースもなかった。右岸の分流に魚が入っているかだけをチェックして左岸の分流へはいる。
そこには上西、森岡両名がチャラを立て竿で釣っていた。「似合わんな~!!」と声をかけ情報交換?本当はほとんどが世間話ww
分流を歩きながら見ていくもここも場所ムラがありそうな感じだった。
途中から中州に出て再度、チャマ淵の瀬肩をチェックしに行ったが例のおじさんはそこで頑張っていたので、先ほど釣れた場所で釣ることにした。
同じタナで4本入れ掛かりし最後は大きなウグイを掛けてキャッチミスで仕掛けを切ってしまった。
午後からは通称「トマト」2ブロックの頭となる部分へ移動した。
1ブロックから続いて大きな石がボコボコと頭を出し、その中を水が流れるといったポイントを絞りにくい場所だ。
本流側のヘチに良い筋があるので釣り上がるがどこも単発で一カ所では数がでないし、2次放流物も全く掛らないので頭を抱えてしまう。
集中力も途切れ釣りも雑になってきたので川の中を歩くのみの下見になった。

3日目(大会前日)
いつものことだが前日には竿を出さないことにしている。
護岸や橋の上から下見の選手の動きや一般の釣り人がどこに入っているかを見て竿抜けや試合時に自分がどう動くかを予測するためだ。
もっとも大きな理由は前日に自分に釣れる鮎を釣ってしまうと試合で全く釣れなくなるからだ。過去にそれでなんどコケたことか。。。ww
そうは言っても遠征の経費を稼ぐためにエリア外で竿を出すことにした。
エリア外と言ってもドリーム戦が行われる場所で既に旗も立っていた。釣れる場所は分かっていたが護岸から見えない場所に釣りに入る。益田入りしてから50cmは水が下がっただろうか?ほぼ平水になっているのでどこでも竿を出すことが出来るようになった。ヘチの垢も腐り釣れる場所がハッキリと見えるようになってきた。
ここぞという場所では釣れるのだが魚がデカイ!!!(最大27cm)
人が密集すると取り込みに苦労するのは間違いないだろう。

下見で感じたのは
・鮎ができ上がっていない
・2次放流物が落ち着いていない
・カワウに怯えている
・場所ムラが多い
・日に日に水位が下がるので鮎の状況が刻々と変わる
・泳がすより引いた方がよい

後はくじ運のみ

|

« 遠征 | トップページ | 第41回報知オーナーカップ »

トーナメント」カテゴリの記事

コメント

今年の益田初日に28匹は流石です
m(_ _)m
警察署裏はかなりシビアですよねぇ
分流入れなかったら撃沈ですねぇ(泣)
しかし渓人さんがまさか…って思いました
(ρ_-)o
しかしドリームではしっかりと釣ってますね!
おめでとうございます!
来年こそは必ず
('-^*)/
来シーズンは渓人さんに代わってヘタな私が沢山プラに入って少しはお役に立てる様に頑張ってみます…なんて
(*^-^)b

投稿: 長良鮎釣組 組員T | 2010年8月11日 (水) 08:20

益田川では、本当にお世話になりました。m(_ _)m

試合だけでなく、下見や居残り残業でも少ししか掛ける事が出来ず、技術不足を痛感しました。(>_<)

また、渓人さんと同じ舞台に立てる事を目標に頑張りたいと思います。(^_^)v

投稿: Woowa | 2010年8月11日 (水) 09:18

下見の内容に驚愕です(@_@;)
数日前~前日にかけてのプラの方法なんか勉強になりますね~
でもそんだけ日に日に水位が変わり鮎の着きどころも変わるなんて頭が痛くなりますやん(汗)
それにしても凄いですわ!!

続きが楽しみです(^^♪

投稿: ぱた | 2010年8月11日 (水) 10:12

>長良鮎釣組 組員Tさん

下見ですし漁師も兼ねていたのでチビは確認のみでパスしましたけど数を伸ばすならもう少し釣れていたと思いますよ。
ただ、日に日に釣れる場所が変わるので困っちゃいました。
分流は短い竿を持っていたのでどうでもなると思ってましたよ(^^)v

投稿: 渓人 | 2010年8月11日 (水) 14:09

>Woowaさん

はい、お世話しました(爆爆
でも、1回戦の勝ちっぷりは見事でした。
あのメンバーに勝つは並大抵ではダメだということが分かられたと思います。
しかし、予選を勝ち抜くことのできる技術はお持ちなので来年もあの舞台でご一緒しましょう。

投稿: 渓人 | 2010年8月11日 (水) 14:13

>ぱたさん

こんなものテキトーに書いてます。
詳しく書くと手の内がバレちゃうじゃないですか(爆爆
次回またゆっくりと話しましょう。
所で俺たちの祝勝会はないのかな?

投稿: 渓人 | 2010年8月11日 (水) 14:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 遠征 | トップページ | 第41回報知オーナーカップ »