« 泳がせ釣り その2 | トップページ | 泳がせ釣り その4 »

泳がせ釣り その3

 さて、オトリを沖に泳がせていくために誰にでもできることが2点あります。
釣法や技術といった難しい事柄ではなく、仕掛けの段階で簡単にできることと、常に気をつけていれば行えることを紹介します。

 先ずひとつめが仕掛けによってオバセをつくる事が出来るということです。それには今よりも手尻を長くすることです。
自分の仕掛けを思い出してください。竿の全長に対して仕掛けはどれくらいの長さですか?
天井糸・水中糸の長さはこの際関係ありません。仕掛けの全長です。
手返しが悪い。掛った時に鮎が抜けないなんて言うのは二の次です。沖に泳いで行って鮎が掛らなければそれらの問題は起きないですからね。

図で見れば一目瞭然です。

Ayu4

 同じ竿の角度であれば長手尻の仕掛け(図左)の方が糸フケによって手前からのオバセが効いているのが分かります。
逆に手尻が短ければ穂先でオトリを引いてしまっていますね。やはりこれでは泳いで行き難いです。
私は泳がせの際には幾ら鮎が大きくても最低40cmの手尻(竿尻からハナカンまで)をとっています。20cmまでの鮎であれば抜ける事が出来るギリギリの60cmまで伸ばします。
抜けないサイズの鮎(25cm以上)では逆に1m~一ヒロとる場合もあります。
如何に泳がせ釣りに於いて手尻の長さによるオバセが重要なのかが分かってもらえるでしょう。

 もう一つはオトリが穂先付近に行くまでに立たないということ。
誰しもオトリ交換の際にはしゃがんでいると思います。
しかし、多くの釣り人はオトリを放った途端に立たれるか竿をたててしまっています。それでは図の右側と同じで沖から引っ張っていますので泳いで行ってはくれません。
特に渇水でのチャラ瀬では座って釣るのが場所も荒らしにくいですし、自分の影も落ちないので野鮎が安定して釣れます。
ですから私は手尻をとった上で更にこのようなスタイルで釣ることが多いです。

チャラ瀬で釣っている画像ですが、この時は正座して釣っています。

46990925_orgv1283569945_r

それともう一つ。
これは私自身あまりやりませんが岸近くで釣っている場合であれば自分が5~6歩下がってみるのも一つの手であるという事を付け加えておきます。

※おまけ
手尻が長いと鮎が抜けないという方にこんなのはどうでしょう。
掛った鮎を抜く時にはどうされているでしょうか?
 ハウツー本ではタモを持った手を竿に添えて三角を作り、その三角から見とおすように鮎を抜く。
なんて書いてありますよね。確かにこれだと抜いた時に真っすぐに飛んできますし、引き抜きの基本です。
しかしそれでは手尻が長い場合は鮎が水面を切らずに抜く事ができません。
以前にも何度も書きましたがタモは後抜き(鮎を飛ばしてから抜く)です。やり取りも引き抜きも片手でこなします。
さて、そこでこの図を見てください。

Ayu6

どうです?
今回初めて計測してみたのですが私の身長で35cmの違いがありました。
両手で抜いている人が片手で抜く方法にすれば、あと20~30cmは手尻を伸ばすことが出来るって事にはなりませんか?

更に手返しが不便だと思っている人は竿を担いだ時の竿尻の長さを確認してみてください。
二の腕から竿尻が30cm以上も出ているようであれば改善の余地があります。
普段の私は5~10cmとギリギリです。
意識してそうなったのではないですが、知らず知らずの内に便利なように体が調整していったのだと思います。

さて、次回からはいよいよ本題に入りますが、まだ自分の中ではまとまっておりません。
続く。。。

|

« 泳がせ釣り その2 | トップページ | 泳がせ釣り その4 »

鮎・友釣り」カテゴリの記事

コメント

ふむふむ、やはり手尻の長さが重要ですかφ(・ω・ )メモメモ
来シーズンから現時点から倍の40cmで練習しようと思います!
タモの後抜きもダイエットしないと厳しいっすねf^_^;

投稿: もも | 2010年9月 9日 (木) 15:41

誰にでも納得のゆくと~っても分かりやすい解説ですなぁ
(^O^)/
ただ一つ?
25センチ以上の場合は2段抜きとゆう事ですか?
後?
体の歪みとは釣ってる姿勢ですか?
骨ですか(?_?)
マジで整体行かなきゃ(爆)

投稿: 組員T | 2010年9月 9日 (木) 17:52

なるほど!良く分かります。
私の得意は、後ずさりですね(笑)!!
鮎が動かないなら、自分が動け!
鮎が動くなら、自分は静かに!
をして・・・・・・みたいな(爆)!!

投稿: オレンジ隊員 | 2010年9月 9日 (木) 19:05

手尻を短くした方が操作がしやすいと長い間思ってきましたが、今シーズンから平均20~30㎝くらいに伸ばしてみました。(*^ー゚)b

浅い場所では逆に操作しやすく、引き抜きに関しても竿が曲げやすくなった分だけ早く抜けるようになりました。(^^)/

ただそれ以上長くすると、トロ場に立ち込んだ状態で良型鮎が掛かった時には、自分の竿では鮎を水面から浮かすことができませんでした。目印同様に場所によって手尻もマメに変えるようになったのは、実は今年からです。(^_^;)

投稿: Woowa | 2010年9月 9日 (木) 19:18

私は何処でも立ったままですわ、
釣れなくて石に座ることがありますが、まあ殆どは 座る→寝る なんですけど、、(^o^;

どうしても釣れない時に、
淵尻で立つと鮎が出てこない時は引き舟に座りますが、
基本は他の釣れるポイントで立って釣るですね(^o^;

糸の処理は流れに糸を流すか、付け糸を口で銜えてます、
昔の当たり前の光景ですわ(^o^;

投稿: 大阪のまな | 2010年9月 9日 (木) 19:32

私自身は基本が泳がせ釣りのため、手尻を35cm~40cm程度出していますが、私の仲間は手尻ゼロですね。
メタル+ソリッドの組み合わせで、オバセは無し~小さめで、穂先で吊り下げるような操作をしている人が多いです。
いわゆる穂先泳がせというやつでしょうか?

釣り方を考えると、必然的に手尻は短くなりますよね。
元マスターズチャンプの釣りを見れば一目瞭然でしょう。

というか、ナイロンやフロロで泳がせ釣りをする人は、私以外はあまりいないんですが(爆)

寒狭川や巴川といった石の大きい渓流相の川が多いため、根ズレ対策でメタルが主流になり、広く泳がせるより一定の範囲をウロウロさせるような泳がせ方に長けた人が多いです。

ま、私が変化球と言われるのはこんな所からかもしれませんね。
明らかに他のメンバーと方向性が違ってますから。

なお、送り出す際は、竿をなるべく低い位置に持つようにしています。
手を真下に伸ばし、なるべく竿尻が水面近くになるようにしていますね。
後は竿尻ではなく短く持ったり、座ったり、魚が沖に向かい走り出すまで水中糸をつまんでいたり、場合によっちゃオトリを足や手で脅かしたり(爆

色々やってますわ。

投稿: 豊川巴 | 2010年9月 9日 (木) 20:15

>ももさん

いや、手尻の重要性は前からいってるし~ヾ(.;.;゚Д゚)ノ

ベルトを少し緩めたらどうですか?
あっ!!ウエストがないから落ちるのか(爆爆

投稿: 渓人 | 2010年9月10日 (金) 02:05

>組員Tさん

ありがとうございます。
これからどんどん難しくなります。。。。私が(;;;´Д`)ゝ

2段抜き?なんですかそれは(^^;;
抜けない鮎は引き寄せか、すくい込みをします。
それに大きな鮎に対して手尻を伸ばすのは、奴らは少々の抵抗では泳いでくれないので思いっきりオバセを効かせたいからなんです。

歪みですか?
骨格自体が歪んでいる場合もありますが、突き上げた竿が必ず傾いているハズです。
もしくはタモ・穂先・鮎が直線になっていない場合です。
更には2匹の鮎が流れに流されている時に強引に抜きに行っても同じような事が起こりますね。

投稿: 渓人 | 2010年9月10日 (金) 02:12

>オレンジ隊員さん

後ずさり。。。(爆爆

オレンジ隊員さんにぴったりな方法があります。
泳がないオトリの手前を足でガサガサっとやってきださい。
途中で泳ぎがとまったら石を放ってください(爆爆

投稿: 渓人 | 2010年9月10日 (金) 02:15

>Woowaさん

手尻が短いと操作しやすいのは実際そうだと思います。
ただそれは人間側からのことであって、鮎には優しくないですね。

そう、手尻が短いと掛った時に一瞬遅れるんですよね。
その辺りを皆さんご存じないのです。

トロ場で抜ける竿。。。
サンテック1本逝っとく?(爆爆

投稿: 渓人 | 2010年9月10日 (金) 02:19

>大阪のまなさん

どこでも立ちっ放し。。。
ま~お元気( ´艸`)プププ

昔は手尻が長いのが当たり前でしたもんね。
逆に今の若い鮎師は引き抜きばかりで、引き寄せて釣るし込みなんてできないようですよ。
竿を思いっきり曲げてタモを片手に運動会をしてますわ(爆爆

投稿: 渓人 | 2010年9月10日 (金) 02:23

>豊川巴さん

それって、ナイロン長手尻よりメタルツンツンの方が釣れるってことですか?
今夜も営業妨害かよ~!!

塩蒔いといてやる(#`皿´)/゜°。゜。°゜

変化球だったのですね。
それでストライクゾーンをかすらないのか( ´艸`)プププ

投稿: 渓人 | 2010年9月10日 (金) 02:29

なるほどなるほど!
∑( ̄口 ̄)
竿の傾きですかぁ
そう言われてみれば…
(=^▽^=)
渓人さんでも引き寄せるんですね!
確か益田の大会前日に27センチを釣られてたんで、長手尻で寄せても付け糸までは遠いし、水中糸を摘んだら切れそうな気がして2段抜きしたのかと…
2段抜きとは郡上の漁師が荒瀬から抜き上げる時に掛かり鮎を一旦浮かせて、その後バウンドしないようにもう一度勢いをつけてタモまで飛ばして来る抜き方なんですが!
今では長良川でもほとんど見られませんねぇ(泣)
竿の性能も糸の太さも釣り人も…それに長良川自体も変わってしまってそんなポイントも無くなってしまいましたからねぇ
(/_;)/~~
確か昔の郡上竿扱ってた名人達は1メートル以上の手尻でバンバン抜いてましたから手尻の長さは重要なんですねぇ
(*u_u)

投稿: 組員T | 2010年9月10日 (金) 06:30

まあねぇ、泳がせよう・・・と思って足下で放してもなかなか
泳がないのに、誤って囮を逃がしてしまったら、一目散に走って
行ってしまいますが、そういう風に泳がせられないものですかね。(爆)

投稿: サルモサラー | 2010年9月10日 (金) 08:37

トップシークレット情報有難うございます。


一点教えて下さい。

オバセの量とテンションを教えて下さい。

水深や流量 風 にも影響されると思いますが、自分がオバセで泳がすと、エビになってしまう事が多いんです。

オバセが多いのも分かっていますが、どの程度がベストなのか教えて下さいる

投稿: やまよし | 2010年9月10日 (金) 11:19

>組員Tさん

私はなんでもやりますよ。
取ってナンボですから何でもかんでも抜けば良いものでもないでしょうし、竿にも優しいと思います。
今の竿で2段抜きなんてやると折れそうですね。

益田川のチャマ淵で掛けた27cmは抜きましたがアルペンの瀬で掛けたものは1本は獲りましたがそれをオトリに使った時はブチ切れましたww

投稿: 渓人 | 2010年9月10日 (金) 15:58

>サルモサラーさん

だから出来るだけ繊細な仕掛けに拘るのですよね。

これはやってはいけないとは思うのですが、水中糸を繋がずにハナカンから先だけで泳がせて、掛ったくんずほぐれつの鮎を何らかの方法で取り込むってことは昔からやられていたようで、よく獲れるそうですよ。

投稿: 渓人 | 2010年9月10日 (金) 16:02

>やまよしさん

ここで答えるのは簡単ですが先に書いてありますのでパート6?7?まで位待ってください。
基本的にそのパートで書いてあることだけに質問していただければ有難いかと。。。(^^;

投稿: 渓人 | 2010年9月10日 (金) 16:04

先ほどから、泳がせ位置の基準が穂先となっていますね。ここには特に関心をよせてませんでしたので、気にしてみます。でも、私もポイント(朽木などでは対岸の50cm手前付近まで)に入るまでは、座っています。これは、沖に行かせる以上に自分の姿を隠す意味合いのほうが高かったりしてました(爆)爆)

投稿: きゃぷてん♪ | 2010年9月14日 (火) 13:22

>きゃぷてん♪さん

朽木などでは特に急な動きをしない限り大した影響はないと思いますよ。

投稿: 渓人 | 2010年9月14日 (火) 20:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 泳がせ釣り その2 | トップページ | 泳がせ釣り その4 »