« 群れ鮎 その四 | トップページ | も~嫌!! »

群れ鮎 その五

 今日は第2回下野CAP決勝大会が行われています。
1回戦は予選通過者(25名)、前年シード(3名)、テスターバトル勝者(8名)の36名で3ブロックに分かれて行われます。
通過者は各ブロック4名で、2回戦も3ブロック各4名から1名が勝ち上がって3名での決勝戦です。
さてさて、しっかりと下見をして釣れるポイントに入れたか2回戦まで駒を進める事ができたか。。。
5日前に書いていてもドキドキワクワクしてます。

 私は日ごろから見釣りが大好物だと言っています。
この場合の見釣りはほとんどが群れ鮎・遊び鮎と対峙しています。釣りながらだと一日中見ていても飽きませんし、時間帯によって群れ鮎でも色んな行動をしているのに気がつきます。
ほぼ一日中中層をフワフワしているもの、気が狂ったように餌を食んでいるもの。黄色い単独の鮎のくせに追いを見せないもの、突然暴れ出して群れ鮎をつれてどこかへ行ってしまう大馬鹿ものと色々です。
 こうやって見えていれば飽きることもないですし、我慢のしようもあります。
では見えない群れ鮎はどうするか?
瀬の中であったりチャラでは波気があるのでほとんどの場合は見る事ができません。そんな時はごく普通に上飛ばしの泳がせ釣りをします。
この時に重要なのは目印の変化です。急にスピードが速くなったり、目印が横ブレをし始めると群れの中に入っています。
スピードが速くなるのは群れ鮎を見つけて追いつこうとした場合や、群れ鮎のスピードが速い場合に起こります。
目印の横ブレは群れに馴染み群れ鮎に揉まれるために起こります。

Mure3

群れに馴染んだと思ったら竿先でオトリの動きを制御してオトリを左右にブラしたりUターンさせたりします。ただ、これも慣れていないとオトリを弱らせることとなったり、群れを散らせてしまうことになりかねません。
ですから、私の場合はオトリが群れに馴染んでからもしばらく放置しておいて群れ鮎の移動範囲を探ってみます。
そうしている内に掛ってしまう事もありますが、移動しているだけであればなかなか掛りません。そうは言ってもずっと泳いでいるだけではないので、流れの変化や底の変化のある場所ではキリモミ状態となって掛ります。
餌場の位置が把握できればその間を行ったり来たりしている内にポロポロと掛ります。

ここでも石の色、川の変化や底の形状を読みとることが出来れば群れの行動範囲も推測しやすくなることは確かです。

|

« 群れ鮎 その四 | トップページ | も~嫌!! »

鮎・友釣り」カテゴリの記事

コメント

よく見かけるのが、せっかく群れ鮎に入ってオトリが行き出したときに引き戻してしまう人ですね。
ただのオトリの暴走と思うのでしょうか?

私自身ですが、このような群れ鮎を狙う時、疑問を感じている事があります。
それは糸の太さとオバセの取り方です。
私の場合、群れに馴染ませるために、まずはオバセを少し大きめに入れてオトリの自由度を上げる事が多いんですが、この時に糸が太いと群れの移動が早い場合にはオトリが後を付いていく形になったり、取り残されたりします。
かといって、オバセを小さくしすぎると今度は群れに馴染みにくい気がしています。
そのために、普段0.15号を使っている時でも0.125号に落としたり、あえてメタルや複合を使ったりするんですが、本当にそれでいいのかどうか・・・・・・
一つの方法としては正解だとは思うんですが、ベストでは無い気がするんです。

この辺りはまだ試行錯誤が必要な部分と感じています。

投稿: 豊川巴 | 2010年9月25日 (土) 00:38

今、思えば一昨年の馬瀬川解禁の日。
初めての時速20匹を経験したのは知らず知らずのうちに群れ鮎を釣っていた確率が高いですね。
瀬の中でキラキラ見えるところに入れては掛かりがずっと続きました。
キリモミ状態だったかもですね(^^ヾ

いよいよ決勝大会ですね、遠い飛騨の地から応援しております~(-∀-)ノ

投稿: もも | 2010年9月25日 (土) 00:52

>豊川巴さん

私がこの章を書こうと思ったきっかけはその辺りにあります。
群れ鮎に馴染んでいるのは分かっていないと思いますが、暴走だと思うよりはここで釣ってやろうという思い込みか、管理が出来ない場所までオトリが泳いで行ってしまうためでしょうね。

私は逆で、群れの位置はだいたいが分かっているので、その辺りまでは竿操作(オバセ操作)で泳がせます。オトリが群れに近づくとゼロオバセに近い操作に変えます。
そう。手前です。
後はオトリが群れを発見し、自分で馴染んでいくのを手助けする操作をするようにしています。

遊び鮎は仕掛けで調整しますが、群れ鮎は場所で掛けるようにしていますので、仕掛けをどうこうしようとは考えていないですね。

投稿: 渓人@携帯 | 2010年9月26日 (日) 19:48

>ももさん

間違いなく群れを釣っていたのでしょうね。
今の友釣りにおいてはそのような事でもない限りはなかなか数が伸びませんね。

投稿: 渓人@携帯 | 2010年9月26日 (日) 19:49

なるほど~!横ブレ、あまり気にしたことなかったよ~^^;

投稿: きゃぷてん♪ | 2010年9月28日 (火) 13:41

>きゃぷてん♪さん

ん?
目印はオトリの位置と水深を見るだけですか?

投稿: 渓人 | 2010年9月30日 (木) 20:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 群れ鮎 その四 | トップページ | も~嫌!! »