« きたきた | トップページ | 引き釣り »

泳がせ釣り その9

 ここまでの皆さんの疑問と対処法に私が思うことを書いてみたいと思います。

「オトリが沖に出て行ってくれない。思ったように泳がない。」
技術的には今までに書いてきたことを読み返して実行してください。
ただ、それの他に幾つかの要因もあります。
それはこうです。

 仕掛けの問題
・水中糸の太さに対して適正なオバセの量が分かっていない。
これはパート8でも書いたように糸の太さが変わるとオトリを引く力もかわるので適正な号数またはオバセの量が不可欠になります。
・ハナカンの角度
画像は少し極端にしてあります。
バランスのとれた半円部分と引かれる時の角度に注目!!

001

左右が均一でないとオトリの泳ぎがおかしくなります。
仕掛けを作る時に繋ぎ糸の出角に気をつけないといけません。
現場での対処法は普段からハナカンを通す側の反対から通してみると改善される場合があります。
このような事から名手である高橋祐次君や小沢剛君はまんまるのフックハナカンを愛用してますし、大金さんも丸カンを使っておられますね。私が知らないだけでもっと多くの名手はこの手のハナカンを使っておられるはずです。
私はというと。。。
本邦初公開(もちろん海外でも公開してませんけど)

002

まだまだ改良の余地はあるのですが、暇な時にシコシコと曲げてます( ^ω^ )

 オトリを放す際に障害物がある。
まだ本編では書いてませんが、目の前に大きな石裏や流れの変化があればオトリはすんなりと泳いでくれません。
少し立ち位置を変えるとすんなりと出て行ってくれることがあります。

「オトリが下流へ流される。」
弱ってもいないのに下流へ一目散に泳ぐオトリもたまにあります。
そんな時は思い切って竿を寝かして引っ張ります。
少々強引でもかまいませんから引き上げてオトリが自分の正面辺りまで来た時に一気に竿を下にカバっと倒します。仕掛けが下流に流されて馴染んだら泳がせの体制に入ると大丈夫です。
それでもダメな場合は顔掛かりだったり側線に傷があったりするハズですから、とっとと違うオトリに交換しましょう。

「オトリが暴走する。」
仕掛けが異常に細かったり軽い場合に起こりますが、普通の場合であれば動きの早い群れ鮎について行っている場合が多いのでしばらく様子をみましょう。
ニゴイやアマゴに追われる場合もありますが、そんな時は浮き気味であることが多いです。

 一番多いと思う意見は「泳がせ釣りは難しい。」という意見だと思います。
逆に私は簡単だと思います。こう言うと「お前は出来るからそう言えるんだ」と言われてしまうのですが、では引き釣りだとできてますか?
引いてるつもりではないでしょうか?
引いてるつもり。止めてるつもりの釣りは出来ても、泳がしてる(上飛ばし)つもりはあり得ませんよね。
だって、オトリが泳いでるかどうかは目印を見て分かるのですから。
 そう、ここなんです。
つもりの釣りが出来ないので、オトリの様子や泳いでいるコースが竿を曲げないでも判別できる。更にはオトリに自由度があるのでオトリ自身が群れをさがし、ついて行きやすくそして馴染みやすい。
野鮎の居る場所にさえオトリが居ればかかる確率はグンとあがります。

とにかく練習あるのみです。

|

« きたきた | トップページ | 引き釣り »

鮎・友釣り」カテゴリの記事

コメント

いよいよ来ましたね!
ここで囮を替えるタイミングの質問ですが、
特に8月に入ってからは蹴られたりバラした後、(たまに最初から変なのも居ますが)泳いでいる様に見えて底を切っていたり、野鮎に近づくのを嫌って尻振りを減らしたり、3段飛びの様な感覚の泳ぎをしたりでテンポが悪くなる時があるのですが、以前はそのまま替わるまで待ちましたが最近はそんなときの為の絶対ポイントを2,3ヶ所残して釣りしてます。
連チャンモードの時にもっと時速を上げる為には…?やはり送り出してすぐにあの掛かるぞっ!って感じの目印の揺れが無い時や蹴られやバラした後は即交換ですかねぇ?
(?_?)
束のチャンスに釣行出来てもいつも後一歩なんです…
(ρ_-)o

投稿: 組員T | 2010年9月16日 (木) 06:06

丸いワンタッチ鼻カン画期的ですね。使ってみたいです。(*^_^*)

メーカーは通しやすさを追求してチューブからの突き出し部分を短くすることさえしたがらないのに、この鼻カンは突き出しがないですもんね。(;゚Д゚)

あの突き出し部分は、タモに引っかかったり、鼻カンに中ハリスが入り込んでオトリが外れる原因になったりとデメリットが多いと思ってました。

基本の円形にすればすべて解決・・・後は自分が鮎に通せるかどうか?だけですね。(^^;)

商品化すれば良く売れると思いますよ。私、買います。・・・ていうか試作品でも欲しいくらいです。(^^)/

投稿: Woowa | 2010年9月16日 (木) 09:20

私のハナカンは左ですね~。繋ぎ部分が頂点にあることと鼻とハナカンが接している部分が円に近く鼻に均等に力が加わるようにと思っていましたが・・・確かにワンタッチは扱いやすさから普及したんだと思いますが、丸いハナカンを使う使わないはともかく、何でも自分で試してみたほうがいいですね。どんな風に変わるのか興味がありありです( ̄ー ̄)ニヤリ

投稿: きゃぷてん♪ | 2010年9月16日 (木) 10:57

ハナカンですよね。形状が気になるので一度質問しようと思っていました。私は、釣り座の位置(流れ)で「手前から通すか、向こうから通すか」使い分けております。ハナカン仕掛けを作っていて気がついておりましたが、間違いではなかったんだ・・。市販のハナカンも少し加工していますが、丸型は難しいです。
ハナカン理論は間違いではなかったようなので、頑張ります。

投稿: simon | 2010年9月16日 (木) 13:09

おおお。
やっぱりそうでしたか。
仰るとおりだと考えて作っています。
そういえば、小澤剛名人監修の鼻管がありましたよね。
あの鼻管が丸かったですよね。
何度か使いましたが、使い勝手が良くないので止めました。

投稿: 太ハリス | 2010年9月16日 (木) 14:41


僕のハナカンもどちらかといえば左側です・・・。
正直、そこまで考えてハナカンに結んでいませんでした(>_<)
やはりトップトーナメンターの人は何事も色々と考えていらっしゃるのですね。

投稿: もも | 2010年9月16日 (木) 15:11

市販して下さい(爆)

ハナカンに関して、私も自作をした事がありますが手間掛かりすぎますね。

とりあえず、某α社のハナカンが一番気に入ってるんですが、ウレタンパイプが抜けるトラブルが多いんですよね。
ウレタンパイプだけ、付け替えてやろうかな・・・・・・・・

投稿: 豊川巴 | 2010年9月16日 (木) 19:48

>組員Tさん

私はオトリが気に入らなければ即交換です。
束まであと一歩であれば先に残しているとされるポイントの鮎を先に釣って休めてから2番鮎3番鮎を釣れば束になりませんかね?
私は残すことなどしません。
良いポイントなら休めさえすれば一日で何度か釣れますからね。

投稿: 渓人 | 2010年9月16日 (木) 21:45

>Woowaさん

お友達価格で5個600円です(爆爆
冗談はさておき、やはり一般ユーザーは使いやすさ重視なので理にかなった形であっても通しにくかったり外しにくかったら売れる商品にはなりません。
これも慣れないと通しにくいですわ。
ただ、泳ぎは抜群ですよ(v^ー゜)

投稿: 渓人 | 2010年9月16日 (木) 21:50

>きゃぷてん♪さん

今までに泳ぎがおかしいと思われたことはなかったですかね?
ハナカンのサイズが大きめであれば問題はないですが、小さいとなんとなくですがオトリの泳ぎが変だったので結び方を変えました。

投稿: 渓人 | 2010年9月16日 (木) 21:53

>simonさん

右岸からと左岸からとで通し方を変えるとの事ですが、それだとハナカン繋ぎ糸に捩れが生じるので泳ぎが変わるような気がします。
http://www.youtube.com/watch?v=tpf7shcnnk0
ここのハナカンの中ハリスに対する角度と、左右方向に対する逆バリの付け方を参照してください。

投稿: 渓人 | 2010年9月16日 (木) 22:04

>太ハリスさん

どれだろ?
使った事はないですわ(^^;
いずれにしても微妙なセッティングなのですが、慣れてしまえば作り方は同じなので簡単ですよね。

投稿: 渓人 | 2010年9月16日 (木) 22:12

>ももさん

これって10年前位からそうでしたけど?
その頃は今でもそうですが、トップトーナメンターではありませんでしたよ。
基本的にこういったものを、使い勝手の良いように改良したり作ったりするのが好きだからなのでしょうね。

投稿: 渓人 | 2010年9月16日 (木) 22:15

>豊川巴さん

お友達価格で1個300円にしときます(爆爆
対策方法をコソッとメールしときますわ。

投稿: 渓人 | 2010年9月16日 (木) 22:17

そうなるとやはり引き舟を二つ持たないと後々厳しくなってきますが釣れないと自分にかなりのオバセになってしまいますなぁ
(*^_^*)
まじで(*u_u)
釣れない時の方が多すぎて…
慣れた川なら別ですが釣れるポイント見つけるまでに歩き過ぎて囮缶まで戻るのに遠すぎて替える囮が酸欠で居ない事が良くあるんです。

投稿: 組員T | 2010年9月16日 (木) 22:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きたきた | トップページ | 引き釣り »