« 群れ鮎 その三 | トップページ | 群れ鮎 その五 »

群れ鮎 その四

 本格的にこの釣りに取り組み始めた頃は見釣りが出来る群れを探して釣っていました。
しかし、群れのど真ん中に入っているようでも釣れません。密集しているようでも野鮎同士の距離があるのか直線的なのか、全く掛らない事が多かったです。
そのような繰り返しの中で気がついたのが野鮎とオトリのタナの違いでした。

 群れ鮎釣りでもっと重要で厄介なのがこの泳層の違いです。
移動中の群れはオトリより上で、採餌中の群れはオトリより下にあります。所謂、タナ合わせというものが必要になってくるのです。
昔から鮎は底を釣れという格言もあるように、オトリは出来るだけ川底を這わすように泳がせろと教えられて練習してきました。
 しかし、2次元的釣りだった友釣りも群れ鮎の出現によって3次元化せざる終えなくなってしまいました。
ここまで書くと友釣りも面白くなくなってしまうのですが、そう言わずにお付き合いください。

イメージではこんな感じです。
どうです?私が高感度の竿を持つと水中糸に鮎が当たるのが分かるというのがこれです。
皆さんが鈎をケラレたと思っているのはこれなのかも知れません。

Mure1

 これを釣るにはオトリを群れ鮎の層まで上げないといけないのですが、あまりお勧めはできません。
①竿の操作でオトリにアクションを加えて垂直運動をさせる。
②オバセの量を増やしオトリを浮き気味にする。
③水中糸を太くする。

①は竿で鼻を引くためにオトリが弱り易い。
また、大きくアクションを加えると群れが驚いて散ってしまう。
②と③はオトリは浮き気味になるが、遊泳速度も遅くなるので群れ鮎の後ろをついて泳ぐだけで掛る事はない。
俺のオトリは弱ってるから浮いてるって?
これも同じで弱れば浮きますが、ついていくのが精一杯でしまいにはとり残されてしまいます。

掛り易い群れ鮎はオトリより下にありますので、仕掛けの調整次第でどうにでもなります。

 これらの鮎を釣るにはやはりメタルよりもナイロンの方が良いでしょう。
スピードコントロールやタナ合わせにフワフワ感と横ブレ。。。
ナイロンはこれが行いやすいですね。
回遊している群れ鮎もどこかでキリモミ状態の採餌行動をとるので、その場所と移動範囲を見抜く観察力が必要となってきます。

 釣り方の核心部は企業秘密なので書きませんが、仕掛け的にも技術的にも釣り方は何種類かあります。
見える鮎を狙って色々と試してみるのも良いかもしれません。

|

« 群れ鮎 その三 | トップページ | 群れ鮎 その五 »

鮎・友釣り」カテゴリの記事

コメント

その3で出てきた、掛かりにくい鮎のことですね。
群れ鮎釣り初心者の私は、採餌行動をとっている(キラキラしている?)群れ鮎釣から始めてみたいと思います(^^ヾ

投稿: もも | 2010年9月24日 (金) 01:00

タナ取り・・ですよね~。以前、何度かトライしてみましたが、諦めました。タナが取れないのです。水中糸、針サイズ等々の調整でした。採餌中の場所・・・?。来期挑戦してみます・・と言うより泳がせをもっと練習しないと駄目かも!!。図解で意を強くしたり、目から鱗だったり、色々参考になりました。練習練習・・。

投稿: simon | 2010年9月24日 (金) 09:59

さて、このパターンは今の藁科川がまさにそうなんじゃないですか~

>回遊している群れ鮎もどこかでキリモミ状態の採餌行動をとるので、その場所と移動範囲を見抜く観察力

それを探すにも時間も川見も必要ですもんねぇ^^;
今頃は川の癖を見切って余裕の渓人さんが目に浮かんできますけど(爆)
でもそんなに簡単じゃあないのも解ってますけど頑張って下さいね!(^^)!

投稿: ぱた | 2010年9月24日 (金) 10:01

得意のパターンですね(笑)!!
おとりは群れの中を・・・
泳ぎ回って・・・・
はい!さようなら(爆)!!
超得意です(汗)!!

投稿: オレンジ隊員 | 2010年9月24日 (金) 19:22

この手の群れを掛けるには川底の地形を味方にする事ですね。
一例を挙げると、足首ほどの水深なら、当然棚は合ってきますからね。
この浅瀬作戦は海産天然遡上の場合は間違いないパターンです。
他にもありますが、これ以上は・・・・・・・・企業秘密です(爆

ただ、塩撒かれる覚悟で書きますが、この手の浮いた掛からない鮎の場合、無理に掛ける必要があるか無いかが重要だと考えています。
縄張り鮎も掛かりやすい群れ鮎も見つからず、掛からない鮎でも掛けなければならない状況、そうしたときにはじめて狙う鮎だと考えています。
他に釣る鮎がいない、釣る場所が無い、そういったときに無理矢理にでもこういった鮎を掛けていかなければ仕方がありません。

さらに掛からなければさっさと見切る、これも重要です。
ギラギラとハンでる群れがいるかもしれないし、同じように掛からない鮎に見えても、先に言った地形などの要件で掛かる群れもあるし、普通に釣った方が速い場合も多々あります。

ま、群れ鮎狙いがテーマですが、そこは臨機応変じゃないとダメですね。

そこを勘違いして、沢山見えるからって意地になると結果的にあまり釣れなかったという事になりかねません。
過去の私のように・・・・・・・・・(爆

勿論、トーナメンターならこういう鮎を掛ける事も必要ですから、練習のために我慢して釣る事は重要ですよ

投稿: 豊川巴 | 2010年9月24日 (金) 19:42

シェイクは?
囮へのアクションではなく
この糸に触れる野鮎を刺激していたのですかねぇ???
(*u_u)

投稿: 組員T | 2010年9月24日 (金) 20:42

>ももさん

決して群れアユ釣りを勧めているわけではありません。
何故、最近の鮎が釣れないのか、逆にどうすれば釣れるのかって事を言いたいのです。群ればかり追いかけるとろくな事になりません(><)

投稿: 渓人@携帯 | 2010年9月26日 (日) 19:32

> simonさん

イメージと観察ですね。
ただ、思い込みはいけません。
頑張ってください。

投稿: 渓人@携帯 | 2010年9月26日 (日) 19:33

>ぱたさん

藁科川は放流も幾らかありますが、ほとんどが天然遡上物ですから、今回書いてある群れアユとは違います。
種苗によって群れ方や度合いが違ってきますので見極めも大事ですね。

確かにこの時は余裕をぶっこいていました。。。

投稿: 渓人@携帯 | 2010年9月26日 (日) 19:35

>豊川巴さん

゜。°。°。°。°。 ヽ(‐‐メ)

投稿: 渓人@携帯 | 2010年9月26日 (日) 19:37

>組員Tさん

違うでしょ。
あまり勘違いされると不幸な釣り人を作ってしまいそうで怖いですが。。。(^^;

投稿: 渓人@携帯 | 2010年9月26日 (日) 19:39

見えるのをよ~釣らんのです。なんでだ???見えないやつを掛けられてはいると思っていたけど、もっともっと掛けることができるはずなのでしょうね。そうなると、浅い見えるやつはやっぱり・・・掛けられそうな気が10ポイントアップです!

投稿: きゃぷてん♪ | 2010年9月28日 (火) 13:35

>きゃぷてん♪さん

無理に掛けようとせず、取りあえずオトリを送り込んで様子を見えください。
それと同じ現象が瀬の中でも起こっています。
ただ、流速が早いのでブレというものがプラスされるので掛る確率がUPしているのでしょうね。

投稿: 渓人 | 2010年9月30日 (木) 20:57

何度も繰り返し読ませていだきました

まさにこの事で悩んでいます

ブログここで止まってしまいました(涙)

お話したいです大井川、藁科、興津がホームです

投稿: あかみちのブログ | 2017年10月16日 (月) 03:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 群れ鮎 その三 | トップページ | 群れ鮎 その五 »