« 泳がせ釣り その6 | トップページ | 泳がせ釣り その7 »

休憩

 泳がせ釣りも毎日書いてパート6まできました。
あまり書き進んでもぐちゃぐちゃになりそうなんでたまには休憩。
とは言っても今日の分は早朝に更新されたはずです。

 さて、ここで皆さんに質問です。
感覚的で良いですからご自分のイメージするオバセの量を番号でお答えください。
正否を問うものではないのでお気軽に。また理由なども書いていただけると助かります。

図を見てご自分の意識するオバセの量は?

002


問い①
場所は緩やかな流れの瀬肩で水深は40~50cmとします。

問い②
場所は水深は80cmで瀬尻の波気が消える辺りの駆け上がりです。


|

« 泳がせ釣り その6 | トップページ | 泳がせ釣り その7 »

鮎・友釣り」カテゴリの記事

コメント

問1なら2~3の繰り返しでポイントまで送り出してって感じですが、止まって動き出させるときは1と2の繰り返しでまた2~3って感じかなぁ時には4まで行く事も…
問2ならほとんど3位で止め泳がせかなぁ?

投稿: 組員T | 2010年9月12日 (日) 14:06

イメージと、実際の現実はどうなっているか・・・とは若干違うでしょうが
イメージ・・・ということなので・・・、
問い1は3
 緩い流れの浅い瀬肩・・・ということで、オバセの量も少し多めにイメージします。
 目印を少し浸けることも。
問い2は2
 瀬尻の押しのある水深もそこそこ深めのところなので、イメージとしては
 水中糸の受ける水圧も必然的に大きいので、オバセも少し少なめに・・と
 考えます。

実際には、囮の動き、鮎の位置等によって色々組み合わせることになりますが。

投稿: サルモサラー | 2010年9月12日 (日) 14:37

私のイメージは、
問1は3ですね。緩やかな流れでおとりをコンスタントに泳がすには、これくらいだと思います。
というより、いつもの場所がこんな感じですから(笑)!!
問2は2ですね。
でも、水深があるので立て竿のときは多分4になっていると思います。
よくエビになりますから(汗)!!

投稿: オレンジ隊員 | 2010年9月12日 (日) 14:55

問。1は3でオトリの具合を見て、オバセの増減でスピードコントロールかな。この状況ならスパイラルもアリ(爆
問。2はイメージとしてはナイロンなら3~4、ハイテクラインなら1~2 ラインの太さによりけりですね。
問。2ならメタルラインの立て竿もアリ・・・

投稿: とんちんかん | 2010年9月12日 (日) 16:32

うーん(^o^?
基本は4ですが、問1、問2共に1-4全部使います、
気分次第、オトリ次第ですけどね(^o^;

投稿: 大阪のまな | 2010年9月12日 (日) 18:30

え?ここでこう来ますか!?(爆
理由はどこまで書いていいでしょうか?(爆爆

あくまでも基本という事で、私の標準的な水中糸であるフロロの0.15号を使い、オトリは元気な状態と仮定します。

問い①
基本は2ですね。
1の状況は制御を掛けた状況です。
走らせたいときはどんどんオバセを入れる事もありますが、だいたい2でしょう。
ただ、群れ鮎に馴染んだときは3にしてオトリの自由度を上げます。
オバセを多少大きくしても、オトリは群れに居たがるので暴走する事は少ないですからね。

問い②
80cmだと私の長い足の股下ですね。
カケアガリという事で、バラス底の少し底流れが強い場所というイメージで回答させてもらいます。
基本は3です。
1ではオトリが浮くでしょうね。
この状態にして、またオバセを入れる事はありますが、この状態をキープする事はありません。
2だとその場で尻を振らせるイメージですが、オトリと相談しながらになります。
4の状態も有りですですが、若干イメージが違います。
真後ろより少しは上方に伸びてるような気がしますね。

投稿: 豊川巴 | 2010年9月12日 (日) 18:51

問1)は、1でスピードが速くならないようにゆっくり泳がせたいです。追って掛かる瞬間を見届けられればラッキー!!です。

問2)は、3でオトリに頑張って尾っぽを振って泳いで貰いたいです。多少不安定なぐらいが魅力的なときもあります。

立て竿で泳がせてる場合をイメージして答えてみましたが・・・。(^_^;)

投稿: Woowa | 2010年9月12日 (日) 19:15

>皆さん

回答ありがとうございました。
やはり予想してはいましたが、様々なご意見でしたね。
今後の参考にさせていただきます。

各人の釣り方や、イメージする流れの強さ、河川規模によって変化する事柄なのでこれが正解って事はありません。

因みに私だと両方とも「1」です。
意外ですか?
ちゃんとした理由はあるのですが言えません( ´艸`)プププ

投稿: 渓人 | 2010年9月12日 (日) 23:52

出遅れましたが・・・
問い①
イメージは2です。
問い②
イメージは3です。
あくまでもイメージしているものなのですが、よく鼻を引いてしまったりエビになったりするので一定に保てて無いと言うことですねf^_^;

投稿: もも | 2010年9月13日 (月) 14:12

更に出遅れましたが。。。

①は凄く神経を使うオバセの量ですね。逆に竿の範囲でコントロールしやすい
②~③は泳がせていると言うより鮎に泳いでもらっているって感じでしょうか?
④は動かないオトリに抵抗を最小限にして最初の動き出しを演出する時のドカオバセ(爆)

オトリの元気度にもよりますが全て状況によって使ってる気がします。
ただ、サラのオトリでこちらの言う事を良く聞いてくれる奴なら①~②がイメージですね~
こんな時は水中が丸見えだったらなお楽しい!(^^)!

投稿: ぱた | 2010年9月14日 (火) 06:28

① 3 (2と言いたいが、現実を見てると3になってますね・・・)
② 2 (1と言いたいが、これも現実を見てると2になってますね・・・)

本来は『1』であるべきかと思いますが、それができてないのは技量か集中力の欠如でしょうか?『2』くらいが釣っていて楽と感じますので、通常の私は『2.5』でしょうか?『1』でしっかりオトリを入れられる人は『1~4』のどれでも対応できるでしょうね?

投稿: きゃぷてん♪ | 2010年9月15日 (水) 13:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 泳がせ釣り その6 | トップページ | 泳がせ釣り その7 »