« 本流テンカラ 渓人Style 『誘い』 | トップページ | 産卵 »

クマ注意!!

 今年は夏場の雨不足によりブナ・ナラ・コナラが大凶作、凶作のようです。
主に木の実を食っているツキノワグマにとって餌不足は深刻なようで、人里に下りてくる可能性が高いってことです。
我々南部に住んでいる人間にとってはほとんど関係ない情報でしょうが、近年は熊がでないとされていた地域でも目撃例があるので近くの山にも居ないとも限りませんね。
 このような害獣を扱う機関として兵庫は青垣にあるのが兵庫県森林動物研究センターです。
実は我々と深い関係にある川鵜問題もここの管轄だそうですが、HPを見る限りではその項目すらないようです。
 この機関とは全く関係ないですが、今年に近畿各府県が集まってカワウの被害対策会?(会名は定かではありません)が行われたのですが、各府県は多くの資料や対策が書かれてあったにもかかわらず、我が兵庫県はペランペランの紙一枚の報告書のみで、今後の対策としても2行だけが記してあっただけでした。
もう暫くはカワウ対策も兵庫県に関しては期待できそうにもないようです。

さて、最新のカワウ状況です。
これは加古川下流と明石市内に限られますが、近年に消滅したコロニーとねぐらは削除してあります。

Kawau2010

 気になるのは今年になって新たに市川と円山川にコロニーが出現していることです。
今のところ両所とも50羽までと小規模ですし、円山川のコロニーに関しては広がりようのない場所ではあります。
コロニーの多くはまったく何もない場所にいきなりできるのではなく、サギのコロニーがある場所へカワウが侵入し共棲して繁殖を行います。最終的にはカワウがその地を乗っ取ってしまうことが多いようです。

 揖保川でも正確な数をカウントした者はいませんので定かではありませんが、真砂と屏風岩の「ねぐら」も拡大しているようにも見えます。
カワウの好物はコイ科のだそうで、実験ではウグイ5対コイ・フナ4対鮎1の結果が出ています。
それでも鮎の被害が大きいってことはコイ科の魚が減少しているのか、単に人工鮎が捕まえやすいのか。。。
後者であれば揖保川漁協は大量に鮎を放流しカワウを養殖してるってことになりかねませんね(爆爆

|

« 本流テンカラ 渓人Style 『誘い』 | トップページ | 産卵 »

河川・自然環境」カテゴリの記事

コメント

毎日のように「広報下呂」で熊が出た~と放送してます。
お店から帰宅するときの鹿には慣れましたが熊がでたらちょっとビビってしまいそうですねf^_^;

川鵜や鹿や猪や猿の有害鳥獣の駆除費がかさみ下呂市財政は圧迫されているようです。

投稿: もも | 2010年10月15日 (金) 21:01

私の弟たちが山から下りてきて暴れ回っているみたいですなぁ・・・・・・・

鵜は鯉科が好きなんですね。
カワゴイだけ食ってくれるといいんですが・・・・・・・

投稿: 豊川巴 | 2010年10月15日 (金) 23:13

>ももさん

其方はこの手の野生生物の宝庫ですからね。
私も数年前に赤岩の上の鉄橋下で熊の糞を見かけたことがあります。

投稿: 渓人 | 2010年10月15日 (金) 23:39

>豊川巴さん

そもそもそちらの美浜町でちゃんと飼い付けておいてくれなかったからこうなったのですよ(爆爆
その昔は糞は肥料に使い、夕方に鵜が帰ってきたら驚かして吐いた魚を夕御飯のオカズにしていたらしいではないですか。

投稿: 渓人 | 2010年10月15日 (金) 23:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本流テンカラ 渓人Style 『誘い』 | トップページ | 産卵 »