エギング

豊漁?

ここ数年は芳しくなかったのですが、あちこちから新子情報が入ってきてます。
まだまだ小さいですが良く見えるそうですね。

今日も仕事終わりに覗いてきましたが、コロッケがわっさわっさいました(*^-^)
本気でランガンすれば3桁も可能か?
久しぶりのグイングインを堪能してきました。と言いたいところですがこのサイズではほとんど引きませんね(^^;)

100907_001


あまり書くとマナーの悪いビギナーや乱獲者が押し寄せそうなのでこれくらいにしときます。

あっ!!俺エギングはやめたんだった(爆爆

| | コメント (12)

たまには釣りも

毎日川に浸かってるじゃないかって?
あれは、ほら仕事ですから~(^^ゞ

で、昨日は某所でバホバホだったと聞いて早朝より行ってきました。

到着して1投目。。。

小さいですがこんなん釣れましたけど?

24067885_org_r

ようやく地元でそこそこのサイズ(^^;

昨日は2人だけが良い目をしたとかしてないとかww

その後は潮も悪くなってまったく反応なし

またしても釣り人の活性だけが上がった魔の1投目でした。


| | コメント (10)

異常ナシ(`^´)ゞ

今夜も親烏賊異常ありませんでした~(爆爆

前回食べ損ねたラーメン屋も今日は開いていたので楽しみにしていましたが、一シャクリして20時に行ってみると既に閉店(´ω`。)グスン
営業時間は23時までって書いてあるのに~!!!
○○ブラック食いて~!!!
近々必ずエントリーします。

漁火は綺麗だったってことでww

090418_002


| | コメント (8)

タマネギ島

TEAM BLACKの結成式を兼ねてサルモサラー会長とセキレイタコ隊長と3名で明石海峡大橋を渡ってきました。
今日は昼から雨の予報が出てましたが、天気予報とにらめっこして21時までは雨はないとの予測で決行を決めました。その後は大荒れになりそうだけど。。。(^^;
夕方と言えどメンバ-が揃う日も少ないですからね。

例年であれば淡路島には週3位では来てましたが、今年は初めてです。
いつも行っている神明よりはマシですけど、今年はここも良くないとの情報が多いです。
島に着いたのが6時半を少し回ったところでした。
釣れるポイントの情報がバラバラだったので、ひとまず知っているポイントへ向かいました。
墨跡は例年とおなじ位ですが、サイズは少し大きそうな感じで期待が持てます。

サクッと二人にポイントの説明をして釣り開始。
潮が飛んで潮目が出来ないと釣れないポイントなんですが、肝心の潮があまり動きません。数投しましたが、会長に一度だけイカパンチがあっただけで、私は反応なしww
潮が動かない時は。。。
反対側の角まで300mほど歩きます。
そこは数こそ出ないけど、なぜか釣れたら型が良いんです。

今夜もサルッティアで大遠とぉ~!!

浅いのでカウントダウンはワンツウスリー。。。

一発目のシャクリで「グン!!」と竿が止まった。

あちゃ~!!いきなり根掛かりか??

ジィ~ジィ~ジィ~…

ドラグがなります( ̄ー ̄)ニヤリ
2008_1023_192040imgp4446_640こんなん出ましたけどww
後で測ると胴長22cm
一匹目にしてはまぁまぁでしたが、サイズアップを狙って数投します。しかしその後は反応なし。。。
振り返って元の場所を海面がざわついている。潮目が出来たか?
戻ってみるといつもの潮目が出る位置ではなかったが、道路側から狙えば届かない所ではないので足場の高い位置ではあるけどもそこへ移動。
2008_1023_194739imgp4449_640また一投目
竿先をひったくるようなアタリ。スイープなアワセをいれるとノリました。
今度はがっちり抱いてますww

2008_1023_194555imgp4447_64030mほど離れた場所で釣っているサルモサラーさんに見せびらかしにに行って戻って、また一投目に同サイズ。
今度はサルモサラーさんをmobilephoneで呼んで二人で並んで釣ることに。。。
しかし、潮が緩んで二人とも根掛かり、向かい風のためキャスト時にガイドかどこかへ絡んでラインブレイクとトラブル続き(ノд・。)
ここでもう1パイ追加してアタリもなくなったので場所移動。
替わってきたのは良いけどまともに爆風だった。
先ほどの場所よりは墨跡も数段大きいので我慢してやるも、雨風が強くなりそれにも増して潮と風が逆なので余計に釣り難い。
飛んでいた潮も緩んだところで、元の場所に戻ったが追加することはできなかった。

もう少し釣りたかったけれど、今日は天候が悪化しても回復することはないので撤収となった。
予報では風が南に変わるはずだったのだが、変わったのは帰宅してからだったようだ。
帰ってからネットで調べると風速は12mを超えていたので、最大は15~6mはあったかもしれない。


突風時には波止の先端に立つと危ないので注意しましょう(^^;

次回は天候が良い時に再チャレンジするど~!!

| | コメント (8)

厳しかった日本海

サルモサラーさんと恒例の釣り三昧に行ってきました。
とは言っても今回はエギングのみで、鮎も渓流もやりません。
ちょうど数釣りに良いだろうと思う時期に合わせてお互いに無理やり休みを作りました(^^;
目標は二人で200だったのですが、ところがところが釣れません。。。
烏賊パラダイスの予定が、叩かれてる、スレていると言うよりは釣れていないといった感じでした。
烏賊はついて来ても餌木を抱きません。数も少ないです。
ここと言ったところでは4~5ハイはパタパタと釣れるのですが、後が続きません。
乗りそうで乗らない歯がゆい時間が流れます。
0912_034_640
今日はサルさんの「あ~!!」と喘ぎ声をなんど聞いたことかww
タイミングが合わなかったり、抱いた瞬間にシャクってしまい腕だけが上がってきたりするので、その瞬間に「あっ!!」とか「あ~!!」とか声が出てしまいます。
けっして気持ちいい時の声ではありません(爆爆
何処へ行っても同じような状況でパラダイスはなく、二人で100ハイちょっとでキープは86ハイでした。

0912_007_640私の一発目がこれですわ。
ガシーバスww
なかなかの良型でしょ(^^
 

0912_018_640アオリはギョーザサイズからとんかつサイズで帰って数えたら46ハイでした。
ずいぶんとチビはリリースしたので60は釣っていたと思います。
水温が26.5度と高かったのと普段はあまり見ない藻が繁茂していた影響があったのか、数こそはそこそこつってはいるものの、非常に苦労して釣った一日でした。

あっちこっちRUN&GUNしたのですが、いたるところで綺麗なブルーの小魚を見かけることができました。
これがそうなのですが、私は名前すら知りません何方か教えてください。
0912_020_6400912_025_6400912_028_640


| | コメント (12)

Squid

先月の28.29日は鮎に行ったものの、20日以降はびっちりと仕事が詰ってしまい忙しい日々を送っています。
今年の夏場は暇だったようでほとんど仕事をしてなかったので、そろそろ真面目に働かんとね(^^;
とは言っても夏場でも現場さえあれば仕事はするんだけど、なぜだかGW明けから盆までは暇なんですよね~。
ほとんど季節労働者のようになっています(爆

0906_001_6400906_003_640そんな中、今日は午後から時間が空いたのでちょこっとシャクってきました。
本当は日本海まで走りたいところですが、明石界隈でやってみました。
ここ数年はエギングブームで人の多いことったらありゃしません。特に今日は土曜日ということもあってどこも人だらけでした。
実績ポイントであっても人が多ければ釣れないのは鮎も烏賊も同じですね。ですから敢えて人が少ない場所をやってみました。
そうは言っても潮通しの悪い場所や激シャローでは日本海ではないので釣れません。
藻場やゴロタが沈んでいる場所、舟留りの隙間や筏の下。。。
Ca3b0011そんな場所でお食事中のギョーザサイズの烏賊を発見!!
今日の獲物はメバルですかね?
このギョーザサイズからハンバーグまでですが30ハイほど釣れました。一ヶ所では数が出ないので全てリリース。。。
だってキープするとめんどっちぃんですww

私の考えですが、この時期のサイトに拘るのは今年の烏賊の好みの色、餌木の抱き方抱き方をチェックするためなんです。これは捕食している子魚の色と魚の種類によって捕獲方法が違うからだと思うのですよね。
一昨年は横抱きが多かったように思いますし、昨年は捻ってきての横抱きでした。
これを分かっているとサイズが大きくなって深い場所に落ちていっても、人よりは釣果が伸びるような気がします。
私の思い込みだけかも知れませんが(^^ゞ
いずれにしても色々と考えて釣りをするのは楽しいですね(^^


0906_004_640夕方になって仕事が終わったサルモさんと合流。
ここはサルモさんの庭みたいな場所です。
ちょいちょいとハンバーグサイズを釣ってました。
ここのこの時期はキロアップの親は釣れるし、豆イカからこのサイズの新子。それに暗くなってからの剣先です。
最近は剣先狙いでアオリが釣れたパターンの釣りなのですが、この剣先は日波があるようで釣れない日は全く釣れませんし、釣れる時は短時間で10連荘があるので行ってみないと分からないのが実際のところです。

| | コメント (4)

合わせて三桁

今季初のエギングに日本海へ行ってきました。
昨日に行く予定だったのが、雨の予報だったので本日に変更。
昼から鮎をやりたかったので、暗いうちから自宅を出ます。

080820_002現地に着いたのは7時前。
海を覗くとちんこいのがいっぱい見えます(^^
これを虐めても仕方ないので沖へ遠投。。。
豆イカ釣りの常とう手段で底まで落とさずに藻の上を左右にダートをかけます。
流石に日本海の澄んだ水なので烏賊が50~60ハイついてくるのが見えます(^0^
ここで徐にホールさせるとラインがスッと走ります。小さいのは判っているので軽く抜き合わせするとクンクンと小さく引いてくれます。
080820_003中にはこんなのもいましたが、小さいのばかりを釣っていても面白くないので、点々と場所移動を繰り返し今年の様子をチェックして香住方面へ移動。

 
昼からは矢田川で鮎です。
好調の下流は人も多く、かつて知ったる上流の得意なポイントへ向かいます。
草むらの中を車を走らせ到着すると、誰もいませんやん(^^
ここは瀬トロとチャラの連続のポイントで泳がせにはもってこいの場所なんです。
鮎は大きいと聞いてはいたのですが、ナイロンの0.15から始めました。
広いポイントを一人なので飛ばしまくって入れ掛かりとまでは行かないまでも、そこそこのペースで掛かってきます。
型も17~23㎝と少ししんどいです。
0.175にも張り替えましたが泳ぎが悪いので0.15に戻し釣りましたが、なんとかトラブルもなく56匹の釣果。
やっぱり今年は天然遡上アユが最高ですね。

| | コメント (15)

えっ?解禁?

26日は鮎の解禁だっていうのに前日から日本海へシャクりに行ってました。
親烏賊の走りで爆釣しているとの情報が入り、いまいちの鮎の解禁をほっぽっての出動です。
いつもの相棒も一緒です。
今回もそそのかしちゃいました(爆
そうは言っても鮎が始まるのでエギングに行ける機会もそうそうはありません。
基本は丘っパリを目指す二人ですが、今回はどうしても釣りたいし、ウハウハ情報もあったので渡船で磯に渡ることにしました。
仕事が終わってそのまま日本海を目指します。
到着して船の時間まで2~3時間あるので、近くの波止でウォーミングアップです。
この波止も実績のある場所なので、ポイントを説明しながら先端まで歩きます。。。
○灯に到着し藻のある場所を説明し第一投。。。
月は出てますが、藻のある場所ははっきりと分かりません。
「確かこの辺りが藻の境目やで」と言いながら最初のシャクリをいれます。
ゆっくりとテンションフォール。。。
「えっ?wwwのっても~たwww」
102_0510_640こんなん釣れちゃいましたけど(^^
胴長33cmの1400gです。
ウハウハ情報につられてきた二人は更にウハウハモードに突入ww
その後、波止場を釣り歩きましたが墨跡はあるものの反応なし。
船の時間も近づいてきたので船着場に向かいます。
最近釣れた実績場を狙うか、沖から入ってくる大型を狙うかで二人の意見は大物狙いで一致。
Imgp3615_640沖の磯に上がります。
しか~しここは始めての磯で、思ったより深く藻場もフルキャストして届くかどうかの距離。。。
沖向き内向きと散々投げましたがNO感じ(^^;
あまりに釣れないのでお土産の亀の手を採ってましたww
一応昼から揖保川で解禁を迎えようと言っていたので10時に納竿
最初の1投だけで良かったエギング釣行でした(^0^;

12時過ぎに三方川上流まで戻り、様子を見ながら川を下ります。
思ったよりも人出は少なそうですが、専用区には多くの釣り人を見かけます。
数は釣れなくてもいいから解禁だけはしようと空いた場所を探しますが、釣れそうな場所には人がいます。
田ノ尻の土手で転進中のメンバーを発見
状況を聞くも数は釣れるが小さいとの事、それは既に周知しているので移動するのも面倒なので「ここにするか?」ってことで赤橋下流に入る。
小型の鮎は見えるけど掛からない。。。
人も少なくなってきたので下流へ様子を見ながら釣り下る。
瀬の荒い部分は竿抜けだったか少しマシなサイズがぽろぽろと掛かる。
途中で多くの知り合いと出会い話し込んで釣りなどする暇もない(^^;
Imgp3629_6404時間やって12~15cmを9匹で解禁日を終えた。

| | コメント (8)

R9 RUN&GUN 2DAY

明けて2日目
とは言っても未だ明けてはいない4時に起床。
寝不足の時に仕事なら起きれないんですけど、釣りなら目が覚めるんですよね~ww

昨日と違って今朝は16℃と暖かい
そうそう今回の水温は低い場所では14℃高いところでは19℃で平均は16~18℃とベストな状態ではありました。

米子のホテルから少し西に戻って島根半島を回ります。
サイトではポイントをあまり書かないのですが、メジャーな所なんで書きますが、恵雲漁港からのスタートです。
着くなり真新しい墨跡が多数、しかもヤエンのおっちゃんの竿が曲がっています。
エギンガーも1,2,3・・・7人ですか。。。
おまいら仕事しろよ!!
私がそんな事言えませんね(爆爆
0522_050_640予報では南西1mなのに何が何が10m吹きっぱばしですわ
どんな釣りでも風には苦労させられます。
いくら良いポイントでもこれだけ吹けば釣にはなりませんわ。

地図を見ると次の漁港は風裏方向
とっととそっちへ向います。
0522_059_640風裏って言うか背中からの風でしたわ。
エギが飛ぶ飛ぶww
でも、反応なし。。。

その後も東へ東へ漁港と言う漁港、下りれそうな地磯を巡ります。
墨跡からようやくつかみかけて来たパターンは水色・水深・地形ですわ
車を走らせていると眼下に全くそのパターンのちっちゃな漁港を発見!!
逸る気持ちを押さえて坂を下っていきます。
0522_085_640防波堤には先行者が一人
先端まで歩いていきます。
途中からでも釣り人の足元に多数の墨跡がくっきりあるのが見えます。
「おはようございます。どう。。で。。。すか。。あれ?」
お兄さん既に3バイ釣ってはりますやん(^^;
地元の人らしく、ここは穴場だそうで。。。
話を聞くと、やはり今年は小さいそうですが、1ハイは明かにキロUPに見えました。
「僕はもう帰るんで、どうぞ」と譲ってもらいましたが、散々お兄さんが叩いた後なんですけど。。。(^^ゞ

0522_076_640釣ったのは全て内向きだそうで、ここは内しか「釣れませんよ」と言葉を残し3バイのイカを重そうにぶら下げ去っていくお兄さんの後姿を羨ましげに見つめていた私でした。。。
でも、場所は本当に良さそうなのでしつこくやってみました。
昨日は友人がいたので良かったですけど、今日は自分の写りこんだ写真を撮るのに苦労します。
その姿を想像したらマヌケですよww

0522_074_640ここまでに風で波立っていない場所では多くのイカも見ることが出来、エキサイトしたのですが、奴らはエギを見たら逃げますわ。
ここらが秋と違って難しいところですね。
沖から入りたてならまだしも、そうとう叩かれているのでスレまくりと言ったところでしょうか?
この藻の先は水深10mあります。画像では見難いですが肉眼でははっきりとそこまで見えるんです。
最後に行った七類なんて何ハイのキロUPの烏賊が見えたことか。。。

今回は諦めました。
0522_056_6400522_093_6400522_112_640
景色と雰囲気だけでもどうぞ(^^

しかし、毎回の事ながら釣に行った先では全く観光などしない私ですが、今回も世界遺産に登録された石見銀山もサンドミュージアム、出雲大社、島根のおじさん(爆がいるアクオスも。。。
直ぐ側を通りながら立ち寄ってはいません。
釣りたいばっかりではダメですね。
次回からはゆとりを持った遠征を心がけようと思います。


今回走った距離は丁度900kmでした。

2日間の仕掛け
竿:メジャークラフト パンドラ873M
リール:カルディアKIX2506
PE:DURA AR-C EGINGER 0.6
リーダー:EX1.7号


| | コメント (13)

R9 RUN&GUN 1DAY

私の行動はいつも急です。
鮎の解禁まで後1週間と迫った一昨日の夕方、広島の友人から電話があり

友人 「アオリが爆釣してるけどどうする?」
渓人 「どうするって、いつさ?」
友人 「取り合えず、明日休みだから行くつもり」
渓人 「明日ってか?」
友人 「そう」
渓人 「どこで待ち合わせ?」

って感じで島根まで走ります。
丁度Newロッドを購入したばかりだったので使いたくてウズウズしてたせいも有りましたww
友人とは浜田で待ち合わせの約束をし、準備に取り掛かります。
とは言っても、そろそろ親イカのシーズンだし、先日もボーズではあるけども出撃してましたから、道具を積むだけです。
日付が変る12時過ぎに家を出発し中国道で西へ向います。
途中浜田道に入り最終の浜田ICに到着したのが4時前、少し遅れてきた友人と合流し一旦西に向います。
朝の気温は4℃とめっちゃ寒く風もあります。
予報では西が4mなのですがもう少しあるように感じます。
山口県に程近い益田市からスタート!!ここから国道9号線沿いに東へRUN&GUNです。

急な話だったこともあって、私自身まったく情報は持っていません。
途中、何軒かの釣具屋に立ち寄って情報収集です。
釣具屋情報では
GWから先週が良く釣れて、最近はさっぱりだそうです。
沖磯とヤエンでは釣れているけど丘っぱりは厳しい状況とのこと。。。
友人の情報は古かった(--メ
ここまで来てそんな事を言っても始まらないので、情報を聞きながら商品のラインナップをチェックチェック!!
どこの釣具屋もオレンジ系と赤系のエギが欠品しています。
「ふむふむ。。。なるほど。。。」
O/Rは持ってなかったので一応押さえで購入。

0522_016_640釣りを始めて幾つかの漁港を回ったけど全く反応なし。
墨跡も幾つかはあるけど少し古いし、小さそうだった。
日も上がり暖かくではなく暑くなって、ロケーションも良い場所ばかりなんだけどね~

0522_040_640昼を回ると風も強くなり時折10mを超える突風が吹き押されて波止から落ちそうになる(^^;
風裏に入ると嘘のように穏やかなんですけどね。
と、ここでようやく
キタ━━(゚∀゚)━━!!
でも、昨年とは違って今年は小さいと聞いてはいましたが本当に小さいですわ
0522_041_640600g有る無しと言った所でしょうか?
メスだったので記念撮影して早々にお帰り願い、こいつとペアのオスを狙いしつこくやりましたが反応なし。。。
丁度釣れた辺りに障害物があるのか根掛かりの連発!!
海草であればほとんど切れることはないんですけど。。。
0522_022_640最近は○眼で手元が見えにくいんだから勘弁して欲しいっす。。。ww

こんな感じで夕方には米子近くまで到着。
ここまでに抜かした漁港はなかったですが、途中出合った釣り人も釣れてなかったし、昨日今日の墨跡も見つけることなく本日の釣は終了。
浜田から1台の車で来ていたので駅まで友人を送って行く。
このままでは帰れないのでもう一日残業を決定!!
いっそのこと隠岐へ渡ろうかとも思ったが、フェリー料金を確認して残念(><)
流石に疲れていたのでナイトフィッシングは断念し、適当なビジネスホテルへ転がり込んで爆睡。。。
明日は絶対いわしたるぞ~!!
と寝言を言ったかどうかは分かりません。。。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧