釣り全般

独り三昧

 今日は9月30日
渓流釣りをする方なら分かると思いますが、明日から来年の春まで禁漁となるので、今日が今シーズンの渓流釣りの竿納めです。
ブラックのメンバーも忙しそうなので誘わずに一人で釣行。そう言う私も休めるかどうか微妙だったのですが、なんとか現場をやっつけてギリギリセーフってところです。

 さて、本日のパターンはエギング→渓流→鮎→エギングの予定です。
道中は例によって鹿の大群に突っ込みそうになったりイノシシにぶち当たりそうになりながらの走行でした。なんだか年を追うごとに奴らが増えているような気がするのですが。。。(^^;
そんなこんなで浜坂に釣着したのは夜明け前の午前4時半です。
南部は朝から雨の予報ですが、北部は一日中曇りのようで雨にはあわないで済みそうです。
気温は16度、北東の風微風です。しかし寒い。
エギングロッドをリグるにも手がかじかんでガイドを通りません。けっして老眼でガイドが2個に見えるわけではありません(;;;´Д`)

なんとか仕掛けを作り終えて、3.5寸の餌木をチェストー!!
着底までに煙草に火をつけようとしたら、ロッドをひったくって行きます。
慌てて合わせるとサミング中でベールも起きたままでした(爆爆
久しぶりのグイングインを堪能しながら取り込んだのはコイツですが、真っ黒になって怒ってます。

20100930_r001

情報ではコロッケ~とんかつサイズと聞いていましたが、なかなかの良型でこの後もほぼ同サイズが5ハイとコロとんサイズが10ハイほどと大満足で最低数の土産は確保。
明るくなりかけたのでヤマメ退治に向かいます。
そうは言っても浜からポイントまでは15分もかかりませんので近いものです。
例によって餌の川虫採りから始めます。オニゲラとクロカワをガサガサっとやれば一時間分位の餌はすぐに採れます。9月の頭に豪雨があったために川は比較的きれいになっていますし、水際の葦も寝ているので歩きやすいです。

いつものポイントのいつもの筋、そしていつも一投目。。。

20100930_r002

26cmです(^^)v
この川、このポイントは絶対に外しません。
釣れるのが分かったので竿を本流80から零タイプの75に持ち替えます。
折角なんだから引きを堪能してやろうという魂胆です。しかし、仕掛けは0.2号のままです。
たまには違うポイントも行こうかとは思うのですが、下流部は友釣りや網が入りますし、上流は一気に川幅が狭くなるので8mの竿がびゅんびゅん振れるのはこの辺りだけなんですよね。
一人で歩くと全てのポイントに竿が出せるので、数はそこそこ出ます。
4~5匹釣ったところで葦の草むらの中で猪がのたくっているようなので逃げるように場所移動します。
少し上流へ車移動し、いつもの年なら葦で歩けないポイントを釣り上がり2時間ほどでこのと~りo(*^▽^*)o

20100930_r003

皆さんにお帰り願って、下流へ鮎を釣るために移動です。
これも本来なら10分程度の移動ですが、オトリを買うのに海まで出なければなりませんので30分ほどかかります。
場所は七釜温泉付近です。
橋の上から見るにはまだまだ鮎はみえますし、ヤル気もあるようです。
鮎の詳細は書くほどの物でもないので端折りますが、鮎はまだまだ若いのでもう少し釣れそうな気がしました。

20100930_r009

6時間半で49匹はまずまず?いや、この時期であれば上出来でしょう。
くたびれたので4時半には納竿とし、帰り支度をします。
エギングは十分ごちそうさんなのですが、実はちょっとした目論みがありました。渓流釣りで歩いていた時に良型のライズを見つけていたからなんです。
そう、帰りがけの駄賃に釣ってやろうと。。。( ´艸`)プププ

 橋の上から確認すると相変わらずライズしていました。
これから釣られるとも知らずに。。。
ジャージにサンダルのまま河原まで降り、裾だけをまくってじゃぶじゃぶと入りますが、素足だと冷たい事といったらないですね。
これは早い目に勝負を決めないといけません。
ヤル気はありそうですのでラインで軽く水面を3回ほど叩き、本命の鈎を打ちます。
逆さ毛ばりですから誘いをかけながら流します。
すると、モソッときれいに捕食する出方をしてくれました。

20100930_r012

結局、写真を取るのにしゃがんでいてケツが濡れちゃいましたけど(^^ゞ

毎年のように今年は季節がおかしいとか、10日早いだ遅いだなどと言っていますが、今日も一日曇りでもしかしたら小雨があるかなんてはなしでしたが、時折ですが薄日が差してくるような変な天気でした。
しかし、この川ですが渓流・鮎とも十分に堪能でき、春には山菜、秋はエギングと私を十二分に満足させてくれるのでありがたいです。
必ず来年もこの川は期待に応えてくれることでしょう。

さて、鮎の納竿は少し先送りしましたが、今シーズンの渓流はこれで終わりです。

| | コメント (20)

棚からぼた餅??

昨日は息子がソフトボールの練習が休みなので釣りに連れて行けという。
昼からは大雨の予定。。。
日本海までは遠いし、烏賊は釣れないから駄目だという(--メ
それではと最近買い与えたバスロッドが使える五目釣りでも行くかと、市内の海へ出かけることになった。

私はと言うとここ最近友人と話していて思い出したキーワードがあったので、そのタックルを持って以前に良く行った砂浜へ向かう。
途中で餌と弁当を買って8時過ぎに到着。
ポイントへは少し歩かないといけないのだが最小限の荷物で息子と二人でとことこと歩く。
081005_001_640場所はこんなところ。
何の変哲もない砂浜です。
息子をそばの波止へ連れて行き釣りをさせる。
最近は放っておいても一人でできるので楽になった(^^

さて私は砂浜へ戻り釣り支度を開始。
何を釣るかって?
一応狙いは平物なんですが。。。。
ここのヒラメは春と秋によく釣れたんです。

081005_003_640ってことで、離岸流を探してそこへキャストを繰り返すこと数十投。。。
やっちゃいました(^^;
まさか釣れるとは思ってなかったのでクーラーは持ってきていません。
ルアーベストにストリンガーがあったので、それで一先ずキープして息子の様子を見に行くと釣ってますやん(^^
 
0810_006_640ってどうやってこのキビレを取り込んだんだ?
砂浜まで引いて行ってズリ上げたらしい。。。
普通なら抜こうとしてプツンで終わりなのに、我が子ながら末恐ろしい(^^;

キスが釣れるならと息子と並んで釣るがいま一つで雨が降りそうになったので撤収。
帰りの浜を歩いていると駐車場近くに大きな離岸流を見つけたので速攻キャスト!!

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

なんと3投でもう1匹追加してしまった。
狙って釣ろうと思ってもそうそう釣れるものでもないのに、まぐれとは恐ろしいww

081005_007_640081005_008_640大満足で帰ることになったが、息子がどっぷりと釣りにハマってしまいそうなのが怖い。。。


| | コメント (16)

タナゴ

「冬の気立ち始めて、いよいよ冷ゆれば也」
ってことで今日は二十四節気の一つ立冬です。気候も知ってか知らずか今朝の最低気温は11月下旬並みだったそうです。昼間は暖かかったですけどね(^^

そんな暖かかった午後から,とっとと仕事を終わらせて岡山の用水路にタナゴ釣りに出かけてきました。先日にアユモドキを見に行った時には釣りの用意をしていなかったもので,再度訪れたわけです。
前回に数人の釣り人の釣りを見ていて参考にし,昨夜はタナゴ用の竿と仕掛けを作ってました。竿を作ったといっても筏竿用のソリッドの穂先にリリアンを付け,桐にドリルで穴を開けてグリップにしただけです。カシューを塗りたかった所ですが時間も無いので速乾ニスで仕上げた手抜き竿です。

今回は平日なので人は居ないかと思いましたが,1名先客が。。。
良く見ると前回もいたニゴイ釣りのお兄ちゃんでした(^^
一声かけて水門をはさんで隣で釣り開始。
餌はつつくけど針にのるものは少ないです。最終兵器の超小針!!渋りワカサギの0.5号のカエシをプライヤーで潰して再スタート(^^
これでほぼノルようになりました。2時間ほどでタナゴ類(ヤリタナゴ,カネヒラ,シロヒレタビラ,タイリクバラタナゴ)を計40匹ほど釣り,今度は見えている魚全てを釣っちゃえ企画です。

1108_011_640_3 1108_021_640_2

カワムツ,モロコ,オイカワ,ウグイ,ニゴイ,ズナガニゴイ,ゼゼラ,ドンコ(ボウズハゼ)は難なく釣れましたが,見えているのに釣れないのはカマツカ,ムギツク,Bバスです。カマツカはなんとか待ち伏せ作戦で釣れましたが,ムギツクは餌に見向きもしません。友釣りでは掛かったことがありますが,そう言えば子供の頃からコイツだけは釣った記憶がありませんでした(^^;
Bバスは足元にいたシラサエビをゲットしてそいつで食わせました(^^)v
もちろんリリースはせずにカラスの夕飯にしてやりました。
移動なしで一ヶ所で座ってこれだけの種類の魚が釣れる場所は早々はないですね。
見えていて釣れなかったのはムギツク,オヤニラミ,鯉(デカイので相手にしなかった),鮎(当たり前か。。。),アユモドキ(釣れるんか?って釣ったら逮捕!!)
普段の釣りにはない満足感と楽しさがあってたまにはこんな釣りもありかなって思いました。

ってここまでは良いのです。夕方に用事があるので早めに切り上げて帰ろうと荷物を積み込みリアゲートを閉めたら「ボム!!」って異音が。。。
??
あけて確認しても何も挟まってない。もう一度閉めなおしたら「バッサ~ン!!パラパラ。。。
リアガラスが粉々に割れ?あれ?えっ?えらいこってすわ(^^;
仕方ないので全てのガラスを落とし地面だけは綺麗に掃除してから,ホームセンターで厚手のビニールと養生テープを購入して応急補修。修理屋まで行ったはいいが予想通り6万の出費ですわ。。。ヽ(ー_ー )ノ マイッタ

1108_004_640

| | コメント (3)

日淡パラダイス

鮎フリークの私としてはこの「鮎」と言う名前の付く魚の実物を見てみたくてしかたがありませんでした。幸いに隣の岡山県に生息地があります。
そして,予てより約束していた,その場所に詳しいGUREsummitの風雲児さんと岡山某所の用水路に「アユモドキ」を探しに連れて行ってもらいた。
この「アユモドキ」ですが,コイ目ドジョウ科の淡水魚で体長は最大で20cmになります。そして,泳いでいる姿がアユに似ていることから、この名前がつきました。現在は絶滅危惧種に指定され,1977年に国の天然記念物に指定されています。ですから,捕獲することも譲渡することもできません。(違反すると100万円の罰金です。)

現場について水面を覗いてビックリ!!思っていた以上に日淡(日本の淡水魚)の数と種類の多いこと(^^
近くでタナゴ釣りをしていた方に聞くと「最近は見んな~。昨日も来たけどおらんかった。」とのこと。時間もあるし実績のある場所なので風雲児さんと二人で探すこと40分・・・。いました!!16cmのアユモドキです。
横から見るとドジョウですが,真上からだと見慣れている私も「鮎やん(^^」ですわww
そいつは直ぐに石の下に隠れて出てこなくなったで,近くの保護区へ移動する。保護区と言うだけあって魚は先ほどの場所より数段多くいました。
1104_009_640_2 特にタナゴの類(シロヒレタビラ、イチモンジ、カネヒラ、アブラボテ、ヤリタナゴ)は多かったですね。
アユモドキが居そうな場所を歩き回って探すも見つけることができず,朝夕には物陰から出てきて活発に動くそうなので,元の場所に戻り夕方に賭ける。
先ほどの固体はたまに出てくるのですが,他にも居ないかと探しているとタナゴ釣りをしていた中学生が「おっちゃん!!これちゃうか?」みると4cmほどのアユモドキです。その後すぐに8cmと5cmのアユモドキを見ることができました(^^
あまりにも隠れたり,動きが速かったので画像に収めることはできませんでした。

これは以前に風雲児さんが撮影されたものをお借りしました。

Ayumodoki_3Kisyousyuayumodoki_5

最近は用水路も護岸がされてしまい,農薬被害もあるでしょうが多くの日淡がいる事に感動しました。次回は子供を連れてチャレンジしてみます(^^

| | コメント (6)