趣味

流れ星

私は忙しい年末を送っているわけですが,今日は久しぶりの休み。。。
とは言っても休みたくて休んでいるのではなく,最近の現場は日曜は作業禁止なんてのが増えてきて仕方なく休んでいる次第です。
サイトの方もまったく更新できていませんし,ブログも書くことすらできません。
書く時間がないわけではなく,実は毎日の仕事中にブログのネタを繰ってるんですww
ですから,その余裕がないのが実情なんですよね(^^;

てなわけで,今月の初旬から見ることができるようになり,先日ピークを迎えた「ふたご座α流星群」ですが,休み前夜とあって眠いながら子供と夜更かしをしてました。
宵の口は雲もあって見えたり見えなかったりしていたのですが,1時くらいにはよく見えるようになりました。
この辺りは山が邪魔をして早い時間には見ることができないので,ちょうど良かったかもしれませんね。
観測するにも外は1℃台ですので,車内から見てましたww
前の車ならサンルーフもあって便利だったのですが,今のはそうもいきません。

position
放射点はふたご座の「カストル」を中心とした場所なのですが,このふたご座はどこにあるのでしょう?星座に興味の無い方はご存じないのではないでしょうか?そんな方でもオリオン座くらいは知っていると思います。ちょうどオリオン座の右肩にあたる「ペテルギウス」の真北あたりだと思ってください。
そうは言ってもこの流星群は広範囲に見ることができますから,視野を広くして見てください。
車を東の方向の山から上がってきた冬の大三角形にあたる,こいぬ座の「プロキオン」・おおいぬ座の「シリウス」・オリオン座の「ベテルギウス」に向けて停め夜空を眺めていました。
トータル80分ほどで36個の流れ星を確認しましが,少ないときは帰りたくなるほど見えないのですが,多いときでは1分間に数個の勢いで見えることもありました。

この流星(流れ星)ですが、宇宙空間にある直径1ミリメートルから数センチメートル程度の塵が地球の大気に飛び込んできて、大気と激しく摩擦を起こし、高温になって光って見える現象なのは今でこそ知っていますが,小さい頃は流れ星というものだから本当に星が降ってきて地球上にクレーターを作っているものだと信じていました(爆

そうそう!!現在は24時を回ると月が出てくるので見えにくくなります。
夜はめっちゃ寒いので観測の際は十分着込んで見てくださいね。

| | コメント (5)

大人の玩具

誰ですか?変なものを想像しているのは(--;
わざわざこんな紛らわしいタイトルを付けなくても良いのでけどねww

071109_002_640実はこれなんです。
そう,サバゲー(サバイバルゲーム)ですわ(^0^
私の友人でもこの趣味を知っているものはそう多くはありません。都会では割とメジャーな遊びのようですが,姫路方面ではチームも少ないので友人に馬鹿にされるので言ってませんww

071111_006_640 071111_005_640
いい大人が山の中で迷彩服を着てトイガンを持って走り回るわけですが。。。


しか~し!!馬鹿にしてもらっては困ります。
ルールとしては2チームに分かれて

フラッグ戦
敵を倒しながら敵陣地フラッグを先取した方が勝ち!!
殲滅戦
先に敵を全滅した方の勝ち!!
その他にも色々と弾数制限や銃器制限をしたり細かいルールもありますが,基本的にワンセット20分程度でゲームを行います。1発でも被弾した時点でゲームオーバーとなり,速やかにセーフティーゾーンに戻り次のゲームを待ちます。

こういったゲームを何セットか行うわけですが,これには子供の頃にやった鬼ごっこやかくれんぼ,カンケリ的な要素もありますし,木登りに崖を上ったり下ったり,時には泥だらけになりながらの達成感,敗北感を味わえる,いつまで経ってもこんなことが好きな私には最高の遊びなんです。
昼食や夕食にはBBQをしたり新しいアイテムの情報交換,GUNの手入れの話と盛りだくさんで,も~たまらんですわ(^0^

遊び場になるフィールドにはもちろん地主の許可がいりますし,最近は絶対エコ弾でないと撃たせません。フルフェイスのゴーグルも必ず着けなければ参加できません。
今回は姫路の北部で我がチームと神戸の某チームの総勢18名で行いました。
午前中が坊主のソフトの試合だったので昼から合流参戦した訳ですが,普段の私はスナイパー役が多いのですが遅れたため,「渓人さんは足が速いのでハンドガンナーお願いします。」だって。。。

ここで役割を少し説明すると
アタッカー=これはイケイケの突撃要員です。とにかく前へ前へ行き敵を倒したい人、フラッグをゲットしたい人、撃たれたい人(爆、要するに目立ちたい性格の人向け。
ハンドガンナー=これもハンドガンのみを使う点で特化したポジションと言えるでしょう。フルオートの電動ガンやスナイパーと対峙した時、唯一のメリットである機動力を活かしてとにかく敵の隙をつく戦い方。
スナイパー=スコープを備えたライフルで一発必中に全てをかける孤高のポジション。

そして,役割と言うかなんと言うかM-60使い。あの大きな銃身と無尽蔵の弾幕で相手を圧倒するM-60。味方にいると頼もしく、敵にいればそれだけでプレッシャーになる気がするM-60。体力がなければ絶対無理(^^;

071109_001_640 で,このハンドガンナーに指名されましたが,マガジンの予備がないので断ったら「ほい!!これ!!」なんて8つほどよこされたので仕方なく。。。
そんなこんなで日暮れ近くまでたっぷり遊びBBQをして帰ってきました。


暫くは筋肉痛になりそうです。もちろん明後日くらいからね(爆

1日のブログでは書ききれないのでずいぶん端折りましたが,今度の機会にゆっくり報告します。

| | コメント (5)

蕎麦

071001_001_640 9月の末には真っ白な花を付けていた蕎麦も収穫時期となり,遅れていた刈り取りをおこなった。

とは言ってもこれは全て手作業で行う。バインダーやコンバインでも刈ることができるのだが,大量の実が落ちてしまうので青いうちに刈る必要が071110_001_640_3 あり,今回のものは自分で蕎麦打ちをするために栽培しているので畑で熟成させた。
蕎麦は背丈が80cmほどに延びて絡み合っているために束ねて刈るのが難しく,また収穫の時期も少し遅れたので丁寧に刈らないと半分の実は地面に落ちてしまうのである。本来は刈ったものを束ねて立てて天日干しするのが良いのだが,乾燥具合と次週は休めないのでついでに脱穀まで済ませた。
計ると水分が23%もあったので,家に持って帰りブルーシートに広げて乾燥することにした。

ってことで蕎麦打ちネタはまたUPします。

1110_002 午後からは大根と小松菜,九条ネギの種まき。もちろんトラクターに乗って耕して畝つくりからです(^^;
夕方には大根の間引きと水菜の収穫に帰ってから家の前の畑でビニールハウスの組み立てと今日は一日中畑にいましたww
それから妹宅や友人に野菜を届けて,明石でエギング(ボーズ)
自分でも呆れるほど良く動きます(爆

| | コメント (6)

空への憧れ

今年も先の10月31日~11月4日にかけて,「2007佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」が嘉瀬川河川敷(佐賀県)をメイン会場に,佐賀平野一帯で開催されました。

昔から「○○と便所虫は高い所が好き」なんて言われていましたが,実は私も高い所が好きなんです(^^
スカイダイビング(もちろんタンデムで)やパラグライダーの経験はありますけど,この気球だけは未体験なんですよね。
パラグライダーも上空まで上がってしまえば静かなのですが,テイクオフとランディングその他やることはいっぱいありますが,それらは全て自分でこなさなければなりません。そうとは違って気球とか飛行船て静かで優雅な感じがしませんか?<br>なんか楽チンそうですし(^^;
もちろんこれは乗せてもらってると言う前提でいってますので,気球のパイロットは大変ですね。
以前に何かのイベントでテクノだったか何処か忘れましたが,上空30~40mくらいまであがれる気球に乗ることのできる機会はあったのですが料金が高かったので,子供だけで私は乗りませんでした。

本題に戻しますが,この毎年ここで開催されているバルーンフェスタはお祭りとうたっていますが気球の本来は競技なのです。我々には盛大なお祭りですが(^0^)

4年前になりますが,男女群島に釣りに行く際に,丁度時期が同じだったので友人より先に佐賀入りして見てきた経験があります。
コンサートや航空機の飛行ショー,トライアルバイクショー。その他イベントが盛り沢山で,アニメの主人公の形をした気球や体験などもできるので子供と一緒に行っても十分楽しめますよ。

041102_005

ラ・モンゴルフィエ・ノクチューン(夜間係留)です。演奏に合わせてのライトアップとバーナーの炎に映し出された気球は昼間に無い美しさがあります。




041103_022 100機を超す気球が一斉に浮かび上がる光景は壮観でした。
ずっと見てると首が痛くなっちゃいますけどね(´ヘ`;)

あ~乗ってみて~!!飛んでみて~!!ww

| | コメント (3)

知的好奇心

昨日のコメントでサルモサラーさんにネタを頂きました。

書き込みにあったUFOやUMAを始め,マチュピチュ,ナスカの地上絵,モアイ像などのオーパーツは私の大好物です(食うわけじゃないけど)最近はネットで検索すると簡単に資料・文献やそれらを扱うサイトが見つかるのでありがたいですが,以前は本を購入したり図書館や立ち読み又はTVでしか情報を得ることができませんでしたから,にこれらのキーワードが耳に入ってくると釘付けになってました。今思えば笑えますが子供の頃などは「川口探検隊」のようなTV番組を食い入るようにみてましたっけ?
信じる信じないは別として知的好奇心を満たすには十分だと思いますが。。。

そんなわけで以前に「知的好奇心」<中公新書>と言う本を買っていたのを思い出して帰ってから探したのですが,どこかの段ボール箱に入っているとは思ますけど見つかりませんでした。この本の初版は昭和49年と非常に古いものです。ジャンル的には心理学書あるいは教育学書。内発的動機論者からの外発的動機説批判と,内発的動機説に基づいた新しい教育スタイルの提案しています。
「人間は本来怠け者なのでアメとムチで動機づけしなければ活動的にはならない」という,20世紀の行動主義心理学は提唱していたのにに対して,本来人間は活動的で,自分の能力を発揮するのを好み,知的好奇心にかられて知的探索をおこなうかたちで学習もしていくという新しい人間観をこの本は打ち出していた。外発的動機よりも内発的動機が本質であり、知的好奇心を育むことが大切である。。。と書かれ,多様な実験結果も載せてありました。
私のような活字嫌いの人間でも非常に読みやすい文章の本でした。

私はこの好奇心こそが何でも上達できる鍵なのではないかと思います。
釣りもそうでしょうが,私がPCを始めたきっかけ等はエロサイトを見たかっただけなのです(@^_^)ゞ
昔からの付き合いのある友人などは私がwebサイトを運営しているのも知りませんし,言っても信じはしないのではないでしょうねww

これを書くに当たって調べものをしていて,こんなものを見つけました。私のサイトの友釣りmapにも使用しているGoogl Mapsなのですがそれに写っている謎の図形です。
さらに,北部の謎のトライアングル
そして,北西部塩湖内の謎のサークル
これがあのエリア51の敷地内やすぐ近くにあるのです。これだけで興味が沸いてくるのは僕だけでしょうか^^;

| | コメント (6)

星空

日に々秋めいてきましたね。
毎朝夜露が降りて空気も澄んできましたので,ネオンがなく該当も少ない我が家の辺では夜空が綺麗になってきました。
小さい頃は星に興味があって親に買ってもらった天体望遠鏡で夜な夜な星を観察していましたっけ。。。

そんなわけで星の撮影に挑戦してみました。
一眼レフならバルブ撮影ができるのですが,コンパクトカメラではこの機能の付いたものは少ないでしょうし,私の持っているカメラにもその機能はついていません。
ただ,夜景モードがあったので試してみました。夜景モードはのシャッタースピードは12秒しかありません。とりあえず裏の屋根に上がって三脚を立ててチャレンジしてみました。

071031 これは北斗七星です。
綺麗に移っているように見えますが,相当加工してしまいました。やはりコンデジでは限界があるようです(^^;

確かにここら辺りは星も良く見えますが,数年前に釣りで出かけた男女群島の星空が最高でしたね。ここの釣りは2晩をも磯に泊まるのですが,漆黒の闇というのでしょうか?もちろん明かりなど全くありませんので,「星に手が届きそう」とか「星が降ってきそう」という表現の意味が本当に良くわかりました。

07103101 以前に望遠鏡を使って撮った木星の画像もUPしてみます。木星の衛星である「カリスト」「イオ」「エウロパ」「ガニメデ」が写っています。この直列する時を待って夜毎撮影していたものです(^^

| | コメント (6)

建て替え作業

今朝はめっちゃ寒かったですね。今朝の夢前の最低気温は2.7℃でした。12月初旬か中旬の最低気温です。昨夜は毛布まで出してしまいました(^^

そんなわけで,今日は少し時間があったので,くたびれていた燻製室の建て替えをしようと奮起していました。
燻製室とは言っても木製(ログハウスの様な)のW1200 D800 H1600程度のものなのですが,長年使っていたために腐ったり屋根の部分が抜け落ちたりしていました。私は冷薫しか作らないので冬場まではは使用しないのです。それまでになんとか直そうとは思いましたが,いっそのこと作り変えちゃえって感じでバールと大ハンマーで解体作業。。。
作るのには時間が掛かりますが,壊すのは一瞬です(^^;
次回は耐火煉瓦かブロック,又は鉄製のタンクを流用しようかと考えているのですが,とりあえず現状は庭の土の上に直置きしていたために痛みが早かったので,土間コンを打つことにしました。砂はあったのでセメントを買ってきて,久々のトロ箱の出動。0.5立米ほどですが流石に手で練るのは疲れます。
適当に枠を立ててコンクリート打設。水分が引いてからコテで抑えて今日はここまでで作業終了。
年末までには仕上げたいのですけど,レンガやブロックを使うにしても問題は扉の部分です。どうするか考えながらまた途中経過を書いていきたいと思います。

| | コメント (3)