鮎竿

藁科スペシャル

 9月に入ったというのにまだまだ酷暑が続きます。
河川もまともな夕立もなく渇水・高水温のままで釣りづらい状態が続いています。

 さて、タイトルにある「藁科スペシャル」って?
ニューロッド?いや、既存の竿のGM-R 幻輝SPECIAL NP1です(^^;
今月末に行われる下野CAPの会場である藁科川は大きくて21cmってことなんでGRANDELでは獲りこぼしがあるかもしれないので、もう少し柔らかい竿を借りようと思っていたのですが会社には在庫がなし(^^;
そこでお願いして巻いてもらいました。


P1130264_r

どこかで、セッティングをしたいのですがチビが瀬で釣れる場所が近くにないんですよね~。
有田川か朽木くらいしかないのかな。。。
隣の川はこんな感じです。

P1130253_r

昨夜の夕立ちで水位が15cmほど回復してますが、川底には緑藻が生えて釣る気にもなりません。白い部分が先日まで日上がっていた場所です。如何に水が少なかったかが分かると思います。
それより何より今年の夏は水温が33℃を超えちゃったので鮎がいません。
河川にもよりますが28~9℃で縄張りを捨て、32℃で水量が少なければ死んでしまうと言われています。もともと網で残り少なかったのではありますが、伏流水も少ないので耐えきれなかったようです。
伏流水のある場所ではこんな感じです。
小魚がわずかに湧き出る冷水に群がっています。

P1130254_r


鮎が居ないなら仕方がないので庭先で仕掛けを繋いで曲がりと抜きのテストです。
負荷は180gほどでやっています。
手元から見るとおもいっきり曲がって見えるのですが

P1130259_r

横から見るとキレイに曲がってます。

P1130257_r


20cm前後までの鮎を釣るならNP1かZPRO-Lightが良いのですが、双方とも小さな鮎を釣るには抜群の威力を発揮します。どちらかと言えば私はNP1のほうが好みなのでNP1にしました。
感じとしてはZPRO-Lightとの中間といった感じでしょうか。
作り的にはGRANDELに近いと思います。

スペックは
品名 GMR幻輝Special NP1 90R
全長(m) 9.0
仕舞寸法 141mm
継数(本) 8
自重(g) 205
先径(mm) 1.7/ 1.9
元径(mm) 24.0
グリップ径(mm) 25.6
適合水中糸 ナイロン(号) 0.1~0.4

さて、何とかこれが使える川へ行ってみたいと思います。


| | コメント (10)